犬にお豆腐をあげてもいいのでしょうか?


今日は豆腐についてのご質問をいただきました。

——————————————————

諸橋先生、はじめまして。

 

犬の食事に豆腐を良く使っておられますが犬にお豆腐をあげてもいいのでしょうか?

 

もちろん、諸橋先生は犬の食事の専門家で犬に良い食材だと知った上で犬の食事に使用されていることを理解しています。ただ、私は犬の手づくりごはん初心者なのではじめての食材をあげることに不安があるのでお聞きする次第です。

 

失礼な質問だったら申し訳ありません。お豆腐についてメルマガなどで取り上げていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

——————————————————

Yさんよりいただきました。
お豆腐については疑問をお持ちの方も多いので今日はそれに回答していきます。我が家は犬の食事にも豆腐を使う頻度が高いです。

 

 

●犬の手づくりごはんレシピ:ぐり、鶏肉と豆腐あんかけごはん

 

 

いただいたメール内には「何故、豆腐がいけないと考えていたのか?」という理由の明記がありませんでしたので、今回は豆腐(大豆製品)を栄養学的にみるとどのようなメリットがあるか?という視点でお話ししていきます。

 


 

●畑の肉と呼ばれる大豆製品は良質のタンパク源になる

タンパク質=肉、魚、というイメージを持たれる方が多いのですが、大豆も多くのタンパク質を含みます。また、アミノ酸バランスが良いのも特徴です。そのため、アレルギーなどで肉や魚が食べられない犬の場合、大豆製品を上手に活用することでタンパク質を摂取し、犬の健康を守るために利用している飼い主さんも多くいらっしゃいます。

 


 

●脂質代謝促進やがん予防に効果が認められる成分を多く含む

脂質代謝を促進する成分「サポニン」や、がん予防の効果で注目される「イソフラボン」などの生理機能成分を多く含みます。

 

納豆、豆腐、豆乳など犬の食事に活用できる大豆製品は数多くあります。特に納豆は、一度「発酵」のプロセスを経ているため、大豆内に含まれるアミノ酸がより消化吸収しやすい形で含まれます。納豆好きの犬も多いため、気になる方は試して見るのがお勧めです。

 

豆腐に含まれる「にがり」が犬に良くないのでは?ということまでを時々気にされる方がいらっしゃいますが、健康な犬の食事に適度に豆腐を使用する場合、健康被害が出ること言うことはまずないのでその点は安心していただいて大丈夫です。

 

 

*ただし、大豆にアレルギーがある場合は当然、大豆製品を摂取することはおすすめしませんのでご注意ください。

 

そして、こうした

 

「~は犬にあげてもいいのでしょうか?」

 

というご質問をいただく際にいつも私がお答えするのは

 

「犬にあげてはいけないと言われる食材以外は基本的にOKです」

 

「そして、調べないと分からないようなマニアックな食材や
調べても分からない食材は
その食材を本当に与える必要があるのか?という視点で考えましょう。

 

あげてもいいのか?不安を感じるような食べ物を
わざわざあげなくても、他に食べるものはたくさんありますよね?」

 

ということです。

 

そして今回のような食材のOK、NGのお話をすると、私のメールボックスには

 

「それじゃあ、××はいいのでしょうか?」
「△△はOKですか?」
「◇◇はどうでしょうか!?」

 

と言ったご質問がどどどどど!と寄せられるのですが、個別にお返事をさし上げることはしておりませんのでその点は、ご自分でまず書籍で調べてみるなどされてください。

 

ご自身で調べる、考える、ということを分からないなりにもやってみることで、「考える」という力が鍛えられます。これを繰り返していくことで、世の中のあらゆる情報と適度な距離を置きながら冷静に対応できるようになります。

 

犬の食材について調べるのにオススメの書籍をご紹介しておきますので、併せて参考になさってみてください。

 

 

Office Guri

諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!