犬のごはん、怖いけれどやっぱり知りたいことが多かった…。


○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。

さて、昨日今年最後のペット食育入門講座が
無事終了しました。

そこで受講者の方からいただいたご感想を
今日は○○さんとシェアさせていただきますね。

↓      ↓

———————————————————–

自分の食事の作り方が間違っていないか、
今のまま続けていいのか悩んでいました。

周りに手作りを実践している人がいないため、本を参考に
1年前から始めました。

かかりつけ医も手作り食に対して積極的ではないため
質問などができる環境ではなかったので、
今回、疑問に思うことが解消されました。

また、もっと楽に考えても大丈夫だということがわかって
本当に参加して良かったです。

ありがとうございました。

<平等美貴さま>

———————————————————–

犬の食事の量、栄養バランス、与え方で悩んでいました。

これまで色々悩んでいたたため
勉強することで、知らなかったことを知ることが
怖かった部分もあり、なかなか申し込めませんでした。

勇気がありませんでした。

でも、怖いけれどやっぱり知りたいことが多かったし
本当に正しいことを知って、もっと楽しく食事を作りたいと思いました。

参加してみて、あまり神経質にならずに、
ゆるゆるな感じでいいんだな~と思いました。

自信がつきました。

もう少し病院の先生と相談してもう一歩進んでみようと思います。

<S.Iさま>

———————————————————–

参加された皆さん、本当にありがとうございました。

ところで、このセミナーに参加された方は皆さん、
異口同音に

「もっと楽に考えても大丈夫だということがわかって
本当に参加して良かったです!!」

「もっと気楽に考えていいんですね!!気持ちが楽になりました!」

と、おっしゃいます。

自分のことに照らし合わせてみるとよーく分かりますが
私たちだって、そんなに栄養バランスとか量とかに頭を悩ませて
毎日自分たちの食事を作ってるわけじゃないですよね?

私の今日の朝ごはんなんて
七分づき米を炊いたご飯に、お歳暮でいただいた
博多のからし明太子どーん!と乗っけて
ぱぱぱぱっと食べて終わりでしたしね(笑)

(時間が無い時はいつもこんな感じです)

でも、健康です。
毎日元気に生きてます。

○○さんも忙しい時は、パンとコーヒーだけで朝食終わり!
なんていうこと、ありますよね?

それではどうして「犬」について考えた場合、

・栄養バランス
・食事の量

等が気になるのでしょうか?

栄養バランスは、
「完璧な栄養バランスが存在する!」という誤解から起こります。

敢えて誤解と言いましたが

「一日に摂取すべき栄養素の基準」

は確かにありますが、
でも犬も人間同様、体質もばらばら。

すべての犬が、同じ食べ物を食べて
同じだけエネルギーと栄養を吸収し、
体内で活用できているのか?と考えた場合、答えは「NO」です。

これだって、人間に当てはめてみると
同じものを食べて太る人もいれば痩せる人もいる、変わらない人もいるという風に考えると

「そうだよね~」

と納得できますが、
雑誌や本の情報、犬の食べ物に関するCMで

「栄養バランスがものすごく大事!」

と言われると、

「やっぱり大事なのかな~」
「手作りごはんだと、バランス崩れるのかな~」

と不安になりやすい。

もともと私たちは、そういう情報に大量にさらされやすい環境に
いるのですから、不安を持って当然です。

そしてやっぱり、人間慣れ親しんだ考え方を
自力で変えるのにはパワーが要ります。

でも、

「やっぱりごはんは楽しく作りたい」
「アバウトな方法でもいいのなら、それでやってみたい」

と思って、まずはおそるおそる試していくうちに

「あ、結構アバウトでも大丈夫なんだな」

と実感できる時が必ずやってきます。

継続は力なり♪

まずは「無理なく」「楽しめる範囲で」
犬とご飯と向き合う。

そういうスタイルが、犬の食事作りを
長く続けて行くコツです^^

(終)


あなたが犬の食事で悩んでしまう理由とは…?


○○さん、こんばんは。
諸橋直子です。

唐突ですが、

「授人以魚 不如授人以漁」

っていう言葉をご存知ですか?

何のこっちゃ!と漢字だけを見ていると
思いますが、

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える」

という格言、というとピーン!と来られる方も多いはずです。

はい!

「飢えて人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける」

という内容ですね!!

ところで、今日、このメールのバックナンバーサイトに
どれくらいのアクセスがあって
どの記事が良く読まれているのか?を調べていたら
こうした記事が非常によく読まれていることが分かりました。
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&159m1

この記事もかなり読まれています…。
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&159m2

すべて「手作り食についての悩み」の記事です。

犬の食事量についてはどうやって決めればいいのか?
NG食品についてはどう考えたらいい?
そもそも、どうしたら悩まなくていいのか?

こうした情報を求めて、
たくさんの方が読んでくださっているんですね。

一方で、私のところには

「犬に○○はいけないと聞きましたが本当でしょうか?」
「犬は××を消化吸収できないと聞きましたが実際はどうなのでしょうか?」

という相談が、日々多数寄せられています。

正直なところ、そうしたご質問に

「○○は問題ありません」
「××も消化はある程度可能です」

という風にお答えしたとしても、そういう質問をされる方は
また何かの折に、

「△△は犬にNGと言われている」
「○○○を犬は消化できない」

という別の情報を見かけたら、また不安になるのではないでしょうか?

何故か?

>「○○は問題ありません」
>「××も消化はある程度可能です」

こう私がお答えすることは、

>「飢えて人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける」

で、言うところの「魚を与えれば一日で食べてしまう」と同じことだからです。

目の前の問題は解決できるかもしれませんが
似たような別の問題が再び目の前に現れたときに
またその人は悩むことになるでしょう。

大切なのは「釣りの方法を知ること」なのです。

↓      ↓

「何故、○○は犬にいけないと言われているのか?」
「食べさせるとどういう影響があるのか?」
「どのくらい食べさせると影響が出るのか?」

ご理解いただけますか?

こうした「問題に向き合うための基礎知識」と「基本的な考え方」を
対面式のセミナーで直接でお伝えする機会を設けています。

もし○○さんが

「愛犬の食事について悩みや不安を抱えるのはもうたくさんだし
根本的に何故自分が悩んでいるか、その問題点を明らかにして
悩まないために必要な知識と考え方を身につけたい!」

とお考えでしたら
必ずお役にたてる講座です。

2011年最後のセミナーとなります。
ご参加をお待ちしています。

↓     ↓

▼12月4日:ペット食育入門講座
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&159m3

犬の手作り食にトライしてみたいけれど
自己流では不安が残る…。

栄養バランスが気になる。

食べさせていいもの、いけないもの、
色々な情報がありすぎて怖い…。

そういう悩みをお持ちの場合は、是非一度
ご確認ください。

本日は以上です。

(終)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。