犬の身体によい「脂肪酸」について知ろう!(1)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、

 

●犬のための食と健康

 

というテーマで、主に手作り食実践中の方のための講座を現在制作中ですが、その資料のひとつとして、昨日からこの本を読んでいます。

 

かなり面白いです。

●なぜ、魚は健康にいいと言われるのか?

 

「魚は身体によい」

 

ということは、何となく知っている方が多いと思います。

 

でも、

 

「何故、魚が体に良いと言われるか?」

 

と聞かれると、ただ何となくで理由まではねえ…とはっきり言えないのではないでしょうか?

 

この「理由」というのが実はかなり大事です。

 

ちなみに、

 

●EPA

 

●DHA

 

という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

これはサプリメントとして良く売られています。

 

血液をサラサラにするとか、頭を良くしますよ!というキャッチフレーズで人気の成分で最近では、シニア向けのペットフードなどにも良く配合されています。

 

EPAは「エイコサペンタエン酸」という「脂肪酸」です。

 

DHAは「ドコサヘキサエン酸」という「脂肪酸」です。

 

これらを犬の食生活上で、もし活かしたい場合、大切なのは…、

 

 

—————————————-

●EPAとかDHAって、結局のところ何なの??

—————————————-

 

という基本の理解からスタートすることですね。

 

もちろん、

 

「理由はよくわからないけど、DHA、EPAって体にいいんでしょう?だったら犬にあげればいいじゃない!」

 

という方法でもOKです。

 

 

一方で

 

「体に良いと言われる成分の性質や特徴をちゃんと知って、犬の健康に生かせるよう、調理法や食べさせ方などきちんと理解した上で効率よく取り入れたいわ」

 

という飼い主さんの場合は、きちんとこれらの成分について、基礎知識を持った上で、手作り食に活用するのがお勧めです。

 

というわけで、成分の基本を知りたい!という方は、

 

——————————————-

→ まず、脂肪酸の話から始めましょう

——————————————-

 

ということで、基礎から解説していきますね。

 

脂肪、という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

 

 

「脂肪酸???脂肪とどう違うの???」

 

 

と、目が点になる方も実際多いと思いますのでまずはそこから。

 

 

脂肪酸については、この資料が図解入りで分かりやすいので、ビジュアルから理解したい方はこちらをどうぞ。

●脂質と脂肪酸のはなし
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/trans_fatty_acid/pdf/100910_3.pdf

 

世の中には「脂肪」と言われるものが存在します。

 

いわゆる「アブラ」です。

 

豚脂(ラード)、牛脂(ヘット)、バターも「アブラ」です。

 

オリーブオイルやごま油も「アブラ」です。

 

ただ、同じ脂でも、常温で液体だったり、固まり(個体)だったり、性質がいろいろ違います。

 

この性質を決めているのが「脂肪酸」です。

 

私たちが日常口にする「アブラ」は「脂質」とも呼ばれます。

 

この「脂質」は「グリセリン」という物質に、「脂肪酸」が3つ結合した形を取っています。

 

それが、この資料の2Pに掲載されている「図」ですね。

●脂質と脂肪酸のはなし
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/trans_fatty_acid/pdf/100910_3.pdf

 

「グリセリン」というのはアルコールの仲間です。

 

「グリセリン」自体は食品添加物として、甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途があります。私たちの口にする食品のなかにも結構入っています。

 

(気になる方はスーパーなどで購入した加工食品のラベルをチェックしてみてください。お菓子などに結構使われています)

 

あとは医薬品や化粧品にも使われています。

 

保湿剤・潤滑剤としての用途です。

 

私も自宅にグリセリンは常備しており、手作り化粧水や犬の身体の乾燥が気になる際の保湿剤として、手軽に使用しています。

 

薬局で普通に買えますよ。

 

そんなグリセリンに「脂肪酸」が3つくっつくと、「脂質」になる。

 

ここまではOKでしょうか?

 

その「脂質」ですが、常温でも固形でいられるラードもあれば、常温では液状のオリーブオイルのようなものもあります。

 

このような「脂質の性質の違い」を司っているのが

 

●脂肪酸

 

です。

 

なので、どういう脂肪酸を食事から体に取り入れるか?によって、体の中での働きが変わって来る、という事です。

 

そして、この脂肪酸にはいろいろな種類があり、健康上、メリットをもたらす多彩な機能を持つものが色々とわかってきていますよ、という話なのです。

 

それであれば、そのような脂肪酸の特徴や機能について知って、積極的に食事に生かすことができれば嬉しいですよね?という事です。

 

特に手作り食を実践中の方の場合、犬に色々な食材を新鮮な状態で食べさせることが可能です。

 

身体によい機能を持つ脂肪酸を含む食材はコレ、とわかれば、スーパに行って、その日から体に良い脂肪酸を含む食材を買ってきて食べさせることができます。

 

これって、手作り食の大きなメリットだと思いますが、今メールをお読みの読者の皆さんは、どうお感じになりますか?

 

では、どういう脂肪酸に、どんな機能があるのか?

 

どんな食材に含まれていて、おすすめの調理法はどんなものか?

 

これについて、次号のメールで引き続きお話ししていきますね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の手づくり食実践中の方のための「食と健康」


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

今日の札幌は雨、しかも蒸し暑いです。

 

暑いとついだらだらしてしまいがちですが、それも良くないので、昼からジムのプールに行って泳いで来たら調子が良くなりました。

 

私は健康のために、「適度な運動」を心がけています。

 

適度」というのがミソで、あまり激しすぎても却って疲れますし、かといって、だらだらやってもあまり体に良い影響を与えるところまではいきそうにない。

 

なので匙加減が結構難しいですね。

 

これは、健康全般に言えることだと思います。

 

今、

●食と健康

というテーマで、新しい講座を作っています。

 

犬の手づくり色を実践中の方で、食べ物や栄養のこと、食物に含まれる様々な成分の事について知って、食から犬の健康を考えたい、という意識の高い飼い主さん向けに作っています。

 

この講座では、栄養学の基礎はベースとしてもちろんやるのですが、それを知った上で

 

「食生活自体をどういう風に考える?見直す?変えていく?」

 

という風に、個々の犬の年齢や体質、ライフスタイルに合わせて飼い主さんがアレンジできるようになるところまで持っていくのがゴールだと思って制作しています。

 

現在、色々な資料を当たっているところですが、その資料も共通して言っているのが

 

「特定の栄養素だけ取ったからと言って健康になるわけではない」

 

「栄養素同士の関わりは複雑。なので、これさえ食べれば大丈夫!という万能な食材というのもない」

 

という2点ですね。

 

今はだいぶ下火になりましたが、一時、健康番組で

 

「●●が病気予防になる!」

 

「××で痩せる!!」

 

と取り上げられると、翌日スーパーから●●だの××などが一斉に姿を消す、という現象が起き、問題視されたこともあります。

 

テレビなどのマスメディアは、注目を集めるために、かなり度肝を抜くようなタイトルをつけて視聴者の気を惹きます。

 

そのため、特定の食材や栄養素について、本来の働きや作用以上の価値があるよう、誤解され、誤った利用法をされたケースも過去多くありました。

 

こうしたことから私たちが学べることは

 

「何か一つの食べ物や栄養素に頼ることで、健康になる、というほど体は単純ではない」

 

という1点に尽きると思います。

 

そして、食事と同時に

 

●適度な休息

 

●適度な運動

 

といった、ライフスタイル全体にまで視野を広げて、健康を考えていくのが地味でオーソドックスな考え方ですが、私もこれが王道だと考えています。

 

犬の健康も同じではないでしょうか?

 

食事はもちろん大事です。

 

それと同時に、犬の年齢やライフスタイルも併せて考えた上で

「健康的な食生活」

を考える。

 

 

●食と健康

 

を考える上で大事なポイントはここだと思いますが、今メールをお読みの読者の皆さんは、どう考えますか?

 

愛犬の健康を、食事を中心に、ライフスタイル全体も併せて考えたい、と願っている飼い主さんには必ずお役に立てる講座になるよう、現在制作を進めていますので、必要を感じる方はぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


手作り食の栄養バランスが悪いと、犬が病気になるのでは?と心配!という方へ


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

先日、赤ちゃんがいる知人が

 

「最近、うちの子はバナナばっかり食う。

 主食はほとんどバナナと言っていいくらいだ!」

 

と嘆いていて、ああ、懐かしいな~と自分の息子が赤ちゃんの頃を思い出しました。

 

 

離乳して、幼児食をいろいろ作るんですが
赤ん坊にまだ毛が生えた程度の幼児なので、結構、食べムラがあります。

 

バランス良く食べさせないと、大きくならないのでは…と親としてはハラハラするんですが
そういう時に限って、バナナばっかり食う!みたいな期間が続いたことがあります(苦笑)

 

バナナで腹いっぱいになりすぎて野菜や肉などを全然食べないとか、一時真剣に心配しましたが
強烈なバナナ愛炸裂で、ほぼバナナだけで生きている…というような時期は
振り返ってみると本当に、短期間でした。

 

息子は現在6歳ですが、今では肉も魚も米も野菜も果物も
むしゃむしゃ食べて元気です。

 

成長のある時期、理由は良くわからないが、息子の身体がとにかくバナナの何かを欲していたんだな…と
今となっては思い出になっています。

 

「バナナばっかり食べるような時期もあるよ。
でも問題なく育つから大丈夫」

 

私もそうやって、子供を育てた経験のある先輩に当時アドバイスされました。

 

その言葉通り、息子は問題なく育っています。

 

栄養学を専門的に学ぶようになってから
ああ、多少の偏食が短期間続いたところで、体はそれに対応するような仕組みを
ちゃんと持っていて、急に倒れたり、それが原因で病気になったりすることって
ほぼないのだな、とわかりました。

 

リンゴしか食べないで半年、とかだとさすがに体に故障が出そうですが
昨日は忙しくてごはん食べる時間もあんまりなくて、パンとか、かけ蕎麦とか
炭水化物ばっかりだったよ!という場合でも、
反省して翌日野菜も卵も食べたりします。

 

そういう風に「いろいろ食べる」ことで
身体は必要な栄養を、ちゃんと取れています。

 

大事なのは、

「1食1食が毎回完璧なバランスでなくていい」

ということ。

 

昨日、ちょっと野菜が少なかったな、と思えば
次の日気持ち野菜多めに、というようなやり方で、毎食毎食完璧な栄養バランスでなくても
生き物はうまく帳尻が合うようになっている、ということなのです。

 

ましてや、犬の手作り食をしている方は、犬の健康をまじめに、真剣に考えている方が多いですから
色々な材料を使って、バランスを意識しています。

 

そういう手作り食で、犬が栄養バランスを崩したりするはずが、基本あるわけありません。

 

ココは非常に大事なポイントですので
ぜひ心の中のメモ帳にメモっておいてください。

 

…とは言われても、

 

「でもドッグフードと比較すると、手作り食はやっぱり
 自己流で作っていると栄養バランスが悪いんじゃないか?と不安になります!」

 

という方も多いでしょう。

 

これについては、「犬の身体の仕組み、特に消化吸収、代謝の仕組み」を学ぶことで
解決できます。

 

「犬の身体の仕組み、特に消化吸収、代謝の仕組み」を学ぶことで

 

●いろいろ食べること=最強の栄養バランス食、偏りへのリスクヘッジ

 

であることが腹の底から実感できるようになるでしょう。

 

それと同時に、

 

「確かに食事は健康上大事ではあるが、食事だけで健康を守れるかっていうと
 そうではないよね。

 食事にできることって限界があるよね」

 

と、食事に対して中立な立場で見られるようになります。

 

そうすることで「健康=食事!」という思い込みが外れます。

 

「食事はもちろん大事だけれど、食事以外に大切なこともたくさんあるよね」

 

という次第です。

 

食事以外の、犬の健康を守る上で大事なことにも
目が行くようになるんですね。

 

なので、もし、今このメールをお読みの読者の方で

「手作り食を長年やっているが、栄養バランスがちゃんと取れているか自信がない!」

という方は、犬の食事の栄養学について、本当に基礎的なことでいいので
学ぶことをお勧めします。

 

その際、「消化、吸収の仕組み」「犬の身体の仕組み」も併せて学ぶことが大事です。

「栄養だけ」について学んでも、そこに本質はありません。

 


栄養が、どのように吸収され、体でどのように変化するか?


 

大事なのは、ここなのです。

 

栄養と消化吸収の仕組みを一緒に学ぶことの重要性は
ご理解いただけたでしょうか?

 

栄養と消化吸収の仕組みを一緒に学ぶことに興味がある場合は、
近日再募集を予定している

 

●犬の栄養学の基礎

 

を学べる有料のオンライン講座がお役に立てると思います。

 

・犬の栄養学の基礎を学ぶことに興味がある

・食事について中立な、冷静な視点で考えられるようになりたい

・食事以外の健康に大事な要素に目を向けることも考えたい!

という場合は、明日、2017年2月4日23:59までに
下記のURLをクリックしておいてください。


URL(メルマガをリアルタイムで購読中の方のみご利用いただけます。あしからずご了承ください)

 

 

クリックしていただいた方にのみ、後日、犬の栄養学の基礎を学ぶ
有料オンライン講座のご案内を差し上げます。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。