犬の肝臓ケアにお勧めの食材とその理由。


○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

北海道はほんの少しだけですが暑さが緩みました。
今日は何とかエアコンなしで済みそうです。

 

本日も田舎のスタバより。
昼過ぎにくるとさすがにお客さんいますねー。
そしてレッツノート率高し!

 

かく言う私もレッツノートでこのメールを書いています。

 

というわけで、今日も北海道の田舎の片隅より
Wimaxの電波に乗せて、てきとうにそこいらへんの様々なネット回線を経由して
全国へメールマガジンをお届けしますー。

 

ヨタ話も多いですがひとつくらいは役にたつことを書きますので
本日もお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

あ、本日この「ぐり通信」を初めて受け取る方も多いと思うのですが
こんな感じのメルマガですので
ひとつどうぞよろしくお願いしますね。

 

本日はお便りからご紹介しますー。

 

————————————————————————-

 

はじめまして
ぽーと申します

 

趣味のアロマの事を調べていたら、たまたま諸橋さんのホームページを見つけて、
共感できることばかりでそれからいつもメルマガを楽しみにしています。

 

23日のセミナー参加させていただくのでよろしくお願いします。

 

私が手作り食を始めたのは、愛犬しーさーのてんかん発作発症がきっかけで色々調べ、
藁にもすがる思いで手作り食へ。。。というものでした。

 

しかし、ネット上では様々な事が言われており
私も迷宮に入りこんだようになりましたが、情報に惑わされないように
簡単にですが犬の解剖生理学や、栄養学の本を読んで勉強しました。

 

約一年かけて完全手作りに移行したのですが、丁度今メルマガで取り上げられている
肝臓の数値がてんかん発作を起こす前からずっと高かったのですが、
完全手作りにしてから二週間で正常値になり、
それから約四年、毎日てんかんの薬を飲んでいるにも関わらず正常値を保っています。

 

発作も激減したし、手作り食にして本当に良かったと思っています。
そして、何よりかかりつけの先生も素敵な事を仰ってくれたので
自信を持って手作り食にすることができました。

 

『私は正直栄養学についてはさほど詳しくないので細かい栄養学指導はできません。

 

でも手作りご飯を作る上で、お母さんがこの子の為に一生懸命ご飯を作っていて、
それを傍で楽しみにしながら待っていて、さあ、できたよーとご飯をあげる、
その行為についてはこの子の精神的にはとても素晴らしく良い事だと思います。』

 

これがその先生の言葉です。

 

私が思うにうちの子は、ドッグフードの油分や添加物が
合わずにいたのではないかと思っています。

 

今、私は自分で納得して誰に何を言われても気にすることなく
我が子と食事を楽しんでいます。

 

でも私は何の資格もないし、まだまだ知らないことが沢山あると思うので、
これからも諸橋さんのメルマガやセミナーを楽しみにしています。

 

————————————————————————-

 

ぽーさん、ありがとうございます!

 

獣医さん、素敵な方ですね。

 

ぽーさんご自身も、様々な情報に惑わされないために
ご自身で犬の様々な知識を学ばれているとのこと。

 

自分自身の中で「納得できる基準」を作るって、本当に大切だと私も思います。

 

9/23のセミナーでお会いできるのを私も楽しみにしております。
お役に立てるよう、全力で努めさせていただきますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 

↓    ↓

 

■9/23 ペットのための東洋医学セミナー
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&281m1

さて、ここからは現在のメルマガのテーマ「肝臓ケアの食事」についてのお話をします。

このテーマのバックナンバーはこちら。

↓    ↓

●夏のお便り特集ーと犬の肝臓ケア。
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&281m2

 

●「肝臓ケア」を考える前に、「肝臓」そのものを知りましょう。
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&281m3

 

●犬だって「休肝日」。肝臓ケアの食事をどう考える?
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&281m4

 

前回のメールでは「犬の肝臓を休ませるために食事量を減らす:休肝日」について
お話をしました。

 

今日は引き続き「肝臓ケアにお勧めの食材」についてご紹介していきますね。

 

肝臓では様々な生体反応が行われているため「酵素」が重要であることは
すでにお話しました。
その「酵素」はたんぱく質でできています。

 

そのため「たんぱく質」をしっかりとる!ということが大切であることも
お話しさせていただきましたが
○○さんは覚えていらっしゃいますか?

 

一方で、肝臓は脂肪分解に必要な「胆汁」の生成という大事な働きを持っています。

 

そこで、もし肝臓をケアしながらたんぱく質をしっかり補いたい!という場合は

「低脂肪・高たんぱく」

な食材を選んであげることがひとつのポイントとなります。

 

・魚のタラ
・鶏ささみ

 

などは低脂肪・高たんぱく食材の代表ですから
ぜひメニューに取り入れてみてください。

 

また、「肝臓の数値が上がる」というのは
肝細胞が炎症などで壊れてしまい、結果、
肝細胞内の「酵素」が漏れ出すために上昇することもお話ししました。

 

こうした「炎症」に対して「抗炎症作用」のある食材をプラスするのも良いでしょう。

 

ビタミンB2は細胞の再生を促す栄養素として知られていますが
これらはレバー類や納豆、サバ、鶏卵などに多く含まれています。

 

ビタミンCは免疫力UPに役立つ栄養素ですので
積極的に摂取することで、感染症対策にもつながります。

 

大根やブロッコリー、かぼちゃ、こまつな、ピーマン、トマトなどに
ビタミンCは多く含まれています。

 

感染症への抵抗力をUPさせるには
ビタミンEを豊富に含む植物オイルを食事に混ぜてあげるのもお勧めです。

 

いかがでしょうか?

 

「肝臓の数値が上がるのは何故?」

「肝臓ってそもそもどんな働きをしているの?」

 

こうしたことを知ることで、食事でどのように「肝臓ケア」を行ったらよいか?
ということを考えることができるようになります。

 

「肝臓ケア」についてのお話は以上となります。

 

次号から新しいテーマでお届けしますので
どうぞお楽しみに!

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)


犬だって「休肝日」。肝臓ケアの食事をどう考える?


○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

本日は久しぶりに田舎のスタバより。
珍しくお客さんがいてちょっと安心(笑)

 

メールいただきましたー。

↓   ↓

 

>諸橋さん、いつもありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ毎回楽しく拝見させていただいてます!
>なるほど!と思うコトばかりで、たくさんの気づきをいただいています♪( ´▽`)
>動物たちのことを、すごく大切に思ってる様子が伝わってきて、安心します。

>魅力的な講座やワークショップを受けて見たい気持ちはあるんですが、
>沖縄からなのでなかなか簡単に北海道まで受けに行くことができないのがすごく残念です(#^.^#)
>そのこともあって、メールでいろいろと教えていただけるのは本当にありがたい限りです!

 

>これからもよろしくお願いします!楽しみにしています♪

 

ミカさんよりいただきましたー。
ミカさん、ありがとうございます!

 

講座については現在「福岡でやって欲しい」「東京はもうやらないのですか?」といったご要望を
多数頂戴しています。

 

可能な限り全国のいろいろな地域におじゃまして
メールをお読みいただいている皆様に直接お会いして
ご質問等にはお答えしていく機会を2013年にはさらにたくさん作りたいと考えておりますー。

 

 

メールでも可能な限り、お役に立つ情報配信につとめていきますので
もし「こういうことを知りたい」ということがありましたら
メールフォームよりお送りくださいね。

 

 

今後、直接みなさんとお会いしてご質問などにお答えさせていただく機会としては、
2012年はあと3回セミナーをやります。

 

スケジュールは下記の通り。

 

●2012年9月23日「ペットのための東洋医学基礎講座」

●2012年11月11日「ペット食育入門講座」

●2012年12月8~9日「ペット食育士2級認定講座」

いずれも札幌ですが、参加可能な方はスケジュールを空けておいてください。

 

2012年11月11日「ペット食育入門講座」の募集については
本日18時の「ぐり通信:号外」でお知らせいたします。

 

 

さて、ここから本題です。
「肝臓」についてのお話を引き続きしていきます。

 

昨日は「肝臓の働き」と「何故、肝臓の数値は上がるのか?」についてお話ししました。

↓    ↓

●「肝臓ケア」を考える前に、「肝臓」そのものを知りましょう。
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&279m1

 

 

「肝臓は様々な生体反応を行う臓器で、その反応には”酵素”が欠かせない。
だから”酵素”の原料となるたんぱく質をしっかり摂取しましょう」

 

というのが1つ目のポイントとなります。

 

今日はさらに、「肝臓」の働きにより深くスポットを当てて考えていきます。

肝臓の働きは以下の通り。

 

●胆汁の生成

●栄養の貯蔵と加工

●解毒作用

●生体防御作用

●血液凝固作用物質の産生

●造血の調整と血液量の調整

 

はじめに「胆汁の生成」について考えていくことにします。

 

胆汁は肝細胞で作られて、十二指腸へ排出されます。

 

胆汁に消化酵素は含まれませんが、脂肪の消化吸収をはじめ、
脂溶性ビタミンや鉄、カルシウムの吸収に欠かせない
「胆汁酸」が含まれています。

 

 

次に「栄養の貯蔵と加工」ですが
肝臓は送られてきた栄養素を貯蔵したり、自分の体に合った形に加工、再合成して
必要に応じて血液に乗せて全身に送り出してくれる働きをしています。

 

 

「解毒作用」はその名のとおり、体内へ取り込まれた様々な有害物質を分解・抱合などによって
無毒化して、胆汁や尿と一緒に排泄することです。

 

 

…。

 

 

「諸橋さん、何のことやら難しくてさっぱり難しくてわかりません。
この働きが食事が何と関係があるんですか!」

 

 

はい!噛み砕いて今からお話しします!(笑)

 

 

「胆汁の生成」
「栄養の貯蔵と加工」
「解毒作用」

 

この3つは食事と大きな関わりがあります。

 

食事を通して消化吸収された栄養は、肝臓の働きと深いかかわりがあることが
これまでの説明で何となくイメージしていただけたことと思います。

 

「胆汁」は脂肪やその他の栄養素を吸収するのに大切な働きをしていますし
吸収された栄養を「貯蔵・加工」するのも肝臓の仕事です。

 

また、消化吸収したものの中には、そのまま血液に乗せて全身にまわすには
好ましくないものも含まれます。

 

 

食物に含まれる添加物や薬品などをある程度摂取しても私たちが平気でいられるのは
肝臓がしっかりと「解毒」を行い、体外に速やかに排泄する仕組みが
働いているからです。

 

 

つまり、言い換えると「食事をすることは、結果的に消化吸収や加工、
解毒などで肝臓の仕事が増える」ということです。

 

 

それであれば…。

 

 

肝臓ケアを考えた場合「休肝日」を作る、というのもひとつの方法です。

 

 

消化吸収に伴う、肝臓の一連の業務をお休みさせてあげる日、ということですね。

 

 

「え、休肝日って、絶食するんですか???」

 

絶食の場合、犬から文句が出ると思います(笑)

 

「何故今日はご飯がないんだよう!わんわん!」

 

といわれるかどうかはわかりませんが、

 

「何故今日はごはんがないのでしょう?」

 

とお腹を空かせた犬にストーカーのように付きまとわれて
飼い主さんが辟易する、という自体は十分起こり得るでしょう。

 

 

結論から言うと、絶食する必要はありません。
その代わり、食事量を減らす、という方法で肝臓を休ませて上げる日を作ってみてください。

 

 

少ない食事量でも満足できるよう、おいしいダシ汁をたっぷり使った「おじや」などは
休肝日メニューにはお勧めですし
くず粉などでとろみをつけて、ボリュームUPするのもひとつの手です。

 

完全に余談ですが
我が家のぐりが手作り食に移行した理由のひとつはぐりが「小肝症」という
肝臓のサイズが通常の1/2程度である、というのがわかったというのがあります。

 

 

「小肝症」と名前は付いていますが、本人はいたって元気。
年に1度の血液検査でも(完全にフィラリア検査の際のついでですが項目数だけは多い)
とくに病気や経過観察が必要といったことを言われることもなく
すごしています。

 

 

「小肝症」で調べると色々な情報が出てきますが
病気につながるケースもあれば、小さいサイズの肝臓でも元気でいる子もたくさんいるわけです。

 

 

獣医さんにも

 

「肝臓が小さいから短命だとか、そういうことはないです。
元気で暮らしている子はいっぱいいるし1/2サイズでも、要はちゃんと働けば問題ないわけですから」

 

という風に言ってもらっていたので

 

「あー、そうか。1/2でもちゃんと働けはいいわけだしね」

 

と妙に納得したのを今でも覚えています。

 

その後、私は今日お伝えした肝臓の働きなどを勉強して
犬の食事に付いて学び、今に至るわけですが

 

「手作り食であれば、保存料や着色料、香料といった余分なものは極力省けるわけだから
ぐりの小さい肝臓に解毒で余計な負荷をかけないためにも
手作り食で行こう」

 

と思った次第です。

 

まあ、犬だって現代社会に生きているわけですから
普段口にする食材は、いくら手作り食とはいえ、
多少は農薬を使った畑で取れた野菜も口にするだろうし
人間用の食肉だって、動物の飼料の中には多少の抗生物質くらいは入っているでしょう。

 

 

でも、その程度であれば、自力で出せる程度の体の能力はあるだろし
こだわりすぎても私の性格では続かないだろう、というのが私のケースの判断です。

 

おおらかに、時にはてきとうに、でも基本は押さえつつ、楽しみながら。

 

肝臓ケア、というテーマで食材を選ぶのも
楽しいものですしね。

 

「肝臓ケアの食材選びってどんなのですか?
具体的にお勧めの食材があれば知りたいです!」

 

そんなお声もいくつか頂戴していますので
これについては次号のメールで引き続きお話ししていきますね。

 

本日は以上です。
またメールさせていただきますね。

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。