うちの犬は可哀想なんかじゃない!あゆみさんのストーリー(1)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、このメルマガでは前回、

 

「犬の手作り食を長く続けているにも関わらず、自信が持てない」

 

「栄養バランスをちゃんと考えているの?と聞かれると、犬の栄養学については素人なので、自信を持って自分の選択は正しい、と反論しにくい」

 

という悩みを抱える、手作り食経験をある程度お持ちの方の悩みを取り上げました。

 

 

また、こうした悩みは

 

「栄養学の基本を知らないから起こることであって、裏を返せば、栄養学の基本の知識を持つことで、こういう悩みは無くなるし、食事を健康管理に積極的に活かせるようにもなりますよ」

 

という話もしました。

 

「じゃあ実際に、犬の食事の栄養学を学ぶと、犬の手作り食に対して、どういう風に向き合えるようになるの?」

 

ということについて、今回は私が運営する「犬の栄養学講座」で学ぶ、受講生の方にご登場いただくことにします。

 

—————————————————–

「うちの子はかわいそうなんかじゃない!」

痩せっぽちの愛犬に向けられる哀れみの目と、いらないアドバイスに辟易していた、あゆみさん

—————————————————–

 

あゆみさんは手作り食3年目の飼い主さんです。

 

愛犬は推定5歳のミニチュアシュナウザー(オス)で元保護犬です。家族として迎えた際、食事を満足に与えられていなかったため、ガリガリに痩せており、皮膚もただれて酷い状態でした。

 

 

根気よく動物病院へ通院し、薬を使って炎症を抑えつつ、出来るだけ栄養のある食事をとらせて、体重も増やし、体がとにかく健康を取り戻せるよう、あゆみさんは地道に、家でできることを積み重ねていくことにしました。

 

皮膚炎は少しずつよくなり、人に対して不信感を持っていた愛犬も、徐々にですが、あゆみさんに対して心を開くようになり状況は少しずつ好転してきました。

 

ただ1点、どうしても悩みの種となっていたのが

 

「体重が思うように増えない」

 

です。

 

「我が家の愛犬は元保護犬で、飼い主に飼育放棄をされていました。

 

かなり酷い状態で我が家にやってきたわけですが、うちの犬になった以上、できるだけのことをして健康を取り戻しこれからは幸せな時間をたくさん過ごさせてあげたい!と強く思いました。

 

皮膚炎の方は、食事をある程度摂れるようになってきてからは、薬の効果もあってか、治ってきました。

 

炎症を起こしてハゲていた箇所も、今では毛が生えてきています。」

 

 

ただ、どうしても体重だけは思うように増えません。はたから見るとかなりガリガリです。

 

それでも我が家に来た当初と比べて、大分マシになりましたし、体重も、増えていることは増えています。

 

 

ただ、散歩をしているとどうしてもお節介な人から

 

 ”こんなに痩せていて、かわいそう!ご飯ちゃんと食べてるの?”

 

などと声をかけられることが多くて、それが腹が立って仕方がありませんでした。

 

この子はかわいそうなんかじゃない!と何度言い返したくなったことか!

 

「中には良かれと思ってなんでしょうけれど、自分が気に入っているペットフードやサプリメントなどを勧めてくる友人や知人も多く、これは私にとっては正直、ありがた迷惑以外の何物でもありませんでした。

 

 

私だって、愛犬を保護施設から迎える際、本当にこの子を幸せにできるのか?を真剣に考えて健康状態が悪い犬を家族にした以上、家庭での健康管理だって気を使っています。

 

ああした方が良い、これが良いよ、というアドバイスは、もうそんなのとっくに試している!というものばかり。

 

その上、頼んでもいないアドバイスをしてくる人に限って、やんわりとこちらが断ったり、自分の意見が採用されないと見るや

 

 ”人の意見に耳を傾けようとしないなんて、本当に犬のことを大切に思ってるの?”

 

といった口出しをしてきます。

 

そういう時、理論整然と反論できない自分が悔しくて…。

 

犬の健康のこと、食事のことだって、自分なりに勉強してベストを尽くしているのに、外野があれこれ言ってくるのが本当にうっとおしく、腹が立って腹が立って…。

 

 

そういうとき、心が弱ってきて、自分は良いとは思わないけれど、気に入らない意見でも、とりあえず全部耳を傾けられない自分が未熟で素直さが足りないのかな…と葛藤したり、本当に心の底から悩んでいた時期がありました。

 

 

そんな時にネットで検索していて、諸橋先生のサイトを見つけました。

”世の中には痩せた犬も太った犬もいますが、標準から多少外れていてもその犬が健康で問題がなく快適に過ごせていれば、それは許容範囲。犬の体の個性でもあるので、気にしすぎも良くない”

 

ということが書かれていて”そうそうそうそう!”と思わずPCを前にして声をあげてしまったことを今でも覚えています」

 

…。

 

今回のテーマはまさにこれです。

 

「周りの善意の、でも当人にとってはまるで要らないアドバイス」

 

あゆみさんのように

 

「良かれと思って周りがするアドバイス」

 

は時にはアドバイスされる側にとっては、負担や重荷になるケースがあります。

 

それでいて、意見を聞き入れないと

 

「素直さがない」

 

「本当に犬のことを考えていない」

 

という風に、人格攻撃めいたものが始まります。

 

個人的にはこの

 

「素直さがない」

 

「人の声に耳を傾けない」

 

ということを言うような人は、その人自身が

 

「他人を自分の思うようにコントロールしたい」

 

と思って、素直さ、謙虚さ、と言うワードを使っているケースが多いので、私はこの言葉が出た時点で、そう言う人とは縁を切るか、逃げるかしますね。

 

あと、ここが大事なポイントなのですが…。

 

大事な犬の健康について決定する際に、

 

「他人の意見を素直に聞かなくてないけないから」

 

と言う

 

「感情」

 

とか

 

「道徳的意義」

 

みたいなもの、のみを基準にするのは、絶対におすすめではありません。

 

これって冷静に考えてみればごく当たり前のことなのですが…。

 

健康について参考にしたいなら、まずは獣医師の意見を行くべきです。

 

食事ついての選択で迷ったら、栄養学に答えを求めるべきでしょう。

 

しかしながら、今回のケースのあゆみさんのように、犬の健康問題について周りからあーだこーだ

 

「余計な口出し」

 

をされて、その「口出し」が言っている人の

 

「単純な好みに基づいているだけ」

 

と言う場合、言われる方の心もかき乱されてしまいます。

 

結果、冷静で客観的な判断ができなくなる。

 

これだと、犬も飼い主さんも不幸です。

 

求められてもいないアドバイス、客観的な根拠に基づかない単なる好みの押し付け。

 

世の中ではこれを「クソバイス」(クソみたいなアドバイス)と呼ぶそうですが、まさに犬の食事に関する決定にもこの「クソバイス」は横行しています。

 

そして、真面目な人ほど、この「クソバイスの影響」受けやすい。

 

「犬がガリガリに痩せているのはあなたの与える手作り食が間違っているせいだ」

 

と言われたら、実は私の手作り食が間違っているせいかも…と、その人は悩んでしまいます。

 

本当は、その犬の消化器に問題があってなかなか食事から体重を増やすのが難しいと言う
別にところに原因があるかもしれないのに、

 

(だったらそれは獣医学の領域です。食事だけでどうこうなるものではない。必要なのは正しい診断と治療です)

 

「クソバイス」をしてくる側は、まるっきりそう言う背景がある可能性すら考慮しません。

 

あゆみさんは、私のサイトに辿り着かれた頃には、この「クソバイス」のおかげで、完全に疲れ切っていました。

 

そこから、私とあゆみさんの長いやりとりとお付き合いが始まるわけですが、その後あゆみさんは、どう考え、どう行動して、そして現在、どのように生活されているのか?

 

次号のメールで引き続きお話ししようと思います。

 

是非楽しみにしていてください。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


その犬の手作り食、栄養バランス取れてる?に、どう答えるか


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は「犬の手作り食をもっと楽しむために必要な知識」の話。

 

最終回になります。

——————————–

・栄養についての基本的な知識と情報

——————————–

 

犬の手作り食を続けていく上で、なくてもやってはいけますが、あった方が絶対良いですね、というのが

 

●犬の食事の栄養学の知識

 

です。

 

というのは、自己流で手作り食を続けていく方達の多くが、いくつかのタイミングで

 

「私の手作り食は結構長く続けているし、犬も喜んで食べるけど、栄養バランスがそもそも取れているんだろうか?」

 

という悩みに直面します。

 

この不安を感じる理由ですが、このメルマガでも過去、何回か書いていますが

 

「完全栄養食品と考えられるドッグフード」

 

の存在が大きいです。

 

犬といえばドッグフード!というくらい、犬はフードで育てるもの、というのが世の中の大多数であり、そういう中で

 

「え、犬にご飯を作っているなんて珍しいね!ちゃんと栄養バランスとか取れているんだよね!?」

 

と、この2つの反応を

——————————————–

●珍しい → あなたのやってることはマイノリティだよ!

 

●栄養バランスちゃんと取れているんだよね!? 

→ 変わったことやっている以上、ドッグフード同様、完璧なバランスでやってるんでしょ?

——————————————–

 

と、セットで返されることが多いです。

 

まあ、ある意味重圧を含んだ反応ですよね。

 

ちなみに、家で家族(人)のご飯を手作りしています、と言っても、それは別に珍しくもなんともないので

 

「あっそ(だから?)」

 

という反応しか、普通返ってきません。

 

逆に、インスタントなどの加工食品中心です、といいえば

 

「はあ?!なにそれ、ちゃんと栄養バランス考えているの?子供がかわいそうじゃん!」

 

的な反応が返ってくるのは、ほぼまちがいありません。

 

犬の場合は、加工食品(ドッグフード)だと良くて、手作り食は珍しがられる(怪訝な顔をされることもある)。

 

人の場合は自宅でお母さんの愛情手作りご飯が良くて、レトルトや冷凍などの加工食品中心だというと悪い親だとレッテルを貼られる。

 

犬と人、真逆じゃん…その理由は、どちらの食事が多数派で、自分の採用している食事法は
多数派なのか、少数派に属するのか?

 

ただ、それだけ。

 

結局、批判されたり、怪訝な顔をされるのって、少数派か多数派か?ただそれだけのポイントだったりします。

 

話が少し広がってきたのでまとめますが、言ってしまうと

 

・手作り食

VS

・ペットフード

 

 

・お母さんの手作り愛情ご飯
(私は個人的にはこの言い方は嫌いですが、世の中の通りが良いので採用しています。今はお父さんも料理する時代ですからねー)

VS

・レトルトやインスタントなどの加工食品

 

 

と、それぞれを「対立関係」で見るから、肝心なことがなにも見えてこないんです。

 

手作り食には手作り色の良さがある。

(色々な食材を偏りなく食べることが、栄養の偏りを避ける、という最大のリスクの回避手段につながります)

 

 

一方で、ペットフードには犬に必要と考えられているエネルギーと栄養素をコンパクトに詰め込んだ食品なので、量を計って食べさせるだけでOKという便利さがあります。

 

フードの原材料について色々えぐいことを言う人もいますが、ああいうのはかなり多くのデマも含まれているので全面的に信じるのはおすすめではありません。

それであれば、原材料のラベルの見方をマスターして、自分で客観的にフードを評価できるようになる方が断然おすすめですね)

 

 

お母さんの手作り愛情ご飯も、精神的な満足を食べる側が得られるとか、作っている側も満足できる、という点では評価されるべき点があると個人的には思います。

 

但し、お母さんが作った、と栄養学的に優れているかどうか?はまた別の話。それは材料の選び方とか、調理法に左右される事柄です。作り手が誰か?はぶっちゃけあまり関係ないですね)

 

レトルトやインスタント食品も、昔は体に悪い、みたいなイメージを持たれていることが多かったですが、現在は味も質も格段に進化、その上便利!なので仕事をする人の食事の強い味方です。

 

(加工食品だからと言って、栄養学的に劣っているとかそういうのはありません。要は使い手の使い方の問題

 

どの食事法を選ぶか?と問われれば、どの食事法でもいいのです。

 

大事なのは、食事法そのものではなく「中身」の問題。

 

 

どういう種類の食品を、どのくらい食べて、それは結局、あなたの犬の活動に必要なエネルギーを満たし、体の機能を維持するのに十分な栄養素をちゃんと含んでいますか?

 

 

食事で大切なポイントって、結局のところ、これにつきると私自身は考えていますが、今メールをお読みのあなたご自身はどう考えますか?

 

手作り食をある程度続けている方で、慣れてきたしバリエーションも増やしたいけれど、レシピ本から外れると、栄養バランス崩れちゃうかも?と悩んでいる方。

 

そもそも、私の自己流の手作り食で、本当に犬の健康に良いんだろうか?と疑問を感じている方。

 

自己流でOKだし、周りに手作り食の人が少なくても大丈夫です。

 

今にご飯で犬が元気で暮らしているのであれば、その食事は間違っていません。

 

ただ、そうは言われてもどうしても「栄養バランス」については気になってしまう、という場合は、栄養学の基礎知識を身につけるのがおすすめです。

 

栄養について悩むのは、原因は究極のところ一つです。

 

それは栄養について、ただ単純に「知らないから」。たったそれだけ。

 

なので、栄養について知れば、犬の手作り食、本当にこれでいいのか?の悩みはまず解決しますし、そもそも栄養についての理解が深まると、それを生かして犬の健康管理に最大限に活かせます。

 

次号のメールでは、「犬の栄養学」を身につけると、どんなメリットがあるのか?について具体的に紹介していく予定です。

 

是非楽しみにしていてくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の食事をどう選択する?メリットとデメリットを比較しよう


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も「犬の手作り食をもっと楽しむために必要な知識」の話。

——————————–

・犬におすすめでない調理法

・栄養についての基本的な知識と情報

——————————–

 

これらの知識をどう身につけるか?の話をします。

 

●犬におすすめでない調理法

 

これは例えば

 

●味付けをする

→ 犬の手作り食に味付けは基本、不要です。塩分は毒ではありませんが、過剰摂取は犬の体調に影響します。

 

肉や魚にもともと含まれている塩分のみで、犬の体は十分機能するので、あえて調理の際に味付けをする必要はありません。

 

 

●スパイスを多用する

→ 刺激に強いスパイス類(コショウ、唐辛子など)は犬の食事には不要です。消化器を傷める場合もあります。

 

要は犬に手作り食は、味付けなしでシンプルに煮る、焼くなどの調理法で食べさせるのが基本、ということですね。

 

——————————————

「加熱することが前提になっていますが、生食についてはどうお考えですか?」

——————————————

 

という質問もたまに寄せられるので回答しておきます。

 

「生食」、ここでは「肉を生で与える」の意味で使っていますが、「生食」については個人的にはおすすめでも、反対でもありません。

 

生の肉を食べることについては消化、吸収、栄養学の面では、少なくとも加熱して食べるのと比べて、私が知る範囲内では特にメリットを見出せません。

 

 

また、生食には当然デメリットもあります。

 

一番のデメリットは生肉はやはり、病原体からの汚染から完全には逃れられない点ですね。

 

例えば、鶏肉のカンピロバクター汚染率は結構高いですし(検体の個数が少ないながらも、農場で陰性を示す鶏群から製造された鶏肉の汚染率27%という調査もあります)

 

厚生労働省もはっきりと、「現在、食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難」と述べています。

 

—————————————————–

Q7 鶏肉を取り扱う際に何に注意すればよいですか?

健康な家きんであっても、腸管内などにカンピロバクターやサルモネラ属菌などの食中毒菌を保有している場合があります。現在、食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難であり、鶏肉や内臓からカンピロバクターが高頻度で検出されます。(Q5参照)したがって、食中毒予防の観点から、生や十分に加熱されていない鶏肉を食べないよう、食べさせないようにしましょう。

●カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)より:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126281.html#a1-07

—————————————————–

 

カンピロバクターに犬が感染した場合、多くの場合は無症状ですが子犬では下痢などの症状を起こすことがあります。

 

後はカンピロバクターに感染した犬と接触して、人が感染したケースもあるので

 

「犬にとっては無症状でも、人の健康と安全を守る」

 

ということを考えると、生肉を犬に与える際には、こうしたリスクも考慮する必要があるでしょう。

 

こう書くと「生食」を否定するのですか?と思われる方もいると思いますが、そうではありません。

 

生食という選択をした際に、メリットと同時に、

 

●生肉が避けて通れない病原体汚染

●それがもたらすリスクの説明

●感染を防止するための、生肉の正しい取り扱い

 

などについて、説明やレクチャーをちゃんと受けましたか?ということです。

 

メリットとデメリットをきちんと比較して、自分自身でメリットが大きいと判断し、その選択をしたのであれば後は自己責任です。

 

リスクを上手に管理しながら、生食を楽しめば良い、ということです。

 

大事なのは「メリットとデメリットを、客観的な事実を元に比較検討して決めたかどうか」です。

 

そう、犬の食事を選択する場合学ぶべきことは結構色々あります。

 

もちろん、初めは「なんだか楽しそう!」「面白そう!」という興味、関心からスタートしてOKです。

 

一方で、犬の食事は「犬の健康」にダイレクトにつながるものでもあります。

 

そういう意味では、安全、そしてリスクについて知ることが大事。

 

手作り食を始めて、しばらく経って、新しいことにチャレンジしてみたい、という飼い主さんは少し踏み込んで

「食の安全性」

という視点も組み込むと、より犬の食事メニューを安心して組むようになれます。

 

いかがでしょうか?

 

犬には色々な食の選択肢がありますが、メリットとでメリットをきちんと比較して決定する重要性はご理解いただけましたか?

 

今日はここまでです。

 

次号ではいよいよ、多くの方が気にしている

 

「栄養についての基本的な知識と情報」

 

についてお話しします。

Office Guri 諸橋直子

(終)

 

■追伸1:

生食といえば刺身です。

 

私は刺身が好きですが、そしてサーモンがとりわけ大好きですが、絶対冷凍されたものを食べるように心がけています。

 

子供もお寿司が大好きですが同様に、サーモンは冷凍したものを食べてもらっています。

 

理由は、アニキサスが怖いから。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042953.html

 

アニキサスは2~3cmの虫でサバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類に寄生しています。

 

生きたままのアニサキス幼虫を刺身などで食べてしまうと、胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こすことがあります。

 

そうなると激しい腹痛とか嘔吐が起こり、内視鏡で胃壁に潜り込んでいるアニキサスをつまみ出してもらう処置を受けなくてはなりません。

 

だったら生にこだわらなくても…いったん冷凍して安全なお刺身の方がいいや、と私の場合はなります。

 

今は冷凍技術が発達して、冷凍しても十分美味しくいただけますからね。

 

要は、リスクを知って、どう対応するか?を自分で決めることです。

 

それには正しい知識が必要。

 

健康を守るには、正しい知識を知る努力が大切だし、欠かせないと考えている次第です。

 

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。