東洋医学アロマ:その不調は身体の「どこ」からくるのか?


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は東洋医学アロマシリーズの最終回になります。

 

このシリーズはかなり興味を持って真剣に読んでくださる方が多く、私もとても嬉しいですよ。

 

さて、今日は東洋医学アロマを実践する上で欠かせない2つの視点のもう一つである、

 

—————–

●五臓(ごぞう)

—————–

 

についてお話ししますね。

 

五臓については昨日も、簡単に概要を説明しました。

 

 

●肝:肝臓および肝機能

 

●心:心臓および循環機能

 

●脾:消化器全般および消化機能

 

●肺:肺および呼吸機能

 

●腎:泌尿器・生殖器および生命活動のエネルギー

 

 

今日はここをもう少し突っ込んで解説していきますね。

 

西洋医学では、これらの臓器の「個別」の働きに注目します。

 

例えば、肺は呼吸器で、酸素を取り込み、二酸化炭素を排泄しますよ、という感じです。

 

肺の機能はあくまでも「肺」限定、という風に、肺の働きを細かく追及していきます。

 

一方で、東洋医学では「肺」は

 

●体を守る力:衛気(えき)→今でいうところの免疫力

●体全身に栄養を送る力

 

を担うととらえるので、ここが私たちが馴染んでいる体の常識と、ちょっと違います。

 

そして、こういう「肺」の働きが体の他の場所にも影響を与えますよ、という独特の考え方を持っています。

 

 

なので、「肺」がしっかり働かないと、

●皮膚

●毛髪

などに影響が出てきますよ、という風に考えるんですね。

 

 

これがすごく独特なところです。

 

つまり、皮膚トラブルを皮膚だけでなく「肺」の不調の現れではないか?という風に捉え、皮膚トラブルそのもののケアと同時に、肺の不調も整えるような対応をする。

 

これが東洋医学の考え方です。

 

現代医学は臓器がそれぞれどのような働きをするか?ということを非常に詳細に突き詰めていますし、検査器具もどんどん進化していて、臓器の働きについてはものすごく詳細にわかります。

 

 

ただ、そういう器具もなく、検査方法なども確立されていなかった2000年くらい前から成立し始めた東洋医学では、そういう便利な器具がない状態で、病気に立ち向かうしかありませんでした。

 

 

そういう時、とにかく目の前の患者さんを治そうと、当時の医師たちは必死に頑張って、体全体を良く観察して、治療にあたってきたはずです。

 

そういう臨床経験を2000年分積み重ねて、現在残っているのが東洋医学の生理学:

●五臓

の考え方です。

 

 

西洋医学は最先端の科学の力で、これまで分からなかった体の仕組みをかなりの部分、明らかにしてきています。

 

でも、体について当然ですが、100%全部、分かっているわけではありません。

 

分からないこと、どうしても解明できない現象が、まだまだ山のようにあります。

 

一方で、東洋医学は、今の科学知識と比べれば全然体の詳細な働きが分からない状態にも関わらず

「実際、病気を治してきた」

という実績があります。

 

2000年の歴史の実績、というのはかなり大きいと、私は個人的に思います。

 

その2000年の臨床経験から

「どうも肺の不調は皮膚のトラブルとしても現れやすい」

という結論が出ていて、実際、肺の治療をしたら皮膚トラブルも治ってしまった、という事例が山のようにある、ということです。

 

なので、この「臓器と体の他の部位のつながり」という考え方は私たちも犬の健康管理に、大いに生かしたいところです。

 

 

ちなみに、各臓器と体の部位のつながりは以下にようにまとめられています:

—————————————————————-

 

●肝の不調 → 筋にトラブルが現れる(筋肉や関節の動きの不調など)

 

●心の不調 → 脈(不整脈など)

 

●脾の不調 → 筋肉(体に力が入らないなど)

 

●肺の不調 → 皮膚(皮膚にトラブルが起きるなど)

 

●腎の不調 → 骨(歯や骨にトラブルが起きるなど)

 

—————————————————————-

 

「脾(胃腸)のトラブルが筋肉に???」

「肝臓のトラブルが、関節の動きと関係するの???」

 

 

と目が目玉のおやじのように丸くなり、ごろりと転げ落ちるのでは?というくらい見開いて、びっくりする方も結構多いのですが、これが東洋医学独自のユニークな考えの基本になる

 

●身体全体を見る視点

 

となります。

 

この視点で考え、前回のメルマガでお話しした

 

「この精油は身体のどの部位に働きかけるのか?」

 

という「帰経(きけい)」の視点で精油を選ぶ。

 

その精油を

 

●芳香浴(嗅ぐ!という最もシンプルな方法)

●アロママッサージ

●沐浴

 

という3つの基礎的な方法で活用して、愛犬の健康管理、QOL(生活の質)の向上に役立てる。

 

これが「愛犬のための東洋医学アロマセラピー」の基本になります。

 

そして、この「東洋医学アロマセラピー」の基礎知識ですが

「勉強してみたいです!興味あります!」

というリクエストが増えてきたので、久々にこの講座の受講生を再募集することにしました。

 

再募集に当たり、新しいコンテンツを少し増やすのと、募集ページを新しくリニューアルしています。

 

 

週末にはご案内できる予定ですが、メールでお知らせできるまで少々時間がかかる予定です。

 

明日のメルマガで、募集開始日時と講座の内容についての続報をお届けする予定ですので興味のある方はぜひ楽しみにお待ちいただけると嬉しいです!

●講座の募集サイトの画像を一部公開しています!興味のある方は是非ご覧くださいね:
https://www.officeguri.com/archives/7277

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


東洋医学アロマの重要ポイント:その精油は内臓の「どこ」に働きかけるのか?


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

さて、今回も東洋医学アロマのお話をしていきます。

今日は東洋医学アロマを実践する上で外せない「キモ」にあたる

 

————————————————

●東洋医学で考えるアロマの薬効=帰経(きけい)

————————————————

 

のお話をします。

 

帰経というのは、そのアロマの働きが、五臓(肝・心・脾・肺・腎)のどこに働きかけるか?を現すものです。

 

もっと言うと、アロマの精油が「内臓のどこに働きかけるか?」をしっかり考えて活用するのが、東洋医学アロマのキモになります。

 

例えば、「下痢」という一見の同じ様に見えるトラブルでも、

 

——————————————————————

 

●胃腸の冷えからくる下痢であれば→【脾】(胃腸)に働きかける精油

 

●加齢による腸の動きの弱まりからくる下痢であれば→【腎】に働きかける精油

 

●ストレスからくる下痢であれば→【肝】に働きかける精油

 

——————————————————————

 

という風に、「原因」の違いによって東洋医学アロマでは使う精油が異なります。

 

「原因」を一生懸命考え、そこにアプローチしよう!という使い方になるので良い結果につながりやすい、というのが特徴です。

 

では具体的にどういうことか?を今日は見ていきますね。

 

————————————————

●東洋医学で考える薬効の働きかける場所:帰経(きけい)の話

————————————————

 

東洋医学では、食材、薬、香りなど体に働きかける作用のあるものをそれぞれに働きかける場所を

●五臓(ごぞう)

という5つの場所で考えます。

 

大事なので繰り返しますが分類するための基本考えは「その薬効が内臓の”どこ”に働きかけるか?」です。

 

 

一覧にまとめると以下のようになります:

 

 

●肝:肝臓および肝機能

 

●心:心臓および循環機能

 

●脾:消化器全般および消化機能

 

●肺:肺および呼吸機能

 

●腎:泌尿器・生殖器および生命活動のエネルギー

 

私たちが普段接する内臓のイメージとは少し異なりますが、これが東洋医学で考える、生理学の基本です。

 

 

そして、精油が五臓のどの部位に働きかけるか?を現すのが

●帰経(きけい)

です。

 

 

さて、この基本のルールを見て精油を分類していくと例えば、前回取り上げた

●心臓病を患う犬のケアに使用した精油:ローズオットー

は、帰経が「心」と「腎」。

 

 

一つの精油が複数の箇所に働きかけることもあれば、単独の部位に働きかけることもあります。

 

この場合で言うと、循環器系のケアには「心」の性質を持つローズオットーが適していますが、同時に「腎」のケアにも使えるので、シニア期の犬のケアにも向いている、ということになります。

 

 

東洋医学では「成長」「生殖」「老化」に関連が深い場所として「腎」を捉えています。

 

そのため、加齢に伴う体力の衰えや不調は「腎」の衰えと捉えます。

 

だったら加齢ケアに真っ先に選択肢に上がるのが「腎」の手当、という風にになります。

 

心臓病を患う犬のケアの事例に登場していただいたMさんの愛犬は、シニア期に入っていましたから、他にもいろいろ「心」のケアに使える精油はたくさんある中で

 

●心と腎、両方に働きかける性質(=帰経)を持つローズオットー

 

は適切な選択だったと言えるでしょう。

 

こんな風に、東洋医学では

 

「その精油は身体の”どこ”に働きかけるのか?」

 

を考えて精油を選ぶのがキーポイントになります。

 

そのためには、精油の「帰経(きけい)」を正しく知ること。

 

これが重要です。

 

このポイントを外すと、折角東洋医学の視点でアロマを考えて、愛犬のケアに活用しよう!と思っても、的外れな選択をしてしまいがちです。

 

「帰経」を正しく理解する重要性はご理解頂けましたか?

 

次号はこの東洋医学アロマシリーズ解説の最終回になります。

 

今回の「帰経(きけい)」に登場してきた

●五臓

について、個別の臓器の働きの解説…ではなく「全体がどういう風につながっているか?」という視点でお話しします。

 

現代の医学や生物学では、臓器単独、細胞単独で細分化してその働きを追及する考えが主流です。

 

これは、各臓器の働きが細かくわかり、それによってこれまで治療困難だった病気の治療が可能になるなど良い点がたくさんあります。

 

 

一方で、臓器単独でばかり見てしまうと、病気の原因が他の場所にあるにもかかわらず、一生懸命、狭い範囲でのみ病気を考えてしまう、というデメリットも出てきます。

 

そのデメリットを補うのに、東洋医学の「全体で考える」という体の捉え方が役立ちます。

 

両方に良いところがありますし、どちらも完ぺきではありません。

 

だから、両方の良いところを知り、飼い主さんが考え、選択し、犬の健康管理に生かす。

 

この考え方が大事だと思います。

 

そんなわけで、次号のメールでは東洋医学の基礎となる「五臓」についての考え方をお話ししします。

 

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

次号の配信も、明日の午前10時頃開始を予定しています。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


東洋医学の視点でアロマ精油を選ぶ:3つのアロマ活用法


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

昨日のメルマガの編集後記でこの書籍を少しだけご紹介したところ、お盆休み中の方が多いにもかかわらず、結構な数の方が興味を持ってチェックしてくださったようで嬉しいです。

 

東洋医学の基礎「肝・心・脾・肺・腎」の関係を知りたい方は、まずは本を1冊読んでみるのがお勧めですよ。

●マンガでわかる東洋医学

 

東洋医学の興味のある方は、分かりやすい入門書を1冊読んでおくと、犬の東洋医学ケアも理解しやすくなるのでいいですね。

 

さて、今回は実際に

「東洋医学の視点でアロマを活用するってどういう風にやるの?」

という方のための実際の事例をご紹介しますね。

 

—————————————————

●心疾患を抱える愛犬に東洋医学アロマで選んだ精油で「芳香浴」と「マッサージ」

—————————————————

 

Mさんの愛犬はシニア期に入り、運動を嫌がるようになりました。

 

最初は年だから仕方がないか…と思っていたのですが、そのうち喉につかえるような咳をし始めたので、気になって病院へ行ったところ

「僧房弁(そうぼうべん)閉鎖不全症」

という心臓の病気だと診断されました。

 

治る病気では無いと言われ、現在出ている症状を和らげながら、できるだけ生活の質(QOL)を良い状態に維持してくために投薬を続けましょう、と獣医師から指示を受けました。

 

 

人間の場合、「僧房弁閉鎖不全症」は手術で治療しますが、犬の場合、手術は一般的ではありません。

 

 

そのため、病気とは長い付き合いになりそうだな…ということで、Mさんは愛犬のために投薬治療を行うことにしました。

 

 

そして、できれば愛犬の心臓のために、できるだけストレスを少なくし、元気で過ごせる時間長くするために家でもできることはないか?と考え、アロマセラピーを行うことにしました。

 

このとき、Mさんは「東洋医学アロマ」を選択しました。

 

Mさんご自身が、愛犬のための体質診断チャートを使用して選んだ精油は以下の通りです。

————————————————————————-

●血行を促進し、精神を鎮める【心】に働きかける精油:ローズオットー

●食欲がなくなってきているため【脾】に働きかける精油:レモン

————————————————————————-

 

「心臓病になる前は比較的明るい性格で元気だった愛犬が、病気になって以来、食欲もあまりなくなり、すっかりしょげてしまっているように感じました。

 

病気になっても薬でこれ以上悪くならないよう、維持できるのであれば、落ち込んだ愛犬の気分を少しでも上げて、ごはんもおいしく食べられうようにしてあげたいという風に考え

 

 血行促進と心を落ち着けるストレスケアのために【心】に働きかける精油

 食欲を取り戻すためと、気分の明るさを少しずつ取り戻すために【脾】の精油

 

この2種類を、朝はディフューザーを使ってレモン精油を室内に香らせる、夜はローズのマッサージオイルでマッサージ、という風に芳香浴として利用しています。

 

これを習慣として2週間ほど続けていますが、ローズの精油は愛犬がとても気に入りうっとりとした表情で香りに包まれながら、マッサージを受けてくれています。

 

朝はレモンのフレッシュな香りのせいか、私自身もスッキリと爽やかな気持ちになれます。

 

食事の量は以前と比べればまだ少ないままですが、それでも徐々に食べる量が増えてきています。

 

心臓の病気にはとにかくストレスが良くないので、うまくコントロールするようにと、病院からも言われているので、そういう意味で東洋医学アロマケアは我が家の犬に合っていると感じます。

 

ローズの精油に血行促進効果があるとされているのも心強いです」

 

 

アロマケアは「香りを嗅ぐ」というシンプルな方法でスタートできるのが魅力のひとつですがこれを

●芳香浴

と呼びます。

 

Mさんはディフューザーという器具を使用していますが、専門の器具が無くても、ティッシュに精油を数滴たらして、愛犬に嗅がせてあげるだけでも立派な芳香浴です。

 

まずは難しく考えずにやってみることですね。

 

また、Mさんは精油をブレンドした「アロママッサージオイル」も活用して、マッサージも行っています。

 

 

これは、植物オイルにアロマ精油を混ぜた、香りのよいマッサージ専用のオイルの事です。

 

 

これも、市販の化粧用植物オイルに好みの精油を入れて混ぜるだけで、誰でも簡単に作ることができます。

 

ただ、ローズの精油は非常に高価なので品質の確かな精油を購入するだけで1mlで4,320円ほどします。

 

なので、Mさんには私の運営するショップで取り扱っている、精油と植物オイルをブレンド済みの、手軽で使いやすい製品を使っていただきました。

 

これだと、精油単体で購入するより手ごろな価格でトライできます。

 

興味のある方のためにリンクを貼っておきますので気になる方はチェックしてみてください。

●【ローズのアロマケア】ストレスケアと緊張ケアにローズのマッサージオイル(30ml)
https://store.officeguri.com/products/detail.php?product_id=105

 

そしてもうひとつ、「沐浴」という方法についてもご紹介しますね。

 

————————————————————————-

●皮膚トラブルに悩み愛犬の【肺】と【脾】の精油で「アロマバス」

————————————————————————-

 

Kさんの愛犬は長年、季節性の湿疹に悩んでいました。

 

病院で調べてもらっても原因がはっきりせず、季節の変わり目だけに犬のお腹に赤いぽつぽつができます。

 

また、湿疹が出ると同時にお腹の調子を崩すこともあり困っていましたが、これも原因がはっきりせず

「季節の変わり目の体調不良でしょう」

ということで、治療の手立てが見つからず困っていました。

 

 

「また季節の変わり目が来る…犬が調子が悪くなったら嫌だなあ」

 

 

そんな風に、Kさんご自身も何だか憂鬱になってしまっている、ということで、愛犬とKさん、一緒に東洋医学アロマを試してみることにしました。

 

Kさんが愛犬のための体質診断チャートを使用して選んだ精油は以下の通りです。

————————————————————————-

●秋になり乾燥が強くなると皮膚トラブルが起こりやすい愛犬のために【肺】の精油:ティーツリー

●秋になると便秘がちになる愛犬のために【肺】と【脾】の精油:ジンジャー

————————————————————————-

 

Kさんの愛犬は散歩から帰ると浴室で足を洗う事が習慣になっています。

 

この習慣を利用し、Kさんは愛犬に「沐浴」という形で東洋医学アロマセラピーを実践することにしました。

 

まず、2種類の精油を混ぜて「肺・脾のケア」専用のブレンド精油を作ります。

 

これを瓶に入れて置き、愛犬の足洗いの際、洗面器にぬるま湯を張って、その中に精油を2滴ほど入れて犬用のアロマバスを作ります。

 

この中に愛犬の足を浸して3~5分間ほども「足浴」をすることを朝の習慣にしました。

 

「秋にまた体調を崩したら困るなあ…と思い、夏の終わりごろから始めてみました。

 

気温も下がり、空気の乾燥も進んでいますが、今のところ湿疹も便秘もなく、元気に過ごしてくれています。

 

何より、毎朝スッキリとしたティーツリーの香りと甘いジンジャーの香りを嗅ぐと、私自身がとてもよい気持ちになり、よし1日を元気に過ごそう!と思えます。

愛犬の体調のことで悩みすぎないぞ!というメンタルになれたことがとても大きいですね」

 

 

 

いかがでしょうか?

 

今回は

 

●芳香浴

●マッサージ

●沐浴

 

という3つの東洋医学アロマの活用法についてお話しししました。

 

もしこの3つのうち、1つでも興味があれば手軽に実践できるところから、とにかく始めてみるのがお勧めです。

 

そして次号ではいよいよ、東洋医学アロマのキモである

「東洋医学で考えるアロマの薬効→帰経(きけい)」

についてお話しします。

 

これは一言でいうと、その精油が内臓の「どこ」に対して働きかけるか?という視点で考えるやり方です。

 

肝臓には「肝」の精油、腎臓には「腎」の精油…という風に東洋医学アロマでは、その精油が

「どこ」

に働きかけるか?という視点で選んでいきます。

 

もっと言うと、「体調不良の原因が潜んでいるのはどこ?」をじっくり考えアプローチを決める、というやり方ですね。

 

 

「皮膚は内臓の鏡」

 

という言葉が東洋医学にはありますが、皮膚トラブルを、皮膚だけの問題と捉えず、内臓トラブルの反映では?と考えるのが東洋医学です。

 

この考えを精油選びにそのまま生かす。

 

これが通常のアロマセラピーと、東洋医学アロマの異なるところですね。

 

次号はこの、東洋医学アロマのユニークな考え方についてお話ししていきます。ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

次号の配信は、明日の午前10時頃開始を予定しています。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。