犬の血液検査・尿検査数値を読みこなし、健康管理の味方につけたい飼い主さんのための無料メール講座


血液検査・尿検査は犬にとって身近な検査です。

一方で、検査結果は一般にあまりなじみのない『専門用語』で書かれており、説明を受けても内容がさっぱり理解できず、戸惑う飼い主さんが多数いらっしゃいます。

 

もし、あなたがそうした

 

「専門用語に戸惑い、犬の健康状態を理解できずに不安を抱える飼い主」

 

のお一人である場合、まずは「検査用語」を理解してみよう、と決めるところからスタートしてみませんか?

 

愛犬のホームケア情報をお届けするOffice Guriでは、愛犬の検査数値を理解したい、勉強して意味を知りたい!とお考えの飼い主さん向けに

『犬の検査数値を学ぶ事が何故重要か?』を知る全9回の無料メール講座

を配信しています。

 

無料で受講できますので、興味のある方は是非ご登録くださいね。

●『検査数値』無料メール講座のご登録はこちらから:

犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


このメルマガを通して、私が皆さんにお伝えしたい事の話


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、昨日いっぱいで

 

「犬の血液検査・尿検査の興味のある方」

 

の募集を締め切りましたが、連休中にもかかわらず、結構たくさんの方がクリックで意思表示をして下さいました。

 

クリックしてくれた方には、後ほど別に、メールセミナー形式で役立つ情報をお届けしますので、ぜひ楽しみにしていてください。

 

今日は久々に、このメルマガや講座を通して、私がお伝えしたいことを書きますね。

 

これは、実は「犬の血液検査・尿検査の興味のある方」向けの特別メルマガで配信予定でしたが、私が普段考えていることを結構スッキリ書き出せたのでいつものメルマガで配信することにしました。

————————————

●血液検査、尿検査はそもそも「何故」するのか?

————————————

一言でいうと、

 

「犬の身体の状態を知るため」

 

です。

 

そして検査結果によっては、それまでの治療方針が180度ガラリと変わることも珍しくありません。

 

例えば、肝臓関連の数値が上がる…ということは

 

●肝臓に炎症や腫瘍などがあり、肝細胞が破壊され、細胞内の酵素がダダ漏れしている

 

という現象を指すことが多いです。

 

ただ、何の症状もないのに血液検査で肝臓の数値が上がると、え?数字が上がっただけでいきなり投薬??と病院に対して不信感を持つ人が結構います。

 

「犬は元気なのに、なんで薬を飲む必要があるだろう…」

 

という具合です。

 

でも、紙に書かれた数字だけを見ると、それは1枚のぺラッとした薄い紙にかかれたただの数字です。

 

なので、「数値くらいで…」と軽く見られる事が多いです。

 

しかしながら、検査数値に対する知識と理解が深まると、そこから読み取れる情報は多くなります。

 

「γ-GPPもAST、ALTも軒並み高いよ…これって肝臓でかなりの数、細胞がぶっ壊されてるってことだよねえ。腫瘍とかそういう性質の悪い物が原因だったらいやだなあ!」

 

つまり、数字の上昇を「たかが数字」ではなく、身体の中で具体的に、何が起こって何が異常なのかがイメージできる。

 

これは、でかいです。

 

話は少し変わりますが、世の中には一定数「薬が嫌いです」という考え方が存在します。

 

勿論、薬は万能ではありませんし一定の割合で副作用もあります。

 

副作用もなく、治療成績もよいのが理想の薬ですが、なかなかそういう風に行かないのが現状です。

 

なので、

●薬の副作用

●薬の治療効果

を天秤にかけて、メリットの大きい方を選択する。

 

100%安全でないと認められない!犬に飲ませられない!という考えであれば…。

 

じゃあ餅を食って喉を詰まらせ毎年1300人以上の人が亡くなっていますが、当然餅は危険食物なのでスーパーでの禁止すべきだし、

 

紫外線は非皮膚がんの発症率をあげるので、日が当たる時間帯は外出禁止にすべきですよね?

 

ということになります(極端ですが)。

 

現実問題として考えると、餅は正月に欠かせないですし、日光だって少量浴びる分にはむしろ健康上のメリットがあります。

 

世の中のあらゆるものは、メリットとデメリットが混在している。

 

そうした中で、うまくメリットが上回るように利用されているし、デメリットによる危険が起こらないよう、管理されている。

 

この「リスクコントロールされている状態」というのが、いわゆる「安全な状態」です。

 

ここで薬に話を戻しましょう。

 

世の中には「薬が嫌いです」という方が一定数存在します。

 

一方で、例えば「初期の肝炎」のように、ごく初期から投薬を開始することで、うまくコントロールできて、その後の人生(犬の場合も同様)を苦痛が少なく、長く楽しく生きることができる疾患もあります。

 

我が家の犬がまさにそうです。

 

薬でコントロールしながら、かれこれ3年ほど、何事もなく穏やかに暮らしています。

 

幸い、現代では犬も高度な生化学検査を受けることができ、血液検査、尿検査はその高度な医療技術の中でも犬が恩恵をこうむりやすいものです。

 

血液検査、尿検査でごくごく初期の病気が見つかった。

 

なので、初期から治療に当たれば、その後の人生を長く、穏やかに楽しめる。

 

症状が今、現れていないけれども、数値は明らかに異常を示しており、その異常が体のどこで、何が起こっているか?までイメージできれば早期の治療に積極的に参加できます。

 

「早く見つかってよかった」

 

と、検査結果に感謝して、早期発見の幸運を素直にかみしめることも可能です。

 

でももし、そこに「検査数値」への基礎的な理解がなかったら?

 

「何の症状もないし、薬は嫌いなのでもう少し様子を見たいです」

 

こういう飼い主さんは実際いらっしゃいますし、飼い主さんにそういわれると、獣医さんもそれ以上は何も言えません。

 

もちろん、飼い主さんそれぞれの考えがありますし、どういう考えを採用するか?は自由です。

 

しかしながら「薬は嫌い、体に良くない」という「イメージ」だけで、犬の病気の治療方針を決定してしまい、後から後悔する…というケースも実際後を絶ちません。

 

まだ症状が出ないうちから投薬を開始していれば、良い状態で管理できたかもしれないケースでも飼い主さんの意向で

「家庭のケアで治します」

と、食事療法やハーブなどを試してみたが、あまり効果がなく、結局最後は手遅れ状態になって病院へ駆け込んでくる。

 

これ、本当に後を絶ちません。

 

私自身、犬のアロマセラピーやマッサージ、薬膳やお灸などを、犬のセルフケアとしておすすめする仕事をしています。

 

でもその際、必ずお伝えしていることがあります。

 

それは、家庭でのケアはあくまでも、犬の身体の不調をやわらげ、家庭生活を快適に過ごすための手段であって

「病院での治療に替わるものではないですよ」

ということです。

 

家庭には家庭の役割が。

 

病院には治療という使命があります。

 

そこを混同して、はき違えてはいけない、と私自身は考えています。

 

ここを履き違えることで、折角家庭で犬の味方になるはずのケアが、犬を傷つけてしまうことにつながります。

 

こては絶対に、避けたい。

 

そのために、私自身は家庭で出来るケアをお伝えすると同時に、犬のための基礎的な

●家庭の医学の知識

をお伝えする取り組みを行っています。

 

家庭で出来ることはここまで。

 

ここから先は、獣医学の領域。

 

その両方を知った上で、両方を上手に生かす。

 

そういうバランス感覚に優れた、賢い飼い主さんを増やしたいですね。

 

そういう思いでこのメルマガを配信している次第です。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


検査結果から、もの言わぬ犬の身体の状態を理解する


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて本題の前に一つお知らせです。

——————————————————–

 

現在募集中の

 

●犬の食の安全講座

 

ですが、本日いっぱいで受講生プレゼント【1】である

 

●犬用オモチャ コング フロッピーノット(1,512円)が終了します。

 

お申込みを検討中の方は、プレゼントがもらえる本日中に申し込みをお済ませくださいね。

 

世の中には、犬の食の安全に対する『誤解』がいっぱいです。

 

農薬、食品添加物、果たして本当に世間一般で言われているほど悪い物なんでしょうか?

 

それらを避けることが、本当にちゃんと「犬の食の安全」を守ることにつながっていますか?

 

農薬とか、食品添加物は悪い!というスローガンで目隠しされていて、本当に心配すべき別の視点が抜けていませんか?という問題提起も含んだ講座です。

 

冷静で科学的な視点で、物事を考える基本レッスンを学んでいただけます。

●犬の本当の食の安全講座:
詳細確認とお申し込みはこちらから!
https://anzen.inu-gohan.com

——————————————————–

 

さて、前々回のメルマガから

●犬の血液検査・尿検査の数値の見かた:受講料値上げのお知らせ

と、値上げ前の最終募集のお知らせをしています。

 

現在の受講料はモニター価格につき、15,800円(現在)ですが、受講生が100名に達した時点でモニター価格を終了し、

●一般価格:24,900円(予定)

へ値上げする予定です。

 

値上げ前の最終案内は、希望者のみに行うので、とりあえず案内だけでもほしい、という方は下記より講座のお知らせ専用メルマガにご登録くださいね。

●値上げ前の最終募集の案内を希望しますよ!という方はこちらよりご登録ください!
https://www.officeguri.info/tdk/index.php/form/reg?mid=qdn9mb

 

 

——————————————-

『検査数値』の意味を理解して、日常生活の援助へつなげる

——————————————-

 

犬の血液検査、尿検査は今は犬にとってとても身近な検査になりました。

そもそも何で検査するの?という話ですが

 

・健康状態の把握

 

・病気の早期発見

 

は基本中の基本です。

 

それ以外にも

 

・治療方針の決定

 

・治療効果の判断

 

・病気の進行度合いの判断

 

など、大事な目的で行われるのがこれらの検査です。

 

で、この大事な検査。

 

獣医さんと動物看護士さんだけが理解できればそれでいいの?という話です。

 

犬の場合、家で長期間、世話をするのは飼い主さんです。

 

そういう意味で、犬の医療については

 

●飼い主さん

●獣医師

●動物看護士

 

といったひとつの「チーム」での協働作業ということを意識した方が良い、というのが、私自身の考えです。

 

検査数値の結果とか、病気のことはよくわからないから、そこはお任せで…という姿勢は、お勧めではありません。

 

何故、その検査をするのか?を飼い主さんが理解することは、病気についての説明を十分に理解することにつながります。

 

検査結果の理解は、犬の上記の状態を理解し、

 

「犬が今何を求めているか?」

 

を理解する手助けになります。

 

犬は基本、しゃべらないですし、具合が悪いことはぎりぎりまで隠そうとする動物です。

 

具合が悪い様子がみられたら、すでに手遅れ…ということも多いです。

 

そのため、血液検査や尿検査の結果から、体の状態を把握し、必要な治療や、生活上の援助を行う。

 

犬の生活の主体の場は「家庭」です。

 

その「家庭」で犬を世話するのは飼い主さんです。

 

だからこそ、飼い主さんには「検査数値の理解」を「犬の身体の状態への理解」につなげていただきたい。

 

それが私の願いです。

 

そうすることで、犬の変化やちょっとした訴えに気づきやすくなります。

 

それを犬の健康維持や治療、家庭での援助につなげていただきたい。

 

そういう思いで、必要とする多くの方に、

「犬の血液検査・尿検査の数値の基礎知識」

をお渡ししたいと考えています。

 

なので、これらの基礎知識を学ぶことに興味のある方はぜひ、本日中(2018年10月7日23:59まで)に下記URLより、講座案内専用メルマガにご登録くださいね。

●検査数値の見かたを学ぶことに興味があります!
https://www.officeguri.info/tdk/index.php/form/reg?mid=qdn9mb

 

ご登録いただいた方へのみ、月曜日(2018年10月8日)以降、メールで検査数値の見かたについての詳しい情報と講座の案内をお知らせしていこうと思います。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。