大事な犬の健康のことは、自分で考え、自分で決めよう


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、ここからが今日の本題です。

 

「犬が口にする食材の安全性について、あれこれ疑問に思うのであれば、一度徹底的に、食物を取り囲む”安全”について勉強してみてはどうですか?」

 

というのが私のスタンスです。

 

そして以前、このテーマで講座を作成し、オンライン形式でご提供したことがあります。

 

受講された方の数自体は少なかったのですが、とても意識の高い受講生の方が多く、色々感想をいただきました。

 

今日はその中から、お一人のメールをご紹介しますね。

 

 

———————————————

 

いつもメルマガ、講座で学ばせてもらっています。

 

今回、「犬の食の安全」をテーマにした講座、ということで受講させていただきました。

 

と、いうのは、私自身、結構テレビやネットの情報をすぐ信じてしまうタイプで、添加物が良くない!と言われれば、すごく心配になって

今あるフードが本当に犬に安全か?というのが気になってしまい、ネットで色々調べては、ネガティブな情報ばかり拾い集めて、ズーンと落ち込んだりしていました。

 

手作り食にもチャレンジしていますが、スーパーで売られている肉や野菜も、輸入品は農薬や抗生物質が残ってるんだよ!なんて友人から言われると、え、じゃあ手作り食でも犬に安心できるご飯って作れないの??と、心配になったり…。

 

自分でも、いろいろな情報にくるくるくるくる毎回顔向きを変えられる、風見鶏みたいな感じで、結構嫌気がさしていました。

 

そんな時、先生のメルマガで

 

”輸入食品が危ないとか、外国製のおやつが危ないとか色々噂はあるけど、それってイメージだけで言ってる人が多くないですか?

ちゃんとデータや事実を見て、客観的に考えましょうよ”

 

というテーマが取り上げられていて、おお!と思いました。

 

私は愛犬のことが大好きで、できるだけ長生きしてほしい!といつも思っているのですが、どうも気持ちだけ空回りしているというか、

 

後から振り返って、それは心配しすぎだったなあ、とか、あれは心配しなくてもよかった、とか、情報に振り回されまくっていた自分を反省することも多くありました。

 

 

実際に講座で学んでみて思ったのは

 

”どの情報を参考にするか?”

 

ということの大切さです。

 

こういう言い方はどうかと思いますが、匿名の誰かが書いたネット上の”添加物が危ない!”という記事より

 

先生が講座内で紹介してくれた、国が運営する機関の添加物情報の方が、当たり前ですが、信頼できます。

 

ネット上の情報だって、間違いや誤りはたくさんある。

 

そういう当たり前のことすら、ちゃんと教えてもらわないと、わからない人が多いと思います。

 

私自身も、ネット上にある情報に、まさか嘘とか、間違いがあるという風には、。少し前までは全然疑っていなかったので。

 

輸入食品の安全性が、どのように管理されていて、どうコントロールされているか?ということが客観的に学べてすごく安心できました。

 

 

もういちいち手作り食の食材選びの時に、外国産だから…というあやふやな理由で、外国産食品を避けたりしなくていいようになり、以前より楽チンになりました。

 

選ぶ食材の幅も広がり、結果として、犬も口にする食材がバラエティに富んで、喜んでいます(我が家の犬は食いしん坊です!)。

 

先生がおっしゃるように、食の安全って、確かに地味なテーマですよね。

 

でも、地味だけれど食の基本を守る、安全のための大事な知識だと感じました。

 

大事なことを教えてくださり、ありがとうございました。

 

これからも、一方的に発信される情報を受け取って鵜呑みにするのではなく、何を信頼して、採用するかは、自分で選べるよう、ありたいな、と思いました。

 

これからも色々学ばせていただきたいので、どうぞよろしくお願いいたします。

(Kさん)

———————————————

 

Kさんは、私が運営する

 

犬のための食の安全講座

 

の受講生の方です。

 

Kさんの凄いところは、

 

>自分でも、いろいろな情報にくるくるくるくる毎回顔向きを変えられる

>風見鶏みたいな感じで、結構嫌気がさしていました。

 

という風に、自分が情報に「振り回されている」ということをご自身が早い段階で、自覚されたことです。

 

これって、なかなか気づくチャンスもないですし、自分自身が情報という、つかみどころのないものに翻弄されているっていうこと自体、気がつかない人の方が多いです。

 

情報に振り回されている、というのは、何かを考えたり、決断する際に、その主導権が「自分にない」とうことです

 

これは結構怖いです。

 

だって、大事な犬の健康に対する判断基準が「ネット上の噂」ですからね。

 

こうやって書くと、う、それは怖い…嫌だな、と感じる方も多いと思いますが、ネット上の噂というのは、気がつくと記事の流し読みをしているだけで、どんどん頭に入ってきますから、本当に油断できないですよ。

 

噂を噂としてスルーできるか(外国産の野菜は危ない、とか。何を持って危ないというのか?という視点が大事)、え、怖い、気をつけよう…と知らないうちに信じてしまうか。

 

これが別れ道だったりします。

 

あ、情報に振り回されているな、と気づいた人はかなりラッキーです。

 

そこに気づきさえすれば、あとは「じゃあ情報に振り回されないためには、どうしたらいい?」と、次のステップに進めます。

 

それでは、犬の食にまつわるあんな噂、こんな情報が果たして正しいのか、眉唾斧なのか、判断するようになりたければ、一体何が必要なのでしょうか?

 

これについて、次号のメールでお話ししていきますね。

 

興味のある方、必要を感じる方は是非、楽しみにしていてください。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬に関する健康情報、どこまで信用したらいい?と悩んでいる飼い主さんへ


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

しばらくぶりの配信になります。

 

ここ1週間は「犬の食の安全講座」の動画撮影を一気にやっていました。

 

今回の講座は動画だけで軽く7時間を超えていて
テキストも60ページを超えているので
かなりのボリュームでしたが
ようやく編集も終わり、来週には講座の募集を開始できる予定です。

 

さて、今日は少し間があきましたが前回のメールの続きで

 

「犬の手作り食で使用する食材の安全性について
 ネット上の情報をどうとらえるか?」

 

をテーマに話していきます。

 

世の中にはいろいろな食品にまつわる情報が交錯しています。

 

「●●は実は体に良くない食べ物なので避けた方がいい」

「××は体に良い物だから絶対食べた方がいい!」

 

などですね。

 

こういう情報を信じる、信じないは完全に個人の自由ですが
中には

「明らかに科学的根拠」

に乏しいものも混じっていたりするので注意が必要です。

 

例えば…。

 

「ビタミンCは体の酸化を防ぐのに良い栄養素だけれど、体に良いのは天然のビタミンCに限ります。

 化学合成したビタミンCと比べれば、断然質が良いのは天然の食材に含まれるビタミンCです!」

 

という文章を見たとき、

 

「へー、そうなんだ!だったら犬の手作り食でも天然の食材からビタミンCをしっかり摂取しなきゃ!」

 

と思った方!

 

それは情報をあまりに信じすぎです。

 

目にした情報をそのまま信じるのは、
場合によってはとても危険です。

 

どこが間違いなのか?は後日詳しく解説するとして
この手の健康情報は巷にごろごろ転がっています。

 

インターネットは便利なものですが、

 

●信頼に足る情報

 

●そうでない情報

 

のどちらも無造作にWeb上の大きな海を漂っていますし
検索エンジンが拾ってくる健康関連の情報は、残念ながら多くのケースで

 

「信頼に足るとはいいがたい情報」

 

が上位に表示されるケースがとても多いです。

 

犬の食事であれば、ドライフードのラベルの書かれている添加物が気になって、
その物質名で検索してみたら

 

「こんなに危険な添加物!」

 

「食べさせてはいけない!」

 

「この添加物が入っているドッグフードは粗悪品!」

 

といったネガティブ情報ばかりヒットしてしまい
その成分を含むフードを愛用していた自分は
かなり不安になり、落ち込んでしまった…という経験はないでしょうか?

 

実際には添加物も言われているほど危険ではないですし、

 

(むしろ必要に応じて使用しないと食中毒の危険が増したりもします)

 

手づくり食の飼い主さんが気になる

 

●農薬

 

●遺伝子組み換え作物

 

なども、必要以上に恐れるほどのものでもなかったりします。

 

インターネット上には有益で信頼にたる情報ももちろんたくさんありますが
それ以上に、

 

●科学的根拠に乏しい

 

●不安を煽るだけの

 

情報もたくさんあります。

 

 

なので、もし
今メールをお読みのあなたご自身がネット上にある情報を全部真実だと思ってしまっているとしたら
かなり危険です。

 

科学的根拠に乏しい健康情報を間違えて実践してしまうと
却って健康を損ねることになりかねないからです。

 

・その情報が信頼に足るか?

・間違っているのか?

・多少参考になる程度なのか?

 

こうしたことを、個人個人で見極める「目」を持つことが
大事だということですね。

 

今日の内容をまとめると:

————————————————————-

・インターネット上の健康情報は「すべて正しい」わけではない

・間違った健康情報を信じて実践してしまうと、
却って健康を損ねるケースもあるので注意が必要

————————————————————-

 

になります。

 

ネット上の情報を「鵜呑みにしない」ことの重要性はご理解いただけましたか?

 

それでは実際に

 

「インターネット上の有益な情報と、そうでない情報を見分けるにはどうしたらいいのか?」

 

について、次号のメールで引き続きお話ししていきます。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。