ラベルで読み解くペットフード(2)賞味期限と家庭で大切な衛生管理の話


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、ここからが今日の本題です。

 

「ペットフードについて、客観的に理解し、不安を無くすための基礎知識」

 

について、引き続き取り上げていきます。

 

●前回のメルマガ記事はこちら:
ペットフードのラベル表記を読み解く基礎知識(1)
https://www.officeguri.com/archives/6764

 

ペットフードには「ペットフード安全法」で定められた5つの表記事項があります。

【1】名称

【2】賞味期限

【3】原材料名

【4】原産国名

【5】事業者名及び住所

 

 

【1】名称については前回取り上げましたので、今回は

 

——————

【2】賞味期限

——————

 

について話していきますね。

 

これは至ってシンプルで、

「記載された年月日又は年月まで食べきってね」

になります。

 

ここで大切なのは、もちろん「ラベルに記載されている賞味期限を守って消費する」ということですが
同時に、

 

●家庭での、フード開封後の管理

●フードを与える際の食器の衛生管理

 

ということも大切である、ということをぜひ覚えておいてください。

 

安全な加工食品としてペットフードを製造し、賞味期限を提示して消費者に提供するのは
ペットフード製造メーカーの使命ですし、義務でもあります。

 

一方で、一旦安全な品質を保った状態で提供されたフードが家庭に渡った以後は
それを適切に管理し、犬に与えるのは飼い主さんの仕事になります。

 

フードの保管状態が悪いと、カビ、細菌などの微生物が発生する原因にもなりますし
こうした微生物そのものや微生物が生み出す毒素は、犬の健康に大きな影響を与えます。

 

数か月前に募集を行い、現在オンラインで受講生の方が学ばれている最中の

 

「犬の食の安全講座」

 

では、この微生物のこわさ、食中毒でマジで人が死ぬくらいの威力がある菌もあるので
食中毒舐めたら絶対だめですよ!という話をかなりしつこくしています。

 

更に余談ですが、食品添加物や保存料というのは世の中で非常に嫌われる傾向にありますが…。

 

これら添加物や保存料が、食品を

 

・カビ毒

・微生物による食中毒

 

等から守っているという大事な側面には
なかなかスポットが当たりにくいのが現状です。

 

食中毒や微生物による深刻な健康被害が食品を通して起こる確率がうんと低く抑えられている状態が
現代の日本では

 

「かなり当たり前」

 

になっているので、食品添加物や酸化防止剤の持つ、わずかな危険性が大げさにクローズアップされて叩かれる傾向があるのは、個人的にはどうなんだろう、と考えています。

 

食中毒により被る健康被害と、食品添加物や酸化防止剤を適正な使用範囲内で使うことによって
それらによるリスクを最小限に抑えながら、食中毒から身を守る。

 

要は両者のバランスを考え、よりメリットの多い方を選んだ方が
犬にも人間にも健康面で良いと思うのですが、今メルマガをお読みのあなた自身はどう考えますか?

 

話を「家庭でのフードの管理、給餌の際の食器などの衛生管理」に戻します。

 

—————————————-

基本中の基本ですが、

「犬に食事を与える際の食器は清潔に!」

が原則です。

—————————————-

 

フードの残りかす、それに水分は恰好な微生物のエサになります。

 

もし犬がフードを残した場合は、そのフードは速やかに処分し
フードボウルは綺麗に洗う。

 

その上で水きりをしっかりして、清潔に保つ。

 

あとは、食器の始末が終わったら
飼い主さんもしっかり石鹸などで手を洗うことも大切です。

 

手洗いというのは本当に侮れなくて、
多くの感染症予防に

 

「まずは手洗い!」

 

と、強く推奨されています。

 

手洗いの重要性と推奨される効果の高い手洗い法については
こちらの動画が参考になるので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

●米国疾病予防管理センター (CDC) 発手洗い教育ビデオ
https://youtu.be/fsZoZr9J__M

 

流水で、石鹸を用いて手洗い、が推奨されており
我が家でも家族全員、特に冬場は感染症予防のために、しつこいくらい手洗いをしっかりやっています。

 

飼い主さんがこうした「ちょっとした衛生管理を意識する」ことで
犬にとっても、飼い主さんにとっても、衛生的な生活環境がキープできる手助けになります。

 

いかがでしょうか?

 

フードの賞味期限は大切な情報ですが
そうした情報を意識しつつ、それを家庭で犬に与える際の

 

●衛生管理

 

も非常に大事だということはご理解いただけたでしょうか?

 

 

次号では「賞味期限」に関連してもう一つ大切なこと、

「フードの保存」

についてお話ししようと思います。

 

適切な保存がされていないと、たとえ賞味期限内でも
ペットフードが変質して、品質が悪くなることがあります。

 

そうしたフードを口にすることで
犬の健康を損なうケースがあるので注意が必要ですね。

 

これについて次号のメールでお話ししますので
ぜひ楽しみにしていてください。

 

本日は以上です。

 

●ペットフードの事について客観的に理解したいので
 次号も楽しみです!という方は、クリックで応援していただけると励みになります!
https://www.facebook.com/officeguri/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


ペットフードのラベル表記を読み解く基礎知識(1)


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日から何回かに分けて「ペットフードのラベルの読み方」について取り上げて行こうと思います。

 

このメルマガの読者の方は、比較的「手作り食実践中」の方が多いのですが

 

「100%手づくりでも、病院に検査入院の時などはフード利用です」

「ペットホテルに預けるときはフードですね」

 

と、普段完全手作りの方でもフードを利用する機会は決してゼロではありません。

 

 

また、手作り食実践中の方でも

「まだ手づくり食に自信が無いので、手作りとフードを併用しています」

という方もたくさんいっしゃいます。

 

そんなわけで、「犬」とは切っても切り離せないペットフードは
私たちが食事を考える際、「米」というものを切り離せないのと同じ位、身近な食品です。

 

そんな「ペットフード」について、もっと知りたい、情報が欲しい、特に

「安全」

について判断するための役立つ知識を知りたい、というご要望が非常に多かったので
メルマガ上でも取り上げていくことにしました。

 

フードを利用する多くの飼い主さんが、ご自身の愛犬の食事を考える際、
判断材料の一つとして頂ければと思います。

 

まず、今日は基本中の基本、の話をしますね。

 

———————————————————-

●基本:ペットフードに記載すべき表示は「5つ」!

———————————————————-

 

ペットフードの安全性を確保するために

「ペットフード安全法」

という法律がありますが、ご存知でしょうか?

 

その法律で、ペットフードの表記ルールを定めています。

 

このルールを知ることが、ペットフードについての情報を読み解き、
ご自身でフードの安全性などについて評価を下すための知識となりますので
ぜひ、順を追ってまずは基礎から理解していってくださいね。

 

【1】名称

 

最初は、「名称」

 

いわゆる「商品名」です。

 

「はあ?商品名なんて書くのが当たり前でしょう!?」

 

と突っ込みたくなった方もいるかもしれませんが
この表示義務の意図は

 

「犬用」「猫用」

 

など、どの動物のためのペットフードなのか?を明確にすることです。

 

「犬用」のフードを猫に与えたり、逆に「猫用」のフードを犬に与えたりすると
長期で見た場合、色々と健康上問題が起きるケースもあります。

 

これは犬と猫とでは、必須アミノ酸が異なることや、
添加物によっては犬は大丈夫でも、猫には有害となる可能性の高い物など
動物種によって、違いがあるからです。

 

(これは添加物が体に悪い、という話ではなく
犬と猫では代謝の仕組みが違うので、犬は問題なく代謝できる食品添加物でも
猫はそれを代謝できないため、影響が出る、ということです。

 

ここのところはしっかり区別して理解しておくことが重要です。

 

ユーカリの葉は毒を含むので多くの昆虫や動物は食べませんが、
コアラはこの毒素を腸内細菌の力を借りることで無毒化しています。

 

そしてユーカリの葉を主食に生きています。

 

人はチョコレートを食べても平気ですが、犬はチョコレートに含まれるテオブロミンの代謝が遅いので
まとまった量を誤食すると中毒症状が出るケースがあります。

 

動物によって、どのような物質を身体が受け入れ可能か?は異なるということですね)

 

犬は大丈夫でも、猫にはNGな食品添加物もあります。

 

なので、犬用のフードを誤って猫に与えると、猫にNGな食品添加物が犬用のフードには含まれている場合もあるので、

 

「ちゃんと消費者には犬用か、猫用かわかるように表示してね」

 

というのがルールになっている次第です。

 

こういう「商品名」ひとつとっても、ちゃんと考えられてルールが決まっている、ということですね。

 

ちなみに、他の記載すべき表示には

【2】賞味期限

【3】原材料名

【4】原産国名

【5】事業者名及び住所

が、あります。

 

これについては、次号のメルマガで引き続き解説していきますので
ぜひ楽しみにしていてください。

 

本日は以上です。

 

●ペットフードの事について客観的に理解したいので
 次号も楽しみです!という方は、クリックで応援していただけると励みになります!
https://www.facebook.com/officeguri/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


安全なペットフードをどう選ぶか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は早速本題です。

 

何故、「ペットの食の安全を守る法律」を知ることが
皆さんの愛犬の健康を守る上で役立つのか?について今日は書きますね。

 

まず、ざっと法律で「ペットフードの安全」がどう守られているのか?について
書いていきます。

 

最も消費者にとって身近で重要な項目は
以下になりますので、ここに焦点を当てて解説していきますね。

———————————————–

●ペットフードには基準・規格が設定されている

———————————————–

 

国はペットフードの製造方法、表示の基準、成分の規格を定めています。

そしてその基準・規格に合わないペットフードの

製造、輸入、販売は禁止されています。

 

ここから何が見えてくるか?というと
原則、

 

「犬の健康を害するような品質のペットフードは市場に出回りませんよ」

 

ということです。

 

また添加物についても、法律を知っていれば

 

・飼料添加物(食肉用の牛や豚などの畜産動物の飼料に使われる添加物)

・人間向けの食品添加物

 

の使用が主で、安全性については試験を受け、使用量なども厳密に定められているものが
使用されていることがわかります。

 

また、使用されている添加物は「すべて記載」がルールということも
法律を知っていればわかります。

 

そういう視点で現在、愛用中のペットフードのラベルを見てみてください。

 

私自身も実際、ネットで公開されているペットフードの成分表を
メーカーごとに

 

・ドライフード
・ウエットフード
・セミモイストフード

 

など30種類以上、広範囲で調べましたが、

 

・食中毒を防ぐ目的で使用される保存料はせいぜい1種類

・フード内に含まれる油脂の酸化を防ぐ目的で使用される酸化防止剤が2種類程度

 

と、保存目的で添加される食品添加物が数種類程度。

 

あとは、加熱によって失われる

・ビタミン類

や、

・食材によって栄養のばらつきがあるのでそれを調整する意味で添加するミネラル類

などが入っています。

 

個人的には結構種類が少ないな、と感じました。

 

消費者側も「添加物が多いのはちょっと…」と敬遠する傾向にありますので
メーカーも最低限の添加物で、ペットフードの安全性を高める努力をしているなあ、というのが
ラベルを調査してみて、私自身が感じたことです。

 

一般的には

「保存料」

「酸化防止剤」

が結構嫌われているように感じます。

 

でも、これらはドライフードが開封後、消費されるまで一定期間時間がかかるという性質上、
ある程度仕方がないことです。

 

もし、保存料を加えなければドライフードとはいえ、雑菌が繁殖し
そのせいでフードがすぐに傷んでしまいます。

 

酸化防止剤を添加しなければ、フードに含まれる「油脂」が酸化し風味が落ちます。

 

また、酸化した油脂を摂取することは
犬の健康上、望ましくありません。

 

そのため、ある程度日持ちをさせながら酸化も防ぐ意味で
酸化防止剤が使われます。

 

もし、そういう添加物がどうしてもいやだ、という場合は
殺菌後、空気に触れないよう密封した状態で売られている
パウチ(レトルトパックのような容器)に入っているタイプのペットフードを選択すればいいのです。

 

ペットフードのラベルには、

●食品添加物

を使用したものは全部記載、がルールですから
パウチタイプの製品で、

・保存料

・酸化防止剤

を使用していない製品を選べばOK。

 

●法律によるラベル記載のルールを知り

●そのラベルの読み方を知る

 

たったそれだけで、犬のために安心できるペットフードの選び方は
自分で決められるようになるのです。

 

別に難しい話ではありません。

 

法律の基礎を少しだけ勉強し、
ラベルの読み方のルールの基礎を勉強する。

 

それだけで、今メールをお読みのあなたご自身が
愛犬のために、自分自身で納得できるペットフードを選んであげることができるようになります。

 

ちょっとここで考えてみてほしいのですが…。

 

愛犬が口にする食品の「選択」という大切なことを

 

●何となく食品添加物は怖い

●以前、リコール問題などもあってペットフードには漠然とした不安を持っている

 

という、心理的な恐怖感や「何となくこっちの方が安全かなあ」という
ムードだけで決めたいと思いますか?

 

それとも、

 

●法律やペットフードのラベルの読み方など、
 自分自身の確かな目で犬が口にする食品を選ぶための基礎知識

 

を身に着けて、自信を持って冷静に判断したいですか?

 

どちらがよさそうか、ぜひ今日は時間を取って少しだけ考えてみてくださいね。

本日は以上です。

*次号では、「手作り食」を実践中の方向けの「食の安全」の考え方をお話する予定です。

Office Guri
諸橋直子

(終)


ぐりニコ動画Youtubeチャンネル:チャンネル登録していただくと最新動画を見逃しません!
↓   ↓

 

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー配信中:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。