無添加とそうでないペットフード、あなたはどちらを選びますか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回のメルマガ記事ですが
反響が結構ありまして、

 

自然が案外やさしくないって、どういうことなんだろう!?

 

と注目された方がかなり多かったようです。

●自然は案外優しくない。犬に身近な中毒植物リストはもう入手されましたか?
https://www.officeguri.com/archives/6970

 

自然=やさしい、ナチュラル

 

というイメージをお持ちの方は多いですが
実際には自然はかなり厳しく怖い側面を持っています。

 

その一例として

 

「植物は結構毒を持っていますし、案外身近な植物でも
犬が誤って口にすると、中毒になるようなものもありますよ」

 

という話をしました。

 

今日はそこからさらに一歩踏み込んで

 

自然であれば、やさしい。なので保存料などの”化学物質”を食品に使うのは危ない!

 

という考え方は本当に正しいのか?という話をしていきます。

 

 

人間の食品の世界でも、ペットフードの世界でも

 

「保存料不使用」

 

「無添加」

 

という製品は人気があります。

 

一方で、保存料を使用した製品は「体に良くないのでは?」といったイメージで見られる事が多いです。

 

特にペットフードについては

 

添加物を使用したペットフードは危険!

 

というような情報もかなり出回っています。

 

ところで、この

 

添加物を使用したペットフードは危険!

だから無添加であれば、安心

 

というのは、本当に正しいのでしょうか?

 

これについて、皆さんと一緒に今日は考えて行こうと思います。

 

—————————————————

●添加物を使用しないことで発生する
「デメリット」について考えたことはありますか?

—————————————————

 

我が家は基本的に普段、手作り食を犬に食べさせています。

 

でも、時々泊りがけで出かける用事がある、という場合
実家に犬たち(ラブラドール2匹:ぐりとニコ)を預かってもらう場合があります。

 

こういう場合は預け先である実家に負担をかけないよう
ドライフードを購入して持参しますが
もし、目の前に

 

【A】無添加、保存料、防かび剤、酸化防止剤不使用のフード

 

【B】保存料、防かび剤、酸化防止剤【使用】のフード

 

があるとしたら、私は迷わず

 

【B】保存料、防かび剤、酸化防止剤【使用】のフード

 

を選びます。

 

「ええええええ!ちょっと待ってください!
犬の健康を考えたら、無添加を選ぶのが普通じゃないですか???

 

添加物を使用したフードを選ぶなんて、犬の健康情報を発信する人として
間違っていませんか!?」

 

はい、犬の健康を考えればこそ、私の場合は

 

「犬を預かってもらう=食事の管理を他者に委ねる」

 

という状況であればこそ、

 

【B】保存料、防かび剤、酸化防止剤【使用】のフード

 

を選びます。

 

理由は、

 

—————————————————

●私たちの生活環境は、『無菌』ではない

—————————————————

 

からです。

 

試しに、自宅で卵焼きを作りお皿に乗せて
3日間室温でおいてみてください。

 

3日経過した後の卵焼きを、あなたは食べたいと思いますか?

 

普通は、食べたくないと思います。

 

これは私たちが経験的に

 

日数が経った食品は劣化して、食べると食中毒を起こす

 

ということを知っているからです。

 

ではどうして、時間が経つと食品は劣化するのでしょうか?

 

理由は私たちの生活空間は決して『無菌』ではないからです。

 

目に見えないだけで、どんなに掃除をしても
空気中にはカビ、ウィルスなどの微生物の仲間がたくさんいます。

 

私たちの皮膚には常在菌がいますから
どんなにきれいに手洗いをしても、
手で食器を触ればそれらの菌はお皿にうつります。

 

食べものは出来たてを食べる分には問題ありませんが
もしそのまま常温で放置すれば、
空気中や食器についているカビやウィルスがくっつき
食べ物の表面や内部で増え始めます。

 

また、空気に触れること自体、その瞬間から「酸化」が始まります。

 

だから、家で調理したものは漬物などの保存食でない限り
通常は数日のうちに食べきると思います。

 

長く保存したい場合は、冷蔵庫に入れる、または冷凍保存をしますよね。

 

これは、何はさておき

 

食べ物は常に現在進行形で劣化している

 

という事実を私たちが経験的に知っているからです。

 

では、これを

 

「ペットフード」

 

の場合で考えてみるとどうなるでしょうか?

 

 

ここを良く考えていただくと、先ほど私が

 

>犬の健康を考えればこそ、私の場合は

>「犬を預かってもらう=食事の管理を他者に委ねる」

>という状況であればこそ、

>【B】保存料、防かび剤、酸化防止剤【使用】のフード

>を選びます。

 

 

と言い切った理由が、ご理解いただけるかと思います。

 

これについて、詳しい話をさらに次号のメルマガで引き続きお話ししていきます。

 

理由を知りたい方、何故

 

「保存料、防かび剤、酸化防止剤」

 

を使用したフードを選択することが
この場合、犬の健康を守ることにつながるのか?を
客観的に考えてみたい方は、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


ペットフードの添加物が気になる、という方へ(3)保存料や着色料は嫌いですか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回のメールは

 

「ペットフードの安全情報は色々公開されているので
 飼い主側でもそういう情報を普段からチェックしておくことが大事では?」

 

という話をしました。

———————————————————

●「犬の食の安全シリーズ」のバックナンバーはこちらにまとめてあります:

●ペットフードの添加物が気になる、という方へ(1)
https://www.officeguri.com/archives/6632

 

●ペットフードの添加物が気になる、という方へ(2)
フードの安全情報を自分自身で調べることができますか?
https://www.officeguri.com/archives/6634

———————————————————

 

今日は、ペットフードの保存料が気になる…という事について
どう考えればいいか?を話していきます。

 

ペットフードで使用した添加物はラベルにすべて記載するのがルールであることは
このシリーズの第1回目でお話ししました。

 

添加物は、使用目的と使用した添加物の名前を記載するのが決まりです。

 

例えば:

●保存料(ソルビン酸カリウム)

という感じですね。

 

ソルビン酸カリウムについて調べると、食品内の菌の増殖を抑制する「抗菌力」がある物質で
食中毒を防ぐ目的で添加されていることが分かると思います。

 

ここで大事なのは、食品は「無菌とは限らない」ということですね。

もちろん、限りなく無菌に近い状態で出荷されている食品もあります。

 

例を挙げると、長く日持ちのするパンやお菓子がスーパーには普通に並んでいます。

 

あれは材料を加工する段階で厳しい殺菌処理を行い
なおかつ、できるだけ機械化をして、人が食品に触れる機会を極力減らし
食品内に雑菌が残らないよう、ものすごい配慮をした結果実現できている側面があります。

 

でも、このことはあまり知られていません。

 

それどころか、「常温であれだけ日持ちするのはおかしい!」と
危険な添加物を大量に使っているのでは?と疑われたり
そうしたデマが流れたことに対し、食品会社が正式に、こういう理由で殺菌処理を徹底的にしているので
日持ちするんですよ、と回答してイメージ回復をはかる場合もあります。

 

一方で、すべての食品がそういう処理をされているわけではありません。

 

菌の種類によっては

 

・熱に弱い物

・酸に弱い物

・アルカリに弱い物

・空気がないと増殖できないもの

 

などいろいろあります。

 

熱に弱い菌なら、じゃあ加熱すればいい!となりますが
それだと生鮮食品は生のままで出荷できませんし
中には高熱で殺菌しないと死なない菌もいます。

 

高熱で殺菌するのはいいですか、その熱だと壊れてしまう栄養素も存在するケースがあり
なかなか一筋縄ではいかないのが現状です。

 

また、加工してすぐに食べるものであればいいですが
ペットフードで特にドライフードは、開封してから3日で食べきる、
というタイプの食品ではありません。

 

日持ちする、というのがドライフードの場合はメリットですし
そのメリットを享受しながら、栄養素も壊さないよう、なおかつ雑菌の繁殖も防いで…となると
なかなか難しいのが現状です。

 

ではどうするのか?

 

食品添加物は、確かに手放しで体に良い!というものではありません。

 

大量に摂取すれば、健康に影響があるケースも出て来る物質を含みます。

 

だからこそ、安全性をテストし、このくらいの量であれば健康に影響を与えず
なおかつ食品の安全を守るのに十分効果がある、という量を慎重に決めて、使っているのです。

 

もっと言うと、「食品添加物」がそもそも、何故添加されているか?を考えてみてください。

 

よく、食品添加物に対しては

「不要な物を食品に加えてけしからん!」

という感情的な批判も見受けられますが、本当にそうでしょうか?

 

厳しい言い方をすれば、

 

「そのような批判をしているということは、
菌の繁殖を抑えるために添加される添加物を全く添加しない代わりに
それでは食中毒のリスクを受け入れる覚悟があるんですよね?」

 

ということになります。

 

ペットフードは加工食品です。

 

加工食品は、工場で作られてからお店に並ぶまで日数がかかります。

 

また、販売店で消費者に購入され、実際にペットの口に入るまでも日数がかかります。

 

そうやって日数がかかってもドライフードの場合、腐ることはありません。

 

自宅で開封後も、日持ちがするのでとても便利です。

 

こういう便利さの一端を担っているのが食品添加物の「保存料」だという事実も、
添加物を考える上では、ぜひ一度立ち止まって見て考えてみてほしいのです。

 

賢い飼い主さんであれば、

 

「保存料を大量摂取することによるデメリット」

 

「保存料を食品に加えることによって得られる安全上のメリット」

 

の両方を比べて、自分にとっては、愛犬にとってはどちらがより良い選択になるか?を
冷静に考えられると思います。

 

「少量でも、食品添加物は抵抗があるなあ。安全性が確認されているとはいえ。
なので我が家は手作り食を始めてみよう」

 

という選択もありですし

 

「ペットフードが手軽で便利だからこそ、忙しい生活の中で犬の食事を簡単に済ますことができて
自分のライフスタイルには合っているし、犬の健康上の問題も今のところない。

 

だったら添加物については、気にしすぎない程度にして、食事はこのままで
でも添加物の安全性の情報については、常に自分でもチェックするようにしよう」

 

という選択もありです。

 

犬の食の安全に100%の正解、模範解答はありません。

 

私自身もよく「○○は安全ですか?」と「イエス・ノー」での回答を求められることが
以前はありました。

 

相手の方からすると

「専門家が大丈夫と言えば、きっと大丈夫!」

という気持ちで、お墨付き的なものが欲しかったのだと思います。

 

残念ですが、私自身はその食品や添加物について

「できるだけ客観的で正しい情報」

は提供できますが、

「最終的にどうするか?の選択と判断」

は飼い主さん以外、できません。

 

何故なら、飼い主さん、犬、ライフスタイルも食生活も様々だからです。

 

いくら世の中的に良い、とされるスタンダードな食生活があったとしても
その人、犬に合っていない、
無理がある、
日常生活で継続不可能、というような内容では、意味がないのです。

 

それよりも…。

 

「犬の食の安全について、どういう情報を知っていればいい?」

 

「何か調べたい時、どこに行ってどういうデータを見ればいいんだろう?」

 

こういう基本的なことを「情報」として知っているかどうか?がものすごく大事だと私は思いますが
みなさんであればどう考えるでしょうか?

 

ぜひ考えてみてくださいね。

本日は以上です。

●今日のメルマガが役に立った!興味深かった!という場合は
 応援クリックをしていただけると励みになります:
https://www.facebook.com/officeguri/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


ペットフードの添加物が気になる、という方へ(1)


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回のメールで

「犬の食の安全講座」

を作成中ですと予告をしました。

 

そして、普段メルマガ読者の皆さんが「犬の食」について疑問に感じていること、
不安に思う事をメールしてください、と書いたところ
たくさんの方がメールを送ってくださいました。

 

今日はその中から1通をご紹介させていただきますね。

————————————————————–

こんにちは。
病気がちの先住犬のために
諸橋さんのメルマガを拝読させていただくようになりました。

先住犬はこの5月天国へ行ってしまいましたが、
もう一匹もシニアなので食には気をつけてあげたいです。

ドッグフードはカリカリで、食材を厳選していますというものを選ぶようにしています。
半生タイプの方を好みますが、やはり保存料が心配です。

おやつ、ご褒美も必ず材料を見て添加物なし、
なるべく干しただけのものを選びます。

表示を信じて選びますが、添加物を信じていいのかいつも迷います。

人も100%添加物なしは難しいですが小さい体なのでどうしても気になります。

(チャユさん)

————————————————————–

チャユさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

 

ペットフードの添加物は、多くの方が気にされているので
メルマガ上で可能な範囲で回答していきますね。

 

ペットフードについては多くの方が

「何となく不安…」

という風に、漠然とした不信感を抱えていらっしゃるケースも多いです。

 

と、いうのは2007年に

 

●ペットフードのメラミン添加による原材料の偽装事件
https://www.pref.aichi.jp/eiseiken/3f/melamine.html

 

という、ペットフードへの違法なメラミン添加により
犬猫がアメリカで大量に死亡する、という事件が起きているからです。

 

この事件からかれこれ10年経っていますが、
この事件のインパクトは非常に大きく、

 

「ペットフードって大丈夫なの…?」

 

と10年前の印象を何となく今も持ったまま、という方も実際多いです。

 

ただ、国もこの事態を重く受け止め、対策も行ってきました。

 

実際に、この事件がきかっけとなり

●ペットフード安全法(愛がん動物?飼料の安全性の確保に関する法律)

という法律ができました。

 

ちなみに、こうした私たちの家族である犬にとって関連が深い法律を
一般の人たちが理解しやすいように、と
内容をまとめたものが公開されていますし
これらの情報は誰もがインターネットを使って無料で読むことができます。

 

なので、ペットフードについて不安を感じている場合は
まずこうした資料を読んでみて、

 

「どういう法律で、犬が口にするフード類は守られているんだろう?」

 

という概要だけでも理解しておくのがお勧めです。

 

もし、チャユさんがご興味があれば
こちらの資料を読んでみてくださいね。

●ペットフードの安全確保のために:
愛がん動物?飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)の概要等(農林産省HP)
https://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/petfood/attach/pdf/pf2015-2.pdf

 

この資料の中にもありますが
ペットフードについては、

 

—————————————-

原材料名

「原材料(名)」と記載した上で、原則として使用した原材料(添加物を含む)を全て記載。

※添加物の表示に注意!
甘味料、着色料、保存料、増粘安定剤、酸化防帽子剤、発色剤として
使用される添加物は、添加物名と用途名の両方の記載が必要です。

—————————————-

 

という風に書かれています。

 

つまり、添加物を使用したらラベルに記載する、というのがルールですから
チャユさんが気になる「保存料」についても
例えば、

 

●保存料(ソルビン酸カリウム)

 

というような記載があるはずです。

 

じゃあこの保存料はどういうものか?というのを調べてみると
ネットで調べると、検索の1ページ目には怖い情報しか出てこないので、
客観的に添加物について知るのに、おすすめの本を1冊ご紹介しておきますね。

●食品添加物キャラクター図鑑 気になるあの成分のホントがよくわかる!

 

この本を見ると「ソルビン酸カリウム」は「抗菌剤」として使用されることが分かります。

 

特に好気性菌と呼ばれる空気を好んで繁殖する菌を抑制するのに効果があるため
食中毒防止の目的で、人間の食品にもよく使用されています。

 

…と、ここまで書きましたが
正直、これだけの情報だと

 

「で、結局食品添加物の安全性については、どう考えたらいいの?」

 

というモヤモヤ感が晴れないと思います。

 

じゃあどうしたらいいか?ですが
今日は長くなったので
これについては次号のメールでも引き続きお話ししていこうと思います。

 

楽しみにしていてください。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。