アロマセラピー基礎知識

犬のための精油の選び方ガイド | 犬のアロマセラピー基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「犬のアロマセラピーを始めてみたいけれど、犬用のアロマ精油はどう選べばいいの?どこで買える?」そんな初心者の疑問にこの記事では回答していきます。

安全な精油の選び方

初心者の方はアロマセラピー専門店での精油購入がおすすめです。

アロマセラピーに用いる精油は100%植物由来であることが原則です。香りが似たフレグランスオイル、アロマオイルという製品名で売られているが中身は精油ではない製品などもあるため注意が必要です。

アロマセラピーの効果を得たい場合は、必ず100%植物から抽出された精油を用いる必要があります。詳しくは下記の記事も合わせて参考にしてください。

「AEAJ表示基準適合認定精油」ブランドリストを参考にしてみよう

精油を販売する販売店、メーカーは数多く存在します。そうした中でどのブランドを選べばいいのか悩む方が多いです。

AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)は内閣府に公益認定されたアロマテラピー関連で唯一の公益法人です。日本国内で最も会員数が多く、アロマ関連の資格認定を行っている団体ですが、このAEAJが「AEAJ表示基準適合認定精油」を定めています。

AEAJ表示基準適合認定精油」ブランドリストが公開されています。
参考にしてください。
https://www.aromakankyo.or.jp/aeaj/activity/oilguide/

おすすめブランド「生活の木」

AEAJ表示基準適合認定精油」の中でも筆者自身が利用し、安心しておすすめできるブランドをご紹介します。

生活の木:
https://www.treeoflife.co.jp/products/essentialoil.html

生活の木は全国に支店も多く、ネット販売サービスも充実しています。アロマセラピー専門店なので、マッサージオイルや容器類の品揃えも充実しています。

犬に使用する精油は「オーガニック」「無農薬」を選んだ方が良い?

「犬専用の精油は売られていないのですか?」

「犬にはやはりオーガニックや無農薬の精油の方が良いのでしょうか?」

こうした質問も初心者の方から多く寄せられますが、犬専用の精油、というものは基本的に存在しません。

精油も無農薬、オーガニックをうたう製品が多く販売されていますが、犬に使用する場合には必ずこれらの精油を使用しなければならない、ということはありません。

無農薬やオーガニックの精油でなくても、人、犬ともに使用には問題ありません。

犬のアロマセラピー初心者は、まず「ラベンダー」

ラベンダーは作用が穏やかで香りも甘く、親しみやすいためアロマセラピー入門向けの精油です。

ラベンダー精油が1本あれば、部屋の中に拡散させて香りを楽しむ「芳香浴」、犬のブラッシングスプレーを手作りする、洗面器に精油を垂らして犬の足をつける「足浴」など、幅広く楽しめます。

犬におすすめ、普段使いのアロマ精油13種

  • ラベンダー
  • ローズ
  • カモミール・ローマン
  • ゼラニウム
  • クラリセージ
  • スイート・マジョラム
  • ティーツリー
  • ジンジャー
  • シトロネラ
  • レモン・ユーカリ
  • オレンジ
  • レモン
  • ユーカリ・ラディアータ

各アロマ精油の詳細は下記からご覧いただけます。参考にしてください。

犬におすすめアロマ精油:リスト記事
https://www.officeguri.com/category/aromatherapy-for-dogs/essential-oil/

犬に使用できない精油についても、アロマセラピーを行う前には必ず把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のアロマセラピー&マッサージを学ぶ無料電子書籍

植物の香り成分を抽出し、香りを嗅ぐことでリラックスや血行促進、鎮静、ストレスケアに活かせるアロマセラピーは、犬にとっても良いものです。

そのアロマセラピーにマッサージを組み合わせることで、犬の健康管理に行かせるのが『ドッグアロマセラピー』です。

 



そんなドッグアロマセラピーをまずは無料で学んでみませんか?

初心者向け『ドッグアロママッサージを学ぶ電子書籍』を無料配布中です。

ドッグアロマテキストを無料で請求!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。