犬の薬膳

薬膳とは | 犬の手作りごはん薬膳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうせ手作りごはんを作るなら、体に良いメニューで作ってあげたい

犬にも薬膳を食べさせることができると聞いたけど本当?

こうした「犬の薬膳」「なんだか体に良さそうな手作りご飯」に興味のある飼い主さん向けに「薬膳の基本」についてこの記事では解説していきます。

そもそも「薬膳」って何?

薬膳は「中国古典医学=中医学」における「食餌療法」です。

薬膳では食物にはそれぞれ「薬効」があると考えています。その薬効は漢方薬の材料になる「生薬」や、私たちが普段口にする日常的な「食材」といったありとあらゆるものにある、と捉えられています。

この食物の「薬効」を犬の個別の状態に合わせて用い健康維持、健康増進、病気の治療、予防、回復を目指すのが「薬膳」です。

食材を用いる際の指標:

  • 犬の年齢
  • 体質
  • 体調
  • 生活環境

薬膳は「予防」が中心

薬膳の基本的な考え方は「病気予防のための食事」です。

古代中国では皇帝専属の「食医」という役職が存在していました。これは食事による健康管理を徹底し、病気を未然に防ぐためのポジションです。

周礼(しゅうらい)という前漢末期〜戦国時代末期に成立したとされる書物に4つの医師の種類の記載があります。

  • 食医
  • 疾医(内科医)
  • 瘍医(外科医)
  • 獣医

4つの医師の中で「食医」が最もくらいが高かったことから、中国古典医学では「食事が体に与える影響」を重視し、それを「病気の予防」「健康長寿」の目的で研究・実践していたことが伺えます。

犬に薬膳手作りごはんを取り入れる際もこの「病気の予防」「健康長寿」が基本の考え方となります。

「治未病」

未病」とはまだ病名がつかない、発症する前の段階の体調不良の状態を指します。健康と病気の間のグレーゾーンのイメージです。

未病ははっきり病名はつかないが、健康でもない状態。

病院に行ってもはっきりした病名はつかず「様子を見ましょう」と言われ治療対象にならないような状態ですね。

動物病院でこう言われた場合、飼い主としては非常に不安になりますが、薬膳ではこうした「グレーゾーン=未病」の状態のうちにしっかり対応する、というのが基本です。

未病」にはもう一つ意味があり、もし病気になった時は「早期治療」を行うことを指します。病気の悪化を防ぎ、回復を図る際にも食事は大切な役割を担います。

犬の薬膳メニュー、どう組み立てる?

薬膳メニューの組み立て方はいろいろな方法がありますが、犬の薬膳手作りごはん初心者の方は、以下の基本的な考え方を参考にするのがおすすめです。

季節に合わせる

薬膳では季節を「五季」にわけて考えます。

  • 春:代謝UPの季節。酸味で「」を整え、甘味で「」を養う
  • 夏:汗をよくかき心機能が活発に。体の火照りを冷ます「寒性」食材
  • 長夏:胃腸の健康を損ないやすい季節。気を巡らせ、水分代謝を促す食材
  • 秋:乾燥による呼吸器が影響を受ける。「」を潤し乾燥を防ぐ食材
  • 冬:腎が活発になる季節。体を温め、エネルギーを蓄える食材

季節に合わせた薬膳については別記事「季節に合わせた薬膳に詳しく書きました。参考にしてください。

五臓の働きを良くする食材を選ぶ

中医学では体の内臓と機能を「五臓」という概念で表します。

  • 肝:肝臓及び肝機能。造血作用、精神安定
  • 心:心臓及び心機能。集中力、精神活動
  • 脾:消化器及び消火機能。食物を消化・吸収しエネルギーに変える
  • 肺:呼吸器及び呼吸機能。全身にエネルギーを送る。皮膚と被毛を潤す
  • 腎:腎臓及び腎機能。生命維持・成長・生殖エネルギーの貯蔵

中医学で言うところの「五臓」は現代医学での臓器の機能よりも、もう少し幅広い機能と概念で捉えられています。

五臓については「五臓の働きを助ける薬膳食材 | 犬の手作り薬膳ごはん」という記事で詳しく解説しています。併せて参考にしてください。

また「脾」は「脾臓」ではなく、胃腸などの消化器全般を指します。この違いは初心者の方が良くわからず、つまずくポイントなので注意してください。

薬膳では「食材」にはそれぞれ「薬効」があり、さらにその薬効が「体のどの部位に効くか」を定義しています。

この薬効が働きかける先を「帰経(きけい)」と呼びます。

例えば、犬の手作りごはんに多用される「鶏肉」の帰経は「脾・胃」です。これは鶏肉の持つ「」と言う薬効が消化器に働きかけることを表します。

体の臓器を特に手当てしたいのか?によって食材を使い分ける際にその「臓器」にあった食材を選ぶことがポイントです。

体質に合わせる

  • 気虚(ききょ):臓器の機能低下
  • 気滞(きたい):代謝機能の滞り
  • 血虚(けっきょ):血液の量と質の不足
  • 瘀血(おけつ):血行不良
  • 陽虚(ようきょ):臓器機能の衰退
  • 陰虚(いんきょ):体液の不足
  • 水毒(すいどく):水分の代謝異常
  • 陽熱(ようねつ):臓腑機能の亢進

犬の体質を8つに分類し、それに合わせた食材を選ぶ方法です。

薬膳は「犬の体に状態」に合わせるのが基本

薬膳というと、特別な漢方薬や食材を使った料理と誤解されがちですが「体に合わせた食材選び」が基本です。

大切なのは特殊な食材を使うのではなく、身近な食材をいかに犬の状態に合わせ選び、活用するか?です。

薬膳は「普段の食生活こそが、病気予防と健康増進の基本」と考えます。そのため、普段使いの食材を使って普段のご飯から健康を管理するのが薬膳の本質です。

ぜひ身近な食材を使って、犬の体に合わせた薬膳手作りごはんを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の健康を学ぶ無料メルマガ配信中!

この記事はメールマガジン「ぐり通信」のバックナンバーです。最新号をご希望の方は今すぐメールアドレスをご登録ください。

犬の手作りごはん、東洋医学、薬膳、ツボマッサージ、アロマセラピーなど、家庭で犬の健康を守る取り組みの最新情報をお届けします。

ご購読は無料です。


メルマガを購読する!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。