肉類

豚肉 | 犬の手作りごはん薬膳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬膳では「」を養い精力を高める食材とされています。病後の回復期、虚弱体質の改善に。

疲労回復、便秘、肌の乾燥に豚肉

  • 五味:甘
  • 五性:平
  • 帰経:脾・肺・腎
  • 効能:体に潤いを与える・気を補う・血を補う・腎を補う
  • 適応:空咳・便秘解消・体力回復

豚肉には様々な部位があります。部位によって薬効が変わるとされています。

豚足:
母乳不足・皮膚の乾燥・美肌・産後の回復

豚のレバー:
視力低下・むくみ・貧血

レバーを与える際の注意点については下記の記事も参考にしてください。

豚豆(豚の腎臓):
腰痛・むくみ・体力回復・産後の回復

豚肉の栄養価

良質のタンパク質を含み、ビタミンB1が豊富です。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える際、欠かせないビタミンです。ビタミンB1が不足すると糖質をエネルギーに変えることができず、だるさ、疲労感などの症状が出ます。

乾燥肌、病後の回復期に「山芋」と一緒に。

豚肉と山芋を一緒に炒めることで、気を補い血を増やす、滋養強壮メニューになります。

シニア期に入って肌の乾燥が気になる犬にもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の健康を学ぶ無料メルマガ配信中!

この記事はメールマガジン「ぐり通信」のバックナンバーです。最新号をご希望の方は今すぐメールアドレスをご登録ください。

犬の手作りごはん、東洋医学、薬膳、ツボマッサージ、アロマセラピーなど、家庭で犬の健康を守る取り組みの最新情報をお届けします。

ご購読は無料です。


メルマガを購読する!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。