犬の東洋医学:同じ風邪なんてひとつもない


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

風邪が流行る季節ですね。

 

私はドラッグストアを大した用もないのに巡回するのが好きなのですが

 

(犬が毎日同じコースを巡回するようなものです。毎日変化がないか、とかちょっとした変化を見つけると嬉しいとか、そういう感じですね)

 

今時期は『風邪特集!!』と言わんばかりに風邪コーナーが充実しています。

 

最近は、その「風邪コーナー」の中に漢方薬も混じっています。

 

で、これが結構「種類が多い」んですね。

 

実は、「風邪」ひとつとっても東洋医学では

 

「症状や体の状態に合わせて処方する」

 

という特徴があります。

 

これを

 

——————

「証(しょう)」を診る

——————

 

と言います。

 

これこそが東洋医学の最大の特徴であり、東洋医学を犬の健康管理に活用する、最大のメリットでもあるので今日はその話をしていきますね。

 

(少し長いです)

 

東洋医学を学び始めたばかりの人が

 

「む、難しい…」

 

とつまずきがちなポイントのひとつにこの「証」があります。

 

理解してしまえば別段難しくないですし、より、一人ひとりの身体の「状態」に合わせた対応をしよう!というための考えなのである意味親切でもあります。

 

今回のテーマである「風邪」一つとっても

 

「私の風邪は喉から」

 

「私は鼻から」

 

と、某風邪薬の有名なCMにあるように、実は一人ひとり、症状を感じ始める場所も違えば、感じる強さの度合いも違います。

 

熱、と一言で言っても

 

・微熱

 

もあれば、

 

・38℃超えの高熱

 

もあるでしょう?という話。

 

後は同じ風邪でも

 

・寒気を強く感じる

 

という人もいれば、

 

・高熱で汗ばんでしまう

 

という人もいる。

 

言われてみると「はーん」ですが、でも私たちは普段、風邪一つとっても、ものすごくざっくりとした「風邪」というイメージでとらえてしまいがちではないでしょうか。

 

私の風邪は、熱は高く出ないけど寒気がゾクゾクとして長引きますが、今メールを読んでいる読者の方の風邪はまた別かもしれない。

 

高熱がガッと出て、でもつらいのはせいぜい一日か二日。後はケロッと治ります、という人もいるはずです。

 

私たちは日常会話で何気なく

 

「風邪ひいちゃってさあ」

 

等と言いますが、その「風邪」の中身を観れば、あなたの風邪と、私のイメージする風邪では、実は中身が全然違うものかもしれない。

 

 

私たちは健康について、体について、病気について、案外こういう不確実な捉え方で、普段ふわっと考えていることが多い。

 

でもいざ、自分自身や、ましてや言葉を話さないという特徴があるので、飼い主側が細かく観察をし、状態を把握する必要のある「犬」について考えるとき、その

 

「ふわっとした捉え方」

 

で、果たしていいのか?

 

今回のメルマガで、読者の皆さんに考えていただきたいポイントはそこです。

 

では、東洋医学では「風邪」に対してどういう風に分類分けしているのか?ですが、例えば、風邪に処方される漢方薬をざっと挙げるだけでもこうなります:

 

●風邪の初期:

 

【1】悪寒・寒気・のどの痛みなど

→ 麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

 

【2】頭痛・肩や首の後ろにこわばりがある

→ 葛根湯

 

【3】頭痛・関節痛・腰痛・咳があり症状が激しい場合

→ 麻黄湯(まおうとう)

 

【4】水のような鼻水が出る、くしゃみ、咳があり症状は中程度

→ 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

 

【5】虚弱体質の風邪で汗ばみがある

→ 桂枝湯(けいしとう)

 

 

●風邪が長引いた場合:

 

【1】悪寒・寒気・のどの痛みなど

→ 麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

 

【2】風邪による吐き気や食欲不振を伴う場合

→ 小柴胡湯(しょうさいことう)

 

【3】痰が切れにくく、喉の乾燥を訴える

→ 麦門冬湯(ばくもんどうとう)

 

【4】虚弱体質の風邪で食欲不振、全体の倦怠感

→ 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

 

【5】比較的症状が強く出る風邪で、のぼせ、汗ばみ、吐き気がある場合

→ 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

 

 

どうでしょう?

 

結構細かくパターンが分けられていると思いませんか?

 

「証」を見る基本パターンはまず2つです。

 

●陰

 

 

●陽

 

か?

 

その次に

 

●虚

 

 

●実

 

か?

 

このあたりから、多くの方が

 

「わ、わかりにくい」

 

「怪しい…」

 

と迷路にはまり込むことが多いです(笑)

 

でも、この「虚実」「陰陽」は実は身体の病気に対する反応パターンだったり、その強さの分類だったりするので別に怪しくもなんともないものだったりします。

 

では、この「虚実」「陰陽」って、現代の私たちの健康の知識で、もっとわかりやすく言うと一体何なの???ということについて引き続き次号のメールで話して行こうと思います。

 

楽しみにしていただけると、嬉しいです。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


実は取り入れやすい、犬にも身近な東洋医学


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、昨日のメルマガで

 

「犬の東洋医学ケアに興味あるという方、クリックで意思表示していただけませんか?」

 

と呼びかけたところ、短い時間にも関わらず、昨日の23:59までに約60名の方がクリックしてくださいました。

 

なので、今日から

 

●犬のための東洋医学

 

の話をしていきますね。

 

————————————–

●実は取り入れやすい、身近な東洋医学

————————————–

 

東洋医学、と聞くと

 

「え、漢方薬?」

 

と反射的に思い浮かべる方が多いです。

 

でも、東洋医学は決して漢方薬だけではありません。

 

例えば

 

「六君子湯(りっくんしとう)」

 

という漢方薬があります

 

これには

 

・蒼朮(そうじゅつ)

・半夏(はんげ)

・茯苓(ぶくりょう)

・大棗(たいそう)

・陳皮(ちんぴ)

・甘草(かんぞう)

・生姜(しょうきょう)

 

という生薬が含まれています。

 

で、これらの生薬ですが、実は「薬膳」と呼ばれる「食餌療法」にも使用されます。

 

生姜(しょうきょう)なんて、つまりは「ショウガ(ジンジャー)」ですし大棗というのはナツメのこと。

 

大棗=ナツメは「デーツ」とも呼ばれ、ドライフルーツとしてお菓子の材料になります。

 

中近東諸国では、代表的な果実として多くの人々に日常的に食べられていますし、最近では栄養価が高いことから、美容食品として女性に人気です。

 

我が家でもナツメは常備しており、スープに入れて柔らかく煮込んだものを種を除いて犬にあげたりもしますよ。

 

ナツメは東洋医学で

 

「血液を補い、胃腸を健康にする」

 

と考えられ、漢方薬にも食事にもよく使われる滋養強壮食品です。

 

何が言いたいか?というと東洋医学では

 

「食材と生薬」

 

というものの区別をあまりしていない、ということです。

 

薬になるものも、食事から普通に食べるし、そういう日々の生活を通して、健康を作っていきましょうよ、というのが基本の考えにあります。

 

なのでもし、犬のために東洋医学の考えを取り入れてみたいな、と思ったら、犬の健康状態に合わせた

 

「食材であり、生薬」

 

な材料を、手作り食に取り入れるとか、フードに混ぜて食べさせるとか、そういう簡単なところからまずはスタートすればOK。

 

東洋医学はそういう意味で、全然難しくありません。

 

一言でいえば

 

「日常生活の中で、身体の調子を崩さないよう気を付けて、そのために食事や生活習慣などを、トータルで考えてケアしますよ」

 

になります。

 

どうでしょう?

 

全然、難しくないですよね。

 

むしろ、現代の健康管理で言われていることと同じ内容です。

 

じゃあ、具体的にどういう風に、日常生活で何に気をつけて、どうケアして行ったらいいの?

 

東洋医学のケアって、いったい何が特徴で、どういうメリットがあるの?

 

これについて、引き続き次号のメールでお話ししていこうと思います。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の東洋医学ケアに興味がある方へ


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

今日は

 

「犬の健康管理に東洋医学を活用する」

 

というテーマに興味がある人に向けて書きますね。

 

まず、私自身の個人的な体験の話をします。

 

先日、喉の違和感がどうにも収まらず夜、目が覚めて眠れない、ということがありました。

 

のどに何かがべったりと張り付いている感じがして、いくら飲み込んでも、その違和感が消えない、という症状です。

 

私は以前、同じ症状で困って耳鼻咽喉科へ行ったことがあります。

 

とりあえず、なんか困ったら病院、というのが私の基本姿勢です。

 

その時は、症状を詳しく話し、喉のレントゲン写真も1枚撮りました。

 

腫瘍などの病変がないかどうか?を確認するためです。

 

結果、特に喉には異常なし。

 

異常がないのに、私の喉には何かが引っかかったような違和感がずっと続いています。

 

その時、ものすごくキューピーに似ている耳鼻科の先生(すごくいい先生)が言いました。

 

「もし嫌でなければ、漢方を飲んでみませんか?

 同じような症状で、喉に異常がないにも関わらず違和感が消えない、という人にはなぜか良く効くんですが…」

 

お医者さんが「なぜかよく効く」という言い方をするのが珍しかったのと、キューピーに似たヒゲの先生が、ニコニコと勧めてくれるのとで

 

「漢方薬は保険診療であればさほど高くないし、異常がないけど症状が消えない、というある意味変は状況ではある。

 

そういう状況によくわからないけど漢方が効くことが多い、というなら、まずは試してみるか」

 

ということで、私は「はい、では漢方薬をお願いします」と言ったのです。

 

そして処方されたのが

 

————————————-

●半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

→ https://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/016.html

————————————-

 

という漢方薬です。

 

保険で3割負担で買えたので、薬代は1000円ちょっとくらいでした。

 

まずまあ、飲んでみるか、と家に帰って飲んでみたところ、

 

すこぶるまずい。

 

私が処方されたのは、漢方薬のエキス製剤を顆粒状にした薬でしたが、まあこれがとにかくマズイんです。

 

色もほんのりグレーがかった薄紫色だし、匂いも微妙。

 

うへえええ、と思いながら毎回飲んでいました。

 

そして、途中で飲むのを忘れてしまいました。

 

忘れて、というのは半分ウソで、実際にはまずいので飲むのが嫌で、意図的に忘れてフェードアウトしたのに近い。

 

…では肝心の、喉の違和感は?

 

違和感は、気がつけば消えていました。

 

それが漢方薬のおかげだったのか、それともたまたま自然にそうなったか?は当時私にはわからなかったし、特に深く考えもしませんでした。

 

ただ解熱剤が飲んで数十分で熱を下げる、という劇的な効き方をするのとは違い、気がついたら飲むのを忘れていた、という感じで症状が和らぐのに伴い、薬を飲まなくなっていた、という感じの効き方なのかなあ、くらいに思っていました。

 

残った薬は、ずっと引き出しの中にしまってありました。

 

あれから数年。

 

私は再び、同じ症状に悩まされます。

 

のどの異物感がどうにも消えない。

 

何かが喉の奥にねったりと張り付いていて、飲みこんでも飲みこんでも、違和感は消えないままです。

 

…。

 

そういえば、引き出しの中に、前に耳鼻科でもらった漢方薬、残ってたよね?

 

本当は薬は飲み残してはいけないし、残った薬を飲むというのもダメです。

 

でもまあ、抗生物質というわけではないから勿体ないし、薬自体が悪くなっているわけでもないから飲んでみるか、

 

「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」

 

を。

 

というわけで、2日分ほど残っていた漢方薬を1日3回、ここ数日水で飲んでいたわけです。

 

数年の間に、別の理由でやはり病院処方の漢方薬を飲む機会が何度かあり、その独特なにおいや味、地味な色などにはかなり慣れていました。

 

手放しでおいしい、とは言えないものの、うへえええええ、と言うほどまずくも無い(慣れた)。

 

飲んでみてどうなったか?

 

1日飲んだところでその日の晩、喉の違和感がほぼ消え去りました。

 

スッキリまだ治りきってはいないですが、違和感で目が覚める、というところまでひどくはなくなった。

 

ちなみに

 

「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」

 

はドラッグストアでも買えます。

 

医療機関を受診すれば3割負担で買えますが、まあ病院へ行くのも面倒なので、もう今回はドラッグストアで買おうと思っています。

 

買ってでも、継続して飲みたいですし、飲む価値があるなあ、と思える。

 

そんな漢方薬ですね。

 

…。

 

さて、ここまで書いてきて、そして読んでくださっている読者の方の中には

 

「で、で?何が言いたい訳??」

 

とじりじりされている方もいらっしゃると思うので、ここでキモとなる質問をします。

 

私はこの薬を耳鼻科で処方された際、お医者さんにこう言われました:

 

「もし嫌でなければ、漢方を飲んでみませんか?

同じような症状で、喉に異常がないにも関わらず違和感が消えない、という人にはなぜか良く効くんですが…」

 

>なぜか良く効くんですが…

 

これの意味することって、何だと思いますか?

 

答えを言ってしまうと、

 

「なぜか良く効く=何故、効くか?と言う

作用機序(その薬効成分が体にどこにどういう風に効いてどういう反応を引き起こすのか?)”についてはぶっちゃけよくわからないんだよね」

 

と、大まかにはそういう意味になります。

 

つまり、もっと乱暴な言い方をすると

 

「なんかよくわからないが効く」

 

になります(笑)。

 

そう、なんかよくわからないのです。

 

でも実際に、効く。

 

これってかなりすごいことだし、面白い事でもあると思うんですが、今メールをお読みの読者の皆さんは、どう考えますか?

 

で、この「よくわからないけど効く」というのは往々にして

 

「非科学的だ」

 

と非難され、排除されがちです。

 

でも、そうやって片付けられがちなものが病院で、保険適用の3割負担で処方されてて実際、私のように効いて助かっている人がいるわけです。

 

ここが東洋医学の面白いところですね。

 

現代では、この漢方薬の薬理作用について、真面目な研究がかなり行われており、

 

「何故効くか?」

 

「本当に効くか?」

 

の研究がかなり進んでいます。

 

漢方薬の大手メーカーのツムラさんはアメリカで

 

「大建中湯(だいけんちゅうとう)]

 

という漢方薬を術後イレウス治療薬として米FDAに申請するための、臨床試験を行っています。

 

漢方薬が、他の医薬品等同じように「効果あり」という証拠を提示して特定の疾患の治療薬として認可され、アメリカで流通できるよう必要な手続きを行っている、という次第です。

 

とまあ、ややこしい話も少ししましたが

 

●東洋医学

 

という伝統医学が見直され、その価値が再評価され始めている、ということですね。

 

そしてこの東洋医学、日常生活の中で手軽に取り入れられることが実は結構多いですし

 

●犬の健康管理

 

にも十分生かすことが可能です。

 

そこで、この

 

「東洋医学の知恵」

 

を愛犬の健康管理にぜひ活用したいし、興味あります!という方はお手数ですが本日2018年12月10日(月)23:59までに下記URLをクリックして意思表示をお願いします。

●はーい!東洋医学興味ありますよ!という方はクリック!
https://www.facebook.com/officeguri/

*リンク先はOffice GuriのFacebookページです。

*クリック数を計測するアンケートです。クリック以外のアクションは必要ありません。

 

クリック数が一定数を超えた場合、東洋医学に興味がある方が多い、とみなし次号から東洋医学の情報を少しずつメルマガで書いて行こうと思います。

 

なので、ちょっとでも興味があるよ、という場合はとりあえずクリックしておいてください。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。