【動画】人間年齢換算103歳の犬の歩きっぷり:歩行補助ハーネスの話も


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

我が家の14歳の黒ラブ:ぐりの歩く姿を動画に撮ってみました。大型犬の14歳は人間年齢換算で103歳だそうです。

 

その割には結構リズミカルに歩きますよ。

 

人間年齢換算103歳の歩きっぷりをどうぞご覧ください。

 

 

●ぐり14歳、リズミカルに歩く:

 

この投稿をInstagramで見る

 

14歳、ぐりの散歩。 #大型犬 #シニア犬 #老犬 #犬 #犬のいる暮らし

Naoko Morohashiさん(@officeguri)がシェアした投稿 –

 

さて、「犬を寝たきりにさせない予防術」をテーマに今日もお話ししていこうと思います。

 

今回取り上げるのは「道具編その2」。

 

 

 

——————————————-

●後ろ足の介助が必要になってきた!そんな時には「歩行補助ハーネス」を使おう

——————————————-

 

前回のメルマガでは、犬の足が弱ってきたら

 

補助器具

 

を使おう!という話をしました。

 

今は世の中に、見た目も可愛く、機能的な犬のための補助器具がたくさんあります。

 

なので、そういう器具は遠慮せずに使った方が犬のためにも人のためにも良いです。

 

あと、そうした製品情報は日頃から集めておくことをお勧めします。

 

別の言葉で言えば、

 

犬が健康上何の問題もなく、元気なうちから

 

ということですね。

 

 

このメルマガではこれもなんども言っていますが

 

犬が急に病気になった!

 

という時や

 

急に立てなくなった!

 

という場合、平常心を保つのは難しい。

 

そういう時になって初めて必要な情報を集めようとしても、多くの場合、うまくいきません。

 

犬を家族に迎える時点で、犬の時間は人の時間の流れより「速い」ということは明らかです。

 

なので、犬を迎える時点で「犬のライフステージ全体」を通して、いつ、何がどういう風に起こるか?を想定しておくことは大事です。

 

子犬を迎えるのはワクワクする出来事です。

 

一方で、この犬が将来大きくなり、歳をとり、その時どういう病気が起こりやすく、老化とともに、体にどういう変化が起こるのか?ということも考えておく。

 

犬が若いうちから、ざっとでいいので、そうした情報を集めておくことは大事です。

 

今このメルマガをお読みの読者の皆さんも、一緒に暮らす愛犬の年齢は、本当に色々だと思います。

 

 

もし、今まだうちの犬は子供だし、という場合は

 

そっか、犬も歳をとると色々あるんだな。そういう時、こういう道具もあるんだな

 

という風に、さっと情報を記憶の端っこにメモっておいていただくだけでも、将来、何かのお役に立つことがあるかもしれない。

 

犬の健康管理は、先手先手で考えていくのが個人的にはお勧めですね。

 

…というわけで、少し脱線したので話を本題に戻します。

 

犬の後ろ足が不自由になってきた、排泄の際、腰を落とすのが辛そう…という場合、必要に応じて、人が手助けしてあげることが可能です。

 

そのための器具が、これですね。

 

 

 

●歩行補助ハーネス

 

後ろ足を人が上から釣り上げる形で補助します。

 

犬の寝たきりは、後ろ足が弱ることから始まるケースが多いです。

 

後ろ足が弱っても、こうした器具を使うことで散歩にも行けます。

 

排泄も、補助を受けながら自力でできるのであれば、補助してあげた方がいいですね。

 

便利なものは、上手に使おう!

 

本日は以上です。

 

*現在、犬の寝たきり防止のための「トレーニング+食事+マッサージ」を講座としてまとめている最中です。必要を感じる方は是非、楽しみにお待ちくださいね。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の寝たきり予防術:道具編「歩行補助にハーネス」


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

りんごの季節になったので、昨日は我が家の犬たちにりんごを食べてもらいました。我が家の犬たちはりんごが大好きなので、ガリガリ食べますね。

 

さて、「犬を寝たきりにさせない予防術」をテーマに今日もお話ししていこうと思います。

 

今回取り上げるのは「道具」。

 

 

——————————————-

●犬の足腰が弱ってきた!そんな時は「便利な道具」も活用しましょう」という話

——————————————-

 

体の機能が残念ながら衰えてきた…という時、私たちは「道具」を使うことを知っています。

 

例えば、自転車で坂道が辛い時には電動アシスト自転車があります。

 

視力が落ちてきた時は、メガネをかけますね。

 

聴力が下がってきた時は補聴器を使うという手もある。

 

なので犬の場合も、足腰が弱って歩行に困難が出てきた場合は「道具」を使ってみては?という話。

 

今日はその第一弾です。

 

——————————————-

●後ろ足の「ふらつき」が気になり始めたら「ハーネス」を使ってみよう

——————————————-

 

犬=首輪、というイメージですが、もし犬の後ろ足が少し弱ってきているなあ、とかふらつきを感じる場合は、首輪から

 

ハーネス

 

への変更をお勧めします。

 

そうすることで、首へかかっていた負荷が胴の方へ逃げます。

 

それだけで、歩きやすくなり散歩を続けられる場合が多くあります。

 

大事なのは「足腰が弱ってきているから」という理由で散歩をやめないことですね。

 

必要以上の安静は、フレイル(虚弱:健常から要介護へ移行する中間の段階)まっしぐら。

 

それは避けたいので、犬の足腰に弱りが見えたら、早めに補助具の導入を検討すればいいわけです。

 

補助具でもなんでも使って、楽に散歩を続けられるのであれば、続ける方が、筋力キープにつながります。

 

ハーネスは今、色々な種類が出てきて高機能なものもあります。

 

例えばネット通販でも、こういう製品があって人気です。

●抜けにくいハーネス:速乾素材で雨の日も安心

 

お店でも色々な種類があるので、是非店頭でもチェックしてみることをお勧めします。

 

大事なことなので以前も書いたことを繰り返し書きますが

 

「あー、なんかうちの犬、足腰弱ってるわ。散歩は控えよう」

 

という風に、「運動量を減らす」ということは、全くおすすめではありません。

 

そういう場合、まず関節炎とかその他の病気とか、そういうのがないかをまず動物病院でチェックしてもらうこと。

 

その上で、特に問題なく加齢による筋力の衰え、ということであれば「鍛える」という方向性に、是非舵を切っていただきたいです。

 

必要以上の安静は「筋肉の衰えを加速」します。

 

これは人間の世界でも問題になっていることですが、

 

筋力の衰え

 

が起こった時点で、筋トレやウォーキングなど、適切な筋力キープ方法を取り入れることで、防げる「寝たきり」は実に多いのです。

 

最初の「あ、ちょっと衰えているかも」気づいた段階で、適切な介入ができるかどうか?

 

ここが犬が将来寝たきりになるか、ならないか、の分かれ道になる場合が多いのです。

 

もちろん、病気で寝たきりになる場合もあります。避けられないケースもあります。

 

そういう場合は、適切な介護を行なって、犬が快適に生活できるよう、サポートする。

 

でも、そうしたケース以外で「早期に適切な補助やトレーニングを行うこと」で、防げる「寝たきり」があるとしたら?

 

ちょっと考えてみてください。

 

犬の足腰の衰えを自覚した時点で「寝たきり」を未然に防げる努力を、可能な範囲で行ってあげたいですか?

 

それとも、「未然に防ぐために、何かできることがある」という情報すら知らないまま、歳だからまあ仕方がないか、と諦めますか?

 

どちらが、あなたご自身にとって望ましいでしょうか。

 

私の場合、ですが個人的には全力で前者ですね。

 

我が家の場合は大型犬です。寝たきりになると介護も相当大変になると予想されます。

 

大型犬を家族に迎えた時点で、そのことは想定済みですし、いざとなったらやる覚悟はしています。

 

でもやっぱり、そうならないように、できるだけのことをまずはやりたい、という気持ちが強いです。

 

なので、介護の情報と並行して「寝たきりにならない予防策」の情報も収集。

 

そして検証し、実際に行なっています。

 

その上で、やっぱり犬が自力で歩行できなくなった場合、どうなるか。

 

事前にやるだけのことはやった結果だからな」と淡々と受け入れらるといいな、と個人的には思っています。

 

要は、人事を尽くして天命を待つ、という心境に持っていけたらいいな、と。

 

 

もちろん、犬の寝たきり防止は犬自身のため、であるのはもちろんです。

 

 

でも同時に、私自身のためでもある。

 

 

正直なところ、介護はやっぱり大変ですからね。

 

できることをまずは全力でやる。まずはそこですね。

 

なので是非、使える道具があれば便利に使いましょう、という話。

●抜けにくいハーネス:速乾素材で雨の日も安心

犬のマッサージも、犬の体の刺激に有効です。

 

ここ数回のメルマガでご紹介した【マッサージ動画】が好評でしたのでまとめてリンクを貼っておきます。

 

ご参考に:

●ストレスケアに:頭のマッサージ

●顔の皮引っ張りと、顎まわりのリンパをマッサージ:

●シニア犬はずっと揉まれていたい「首」のマッサージ:

*次号「排泄の補助にも使える歩行補助具の話」

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


【速報】10月にマダニ感染症で死亡例:犬のマダニ対策はまだまだ継続を!


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

本当は今日、メルマガはお休み予定だったんですが、ちょっと気になるニュースがありましたので予定を変えて配信しています。

 

そのニュースというのは…。

————————————————-

●マダニ感染症で高齢女性2人相次ぎ死亡 広島県内で5例目
https://www.fnn.jp/posts/2019101600000006TSS

————————————————-

 

「んー?これが何?私たちに関係あるの?」

 

と思った方も多いと思います。

 

はい、犬を飼っている私たちには、めちゃくちゃ関係がありますよ。

 

なぜなら、私たちが春先になると行う

犬のマダニ対策

を、秋だからと油断せず、しっかりやろう!という話だからです。

 

この記事を要約しましょう。

 

簡単にいうと:

 

10月に入って80代と90代の女性が

 

———————————

●SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

———————————

 

という感染症に罹り、死亡しました、という内容。

 

SFTSについては、何を隠そう隠しませんが、過去、このメルマガでは繰り返し取り上げて注意喚起をしています。

ただ、馴染みがないせいか読者の皆さんの反応は正直イマイチ。

 

でも、大事なことなのでこうしてまたメルマガで取り上げる次第です。

 

SFTSはマダニを介してうつる「ウィルス性の感染症」です。

 

今の所、有効な抗ウィルス薬などもない。

 

その上、致死率が高い病気な点が厄介です。

 

犬と暮らす私たちは、そうでない人たちと比べると、マダニとの遭遇率は高いです。

 

 

私も犬を飼っていなかったら、ビビりながらダニ取り器で、犬の首についたマダニを半泣きになりながら取る…なんていう経験は一生することがなかったと思います。

 

あと、私が住む「北海道」という地域柄もあるかもしれませんが、聞くと周りの知人の中からもちらほら、マダニ感染症を患った人いるよ…という話は入ってきます。

 

SFTS以外にも、マダニが媒介する感染症ってたくさんありますからね。

 

中には、感染症によって、体に麻痺が残ってしまったケースもありました。

 

あの小さな虫に噛まれる。たったそれだけのことで、一生体に残る不自由さを背負うケースもある。

 

このことはぜひ、このメルマガ読者の皆さんには知っていただきたい事実です。

 

 

感染症の多くは、元を正せば動物由来のものがほとんどです。

 

だから、私たちヒトの健康を考える際に、動物との関わりを考えることは必須。

 

犬との関わりが深い私たちは、犬の健康を考えることはもちろんですが、そのことが、私たちヒトの健康を守ることにもなる、という視点を持つことが大事です。

 

犬の健康を守りながら、私たち自身のこともちゃんと守りましょう。

 

秋もマダニ対策は必須ですよ、という話と、マダニに噛まれてなんだか体調がおかしいな、と思ったらすぐ病院へ。

 

SFTSなど、マダニによる感染症情報をいかにまとめておきますので、ご参考に:

 

 

 

●重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

 

●ダニ媒介感染症(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164495.html

 

●マダニ対策、今できること(国立感染症研究所)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/2287-ent/3964-madanitaisaku.html

 

●マダニが犬に引き起こす症状と病気(バイエル薬品)
https://www.bayer-pet.jp/pet/library/parasite/madani/madani05.html

 

*次号からこそ、通常配信に戻りたい(´д`)

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。