シニア犬薬膳:薬膳で考える「老化」の原因は「一つ」じゃない


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

まずお知らせから。

 

●シニア犬の薬膳講座:オンライン版

 

は、明後日2019年6月26日(水)午前10時より募集を開始予定です。

 

募集人数は今期30名を予定しています。

 

このメルマガをお読みの読者の皆さんへ、メルマガを通して優先的にご案内を差し上げる予定です。受講をご検討中の方は、水曜日をお待ちくださいね。

 

———————————————–

●老化が加速する原因は「複合的」

 様々な原因が絡み合って老化が進むと考える

———————————————–

 

前回のメルマガで、薬膳では

 

「老化は自然現象。

なので、老化自体はをまずは受け入れ、その上で、体の変化とどう向き合い、変化の中で少しでも快適に、楽しく生活するためにはどうしたらいいかを考える」

 

という話をしました。

 

老化と向き合うのは、老化を加速させる体の中で起こっている要因は何か?と、まず向き合う必要があります。

 

薬膳では、この老化の原因を「8つ」に分けて考えています。

 

この「8つ」の原因なんですが、一般的にはチャートなんかを用意して「この症状に当てはまるYES・NO」形式で答えていくと、最後に

 

「あなたの犬は〇〇タイプ!」

 

と一つのタイプに固定するのが、わかりやすいといえばわかりやすい。

 

でも、実際にはなかなか綺麗に「このタイプ!」と割り切ることは難しいです。

 

例えば、もともと胃腸が弱くてシニア期に入ってから食欲がなくなってきた。

 

そのせいで、毛艶が失われパサパサになり、爪も脆くなり割れることが多くなった…という場合。

 

薬膳の視点では、これは

 

●気虚(ききょ)×血虚(けっきょ)

 

の複合タイプかな、という風に考えます。

 

気虚(ききょ)」というのは薬膳で考えるところの「エネルギー不足」による諸症状のことで、原因は

 

胃腸の虚弱で食欲がない、食べたものをきちんと消化吸収してエネルギーに変えられない

 

という「胃腸の不調」と関連づけられて扱われることが多い症状です。

 

そして、この「気虚(ききょ)」の症状がさらに進むと「血虚(けっきょ)」の症状になると、薬膳では考えられています。

 

血虚(けっきょ)」というのは血液に含まれる栄養の不足、または血液量そのものの不足によって起こる、諸症状を指します。

 

●血液に含まれる栄養の不足

=食事からしっかり栄養を取れないので、体をめぐる栄養そのものが足りなくなる

 

●血液量そのものの不足

=手術や怪我、病気による出血で大量に血液が失われる

 

という意味で考えられていますから、もし、あなたの愛犬が

 

・特に病気があるわけではなく(動物病院で診断を受けて確定済み)、内出血もない

 

・食欲がとにかくない

 

・胃腸が弱い

 

という条件を満たしている場合、まずは「気虚」のケアを薬膳で試してみて、その延長で「血虚」の改善するよう、工夫していきましょう、という風になります。

 

この「複数の要素が絡み合って、体調不良の原因になる」という考え方は、シンプルにスパッと割り切れるものではないので、人によっては

 

「わかりにくい!」

 

と感じる方もいると思います。

 

でも実際に、私たち生き物の体は複雑です。

 

たった一つの原因を突き止めて

 

「これがズバリ老化の加速原因!」と割り切れることの方が少ない

 

ということは、頭に入れておく方が、実際の犬の体と向き合いやすい。

 

個人的にはそう感じています。

 

薬膳は「体全体の調子を整えることで、今気になる体の悩みを改善する」というのが基本です。

 

そういう意味で、

 

「××を食べれば、老化防止になり、アンチエイジング!」

 

というようなスパッと割り切ったシンプルさは、正直ありません。

 

 

その代わり、

 

「犬の体の状態をじっくり向き合い、複数の老化の原因に目を向けて、それに対してゆっくり食事から、生活習慣から変えていくことで犬のシニア期を少しでも快適に、楽しく過ごせる時間を長く」

 

というのには向いています。

 

もし、今メールをお読みの読者の皆さんが

 

「私も歳を取ってきた我が家の愛犬の老化とじっくり向き合って、それを受け入れながら、少しでも体に良いもの、体調を整えるのに役立つ食事を考えてあげたいな」

 

とお考えの場合、水曜日にご案内予定の講座はお役に立てると自負しています。

 

そんなわけで、必要とされる多くの飼い主さんに「シニア犬のための薬膳の知恵」をお届けできるよう現在準備中です。

 

次号のメールでは、薬膳初心者の方がどうやって「シニア犬のための薬膳」を学べばいいかを、お話しする予定です。

 

必要を感じる方は是非楽しみにお待ちくださいね。

 

次号のメールは明日、配信予定です。

 

Office Guri
諸橋直子

 

(終)

 

■追伸1:

 

今回、シニア期の薬膳講座を作るにあたり、中医学の本、薬膳の書籍、薬膳辞典などひっくり返して資料を色々再チェックしましたが、改めて

 

「食べることの重要性」

 

を再確認する結果になりました。

 

これは講座の中でも言っていることなのですが、私たち人間も、犬も「食事を通して」体に必要なエネルギーと栄養素を取り込む、というのが基本になっています。

 

なので、まず胃腸の状態が元気でないと、必要なものが取り込めないし、不足する。そうすることで、最終的に体が弱ってくる。

 

なので薬膳では、胃腸を元気にするとか、消化を助けるとか、そういう記述がすごく多いし、そのような働きがあるとされる食材のリストも長い。

 

やっぱり、食べることは生きることなんだなーと、改めて思った次第です。

 

健康を考える上で、もちろん食事は大事です。でも全てではない。

 

一方で、食事の影響力が大きいことも事実なので、このバランス感覚をうまく保ちつつ、食事に向き合っていけるといいかな、と。

 

そのあたりも講座を通して、伝えられるといいな、と思っています。

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


シニア犬に私が薬膳を勧める理由:老化は止められない、という事実とどう向き合う?


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、来週に「シニア犬の薬膳講座」募集開始を控えた今日は

 

なぜ、私がシニア犬に薬膳をお勧めするか?

 

を書きますね。

 

————————————-

●老化は止められないし、時間も逆戻しはできません。

 その事実をまずは受け入れて「そこからどう対応するか?」を考えるのが、シニア犬薬膳

————————————-

 

薬膳の世界では、はっきりと

 

生き物は年とともに老化する

 

ということを言っています。

 

さらに、この年齢ではこういう不調が起こりやすいよ、とかこういう時期に差し掛かると、こういう病気で悩むケースが多いよ、ということも体系的にまとめています。

 

つまり、巷で言うところの

 

アンチエイジング(加齢に抗う、的な意味で使われることが多い)」

 

の要素よりは

 

加齢を知り、加齢によって起こる体の変化を知り、それに上手に対応していきましょう

 

と言う

 

流れに逆らわない

 

視点で様々な食事法が語られることが多いように感じます。

 

これが、私が薬膳を好きな大きな理由の一つです。

 

老化は避けられないもの。生命の終わりもいつかは必ずやってきます。

 

ただ、その老化による様々な体の変化を「仕方がない」と何もせずに諦めてしまうか

 

「老化は自然現象。でもそうした変化の中でも、少しでも毎日を楽しく、快適に心地よい体調で過ごせるよう、できる努力は全部する」

 

と決めて、あれこれ模索するか?は私たち自身が選べます。

 

シニア期に入ってくると、犬も食欲が落ちたり、お腹を壊しやすくなる、便秘がちになる、毛のパサツキや皮膚の乾燥など、様々な体の不調が出てきます。

 

そんな時に薬膳では、

 

●食欲が落ちる、お腹を壊しやすい

→ 胃腸が弱ってきているサインと捉え、胃腸に良い食事メニューで対応

 

●便秘

→ 加齢による体の潤い不足と捉え、潤いを補充するメニューを組む

 

●毛のパサツキや皮膚の乾燥

→ 食事からの栄養を十分吸収し、皮膚や毛の材料にできるよう消化しやすいメニューに切り替える

 

と言う風に、「原因はどこにあるのだろう?」と考え、その一つ一つに丁寧に対応し、メニューを組んでいきます。

 

今メニューの組み方も、「この食材さえ取れば、健康度が飛躍的に上がり問題解決!」的なものではなく

 

「食事を通して体の不調をコツコツ改善し、シニア期の犬の健康状態をできるだけ長く、良い状態に保つための工夫と知恵」

 

がベースになっています。

 

薬膳は突き詰めて言うと、

 

体の不調を整えることで、結果として体全体の状態が良くなること。

それによって健康で過ごせる時間が長くなり、毎日の生活の質も上がる

 

と言うところを目指しているのだなあ、と私自身は解釈しています。

 

歳をとって、耳が遠くなってきた愛犬。

 

体の動きもゆったりで、寝ている時間も長くなった。

 

若い頃のように、はしゃいで遊ぶことは少なくなってきたけれど、食事の時間だけは、嬉しそうに目を輝かせて尻尾を振りながら、楽しみに待っている我が家の犬。

 

その犬に、美味しい食事を食べさせてあげたい、と言うのは飼い主さん共通の願いだと思います。

 

その「美味しい食事」にもし、

 

犬1匹1匹の体の状態に合わせた、健康ケアと体の維持に役立つ

 

と言う要素が加わったら、どうでしょうか?

 

食事はもちろん、病気の治療に取って代わるものではありません。

 

(なので、病気が疑われる場合はまず病院へ!が基本)

 

一方で、食べたものが体を作るのも事実です。

 

食習慣が、健康状態に大きな影響力を持っているのも事実。

 

それであれば、美味しくて犬が喜んで食べられるもので、なおかつ体に良い食事であれば、こんなに良いことはないと思いますが、今メルマガをお読みの読者の皆さんであれば、どう感じますか?

 

この条件を満たした食事が、私自身は「犬のための薬膳」だと考えています。

 

今回の講座は、特に「シニア期の犬」にスポットを当てています。

 

薬膳で考える「老化の原因8つ」を学び、それに対応する食材やレシピ例を学びながら、飼い主さんご自身が、愛犬のための薬膳メニューを組み立てられるようになることがゴールです。

 

歳をとってきた愛犬に、できるだけ長く、元気で楽しい時間を過ごしてほしい。

 

そう願う飼い主さんの、お役に立てる講座であると自負しています。

 

講座のご案内は、来週の予定です。

 

募集サイトのデザインもこんな感じで進めていますので、是非楽しみにお待ちくださいね。

●うちの犬には、シニア期もずーっと元気でいてほしい
薬膳の知恵を健康管理に生かす「シニア犬薬膳講座」

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


シニア犬の薬膳講座、30名限定で来週募集開始予定です。


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は1点お知らせです。

 

長らくお待たせしていた

 

シニア犬のための薬膳講座

 

ですが、来週の中頃にようやく募集を開始できることになりました。

 

今は最終調整を行なっており、受講生専用サイト利用できる

 

薬膳用語辞典

 

の制作を行なっているところです。

 

今回の講座は、

 

歳を取ってきた愛犬に、体に良いおいしいご飯を作ってあげたい!

 

という飼い主さんで

 

薬膳に興味のある、薬膳初心者の方

 

が対象です。

 

そして初心者の方が、薬膳ってちょっと難しいかも??と初めに突き当たる壁が、薬膳独特の

用語

だったりします。

 

様々なジャンルでその分野独特の「用語」がありますが、この「用語」に慣れるまで、どうしても少し時間がかかります。

 

慣れるための最短距離は「反復練習」。

 

つまり、何度もその言葉に触れて、意味を覚えてしまうこと。

 

ただ、初心者の方の場合、なかなか難しいし、薬膳独特の用語の調べ方もよくわからない…というケースが多いので、講座内でよく出てくる用語については受講生専用サイト内に

薬膳用語解説集

を設置することにしました。

 

これは、受講生だけがログインしてみることのできる専用サイト内で、講座内でよく出てくる薬膳用語の意味を自分で調べることもできるし、用語一覧の中から、気になる言葉をチェックしてみることもできる、というシステムです。

 

ネット学習の良いところって、何はさておき「検索システム」だと思います。

 

用語集だけに関していうと、過去、私も通信教育で、漢方薬や中医学の勉強をしたことがあり付属で用語集をもらったことがあります。

 

確かに用語集は便利。

 

でも、正直引くのが面倒臭い(←言っちゃったよ!でも本音です。辞書を引くのは時間がかかりすぎ流と感じ、個人的にはあまり好きではありません)。

 

用語集をコツコツ引くことも勉強の一環であることはわかります。(過去に私もやりました)

 

でも、私たちが勉強する目的って

犬の体に良い食事をどう作るか?

を学ぶことであって、辞書の引き方の訓練ではないはずです。

 

だったら、この用語集も、受講生専用サイト内で「検索」という形で、パッと調べることができるよになれば、時間短縮になりますよね。

 

本来の目的を見失わないよう、便利にできるところは便利にして、時間を節約する

 

その分を、ゆったり犬の食事作りの時間に当てればいいわけです。

 

今回の受講生専用用語集は、初心者向けです。

 

なので、講座内容を最低限カバーできる内容で、必要最低限の語彙集にとどめていますが、まずはこの内容をしっかり把握するだけでも薬膳に対する理解は格段に深まるはずです。

 

というわけで、今回は新しい試みも加わった「シニア犬の薬膳講座」来週の募集開始を楽しみにお待ちください。

 

今期の募集は30名限定です。

 

このメルマガを受け取っておられる読者の方へ、優先的にご案内を差し上げる予定ですので、必要を感じる方は楽しみにお待ちくださいね。

 

それではまた。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。