犬の食事をどう選択する?メリットとデメリットを比較しよう


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も「犬の手作り食をもっと楽しむために必要な知識」の話。

——————————–

・犬におすすめでない調理法

・栄養についての基本的な知識と情報

——————————–

 

これらの知識をどう身につけるか?の話をします。

 

●犬におすすめでない調理法

 

これは例えば

 

●味付けをする

→ 犬の手作り食に味付けは基本、不要です。塩分は毒ではありませんが、過剰摂取は犬の体調に影響します。

 

肉や魚にもともと含まれている塩分のみで、犬の体は十分機能するので、あえて調理の際に味付けをする必要はありません。

 

 

●スパイスを多用する

→ 刺激に強いスパイス類(コショウ、唐辛子など)は犬の食事には不要です。消化器を傷める場合もあります。

 

要は犬に手作り食は、味付けなしでシンプルに煮る、焼くなどの調理法で食べさせるのが基本、ということですね。

 

——————————————

「加熱することが前提になっていますが、生食についてはどうお考えですか?」

——————————————

 

という質問もたまに寄せられるので回答しておきます。

 

「生食」、ここでは「肉を生で与える」の意味で使っていますが、「生食」については個人的にはおすすめでも、反対でもありません。

 

生の肉を食べることについては消化、吸収、栄養学の面では、少なくとも加熱して食べるのと比べて、私が知る範囲内では特にメリットを見出せません。

 

 

また、生食には当然デメリットもあります。

 

一番のデメリットは生肉はやはり、病原体からの汚染から完全には逃れられない点ですね。

 

例えば、鶏肉のカンピロバクター汚染率は結構高いですし(検体の個数が少ないながらも、農場で陰性を示す鶏群から製造された鶏肉の汚染率27%という調査もあります)

 

厚生労働省もはっきりと、「現在、食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難」と述べています。

 

—————————————————–

Q7 鶏肉を取り扱う際に何に注意すればよいですか?

健康な家きんであっても、腸管内などにカンピロバクターやサルモネラ属菌などの食中毒菌を保有している場合があります。現在、食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難であり、鶏肉や内臓からカンピロバクターが高頻度で検出されます。(Q5参照)したがって、食中毒予防の観点から、生や十分に加熱されていない鶏肉を食べないよう、食べさせないようにしましょう。

●カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)より:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126281.html#a1-07

—————————————————–

 

カンピロバクターに犬が感染した場合、多くの場合は無症状ですが子犬では下痢などの症状を起こすことがあります。

 

後はカンピロバクターに感染した犬と接触して、人が感染したケースもあるので

 

「犬にとっては無症状でも、人の健康と安全を守る」

 

ということを考えると、生肉を犬に与える際には、こうしたリスクも考慮する必要があるでしょう。

 

こう書くと「生食」を否定するのですか?と思われる方もいると思いますが、そうではありません。

 

生食という選択をした際に、メリットと同時に、

 

●生肉が避けて通れない病原体汚染

●それがもたらすリスクの説明

●感染を防止するための、生肉の正しい取り扱い

 

などについて、説明やレクチャーをちゃんと受けましたか?ということです。

 

メリットとデメリットをきちんと比較して、自分自身でメリットが大きいと判断し、その選択をしたのであれば後は自己責任です。

 

リスクを上手に管理しながら、生食を楽しめば良い、ということです。

 

大事なのは「メリットとデメリットを、客観的な事実を元に比較検討して決めたかどうか」です。

 

そう、犬の食事を選択する場合学ぶべきことは結構色々あります。

 

もちろん、初めは「なんだか楽しそう!」「面白そう!」という興味、関心からスタートしてOKです。

 

一方で、犬の食事は「犬の健康」にダイレクトにつながるものでもあります。

 

そういう意味では、安全、そしてリスクについて知ることが大事。

 

手作り食を始めて、しばらく経って、新しいことにチャレンジしてみたい、という飼い主さんは少し踏み込んで

「食の安全性」

という視点も組み込むと、より犬の食事メニューを安心して組むようになれます。

 

いかがでしょうか?

 

犬には色々な食の選択肢がありますが、メリットとでメリットをきちんと比較して決定する重要性はご理解いただけましたか?

 

今日はここまでです。

 

次号ではいよいよ、多くの方が気にしている

 

「栄養についての基本的な知識と情報」

 

についてお話しします。

Office Guri 諸橋直子

(終)

 

■追伸1:

生食といえば刺身です。

 

私は刺身が好きですが、そしてサーモンがとりわけ大好きですが、絶対冷凍されたものを食べるように心がけています。

 

子供もお寿司が大好きですが同様に、サーモンは冷凍したものを食べてもらっています。

 

理由は、アニキサスが怖いから。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042953.html

 

アニキサスは2~3cmの虫でサバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類に寄生しています。

 

生きたままのアニサキス幼虫を刺身などで食べてしまうと、胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こすことがあります。

 

そうなると激しい腹痛とか嘔吐が起こり、内視鏡で胃壁に潜り込んでいるアニキサスをつまみ出してもらう処置を受けなくてはなりません。

 

だったら生にこだわらなくても…いったん冷凍して安全なお刺身の方がいいや、と私の場合はなります。

 

今は冷凍技術が発達して、冷凍しても十分美味しくいただけますからね。

 

要は、リスクを知って、どう対応するか?を自分で決めることです。

 

それには正しい知識が必要。

 

健康を守るには、正しい知識を知る努力が大切だし、欠かせないと考えている次第です。

 

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬に危険な食物:チョコレート


Office Guriの諸橋直子です。

さて、このサイトは

「犬に何を食べさせたらだめなの?」

「犬に危険な食物ってなに?」

という情報を求めて検索でたどり着く方が多くいらっしゃいます。

 

そこで、「犬に食べさせてはいけない食物」について、シリーズで記事をまとめることにしました。

 

犬に危険な食物紹介シリーズ:第一回のテーマは「チョコレート」です。

チョコレートの誤食は実は結構多く、アメリカのPET POINSON HELPLINEという、犬が誤食事故を起こした際に相談できる団体があるのですが、そこでも「有毒食物」のTOP10に挙げられてます。

 

それだけ犬のチョコレートによる誤食事故が多いということなのでしょう。チョコレートが人気の食べ物で、キッチンやリビングなど、犬の生活空間に置かれていることが多い、ということも原因としてあげられます。

 

ただ、「チョコレートは犬に有害である」ということを飼い主側が知識として知ってれば、チョコレートの誤食事故は十分に防げます。

チョコレートの何がいけないの?→「テオブロミン」という成分が犬に有害です。

テオブロミンはカカオに含まれる成分で、人は問題なく代謝できますが、犬は苦手です。そのため、犬が一定量以上のチョコレートを摂取すると、テオブロミンが体内に蓄積され、中毒症状が起こります。

 

犬がチョコレートを食べると、どうなるの?→ 量にもよりますが、心拍数の増加、下痢、嘔吐、血圧上昇、体温上昇などの症状がみられる場合があります。死亡するケースもあるので注意が必要です。

 

犬がチョコレートを食べてしまった!どうすればいい?→ かかりつけの獣医師に連絡し、指示を仰ぎましょう。

適切な処置を受ければ、多くのケースで死亡は回避可能です。

 

チョコレートは板チョコ以外にも、ケーキ、アイスクリームなどにも使用されています。ココアパウダーにもテオブロミンは含まれているので、犬が口にしないよう注意しましょう。

 

犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)


【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


あなたの手作り食の「不安の種」を摘もう


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は

 

「自由に犬の食事を作って、バリエーションも増やしながら楽しむ!」

 

ために必須な

 

●3つの知識

 

をどう手に入れるか?についてお話ししますね。

 

と言うのは、私自身過去、犬の手作り食に関する講座を開催した際に、参加される方の動機の中で最も多かったのが

 

「手作り食は自己流なんで自信がないんです!!」

 

と言うもの。

 

「もう手作り食を10年続けています、犬も健康です…」

 

「え、だったら問題ないのでは?」

 

と言うやりとりを何百回やったかわかりません(笑)

 

手作り食は難しい勉強抜きでも、初心者の方でも手軽に始められる楽しいものです。

 

私たちは(特に主婦の方は!)毎日、自分や家族のためにご飯を作りますが、別に調理師の専門学校に通っていた!と言うわけではありませんよね?

 

中には通っていた!と言う方もいるかもしれませんが、それは飲食店に勤務したいとか、将来自分のお店を開きたいとか、いわゆる「プロ」志望の方が、相当の目的を持って通うところです。

 

一方で、調理師の専門学校に通わなくても家族のためにご飯は作れますし、それを食べて、多くの場合健康に、何事もなく穏やかに過ごせています。

 

ところがこれが、こと

 

「犬が相手」

 

となると、

 

「本当に今の手作りご飯でいいのか!?」

 

と心配がむくむくと頭をもたげてくる方が多いです。

 

理由は2つ。

 

「犬と人間は違う動物だから、人間の、しかも素人である私が考えて作った食事で本当にあっているのか?」

 

「犬は食事のせいで体調悪くなっても、言葉で訴えることができないから、間違った食事法で犬が病気になったらどうしよう!!!!」

 

いやいやいや、よっぽど偏った食事をしない限り、犬はご飯が原因で病気になったりしませんよ。

 

今までやってきて問題なければ大丈夫、そのまま続けていって問題ないでしょう。

 

そう言われても、一度頭に浮かんだ不安は、なかなか頑固にこびりついて消えません。

 

真っ白なシャツの醤油やソースのシミを一度つけてしまうと、なかなか漂白してもスッキリ落ちないのに似ています。

 

一度浮かんだ不安はしつこいです。

 

周りがいくら「それは心配しなくてもいいから」と言っても、本人が納得的なければ、それはずっと不安として残ります。

 

そんな経験、今メールを読みのあなたはしたことがありませんか?

 

…。

 

で、話は最初に戻るわけですが、そう言う不安とは無縁になり、なおかつ「犬のご飯作り」を自由に楽しむためには、この3つの基本を押さえておくといいですよ、と言う項目があります。

 

これを知ることで、間違って犬の健康を害するような食事を与えることは避けられますし、それにプラスして、「より体に良い食事」と言う風に、食事を積極的に、健康増進に役立てることができるようになります。

 

じゃあその3つの知識って何?ですが、それが昨日ご紹介した

 

——————————–

 

・犬に食べさせてはいけないもの

 

・犬におすすめでない調理法

 

・栄養についての基本的な知識と情報

 

——————————–

 

です。

 

まず、犬に食べさせてはいけないものですが、代表的なのは、

 

●ネギ類(玉ねぎ、長ねぎ、ニラなど)

→ 溶血を引き起こす物質を含んでいるのでNG。加熱してもこの成分は消えない。ネギの含まれた煮汁でも中毒が起こるケースもあり。

 

●チョコレート

→ 中に含まれる「テオブロミン」による中毒。嘔吐、下痢、死亡例もあるので注意。

 

●鳥の骨

→ 噛んで割けると鋭利なキリのようになり、犬の口の中や消火器を傷つける。

 

ですね。

 

市販の手作り食本には、必ず「犬に食べさせてはいけないものリスト」が載っていますのでそちらを参考にするのがおすすめです。

比較的よく売れていて、人気があり、わかりやすい書籍はこちらです:

●かんたん!手づくり犬ごはん ワンちゃんがよろこぶ健康&体質改善レシピ

まずはここで、最低限「これは犬に食べさせてはいけないんだな」と言う知識を身につけておくと安心です。

 

ポイントとしては、ただ「これは食べていい、これはダメ」とリストを暗記するのではなく

 

「この食べ物は、こう言う理由で犬にダメなんだな」

 

と、必ず「理由とセット」で覚えることが大事。

 

理由を押さえておくと、安心できますからね。

 

と言うわけで、

 

「犬のご飯はもっと自由にやりたい」

 

「でも、自由にやった結果、犬が間違った食事で病気になるのが怖い!」

 

(まあ食事だけが理由で犬が病気になるって言うのは、よほどの特殊事情でない限り、ありえないので大丈夫なんですが)

 

と言う方は、まず「食べさせてはいけないもの」をしっかり把握してくださいね、ということです。

 

いかがでしょうか?

 

ちょっとは安心できる気がしませんか?

 

次号のメールでは、残りの2つ:

 

——————————–

・犬におすすめでない調理法

・栄養についての基本的な知識と情報

——————————–

 

をどうやって身につけるか?の話をします。

是非楽しみにしていてください。

 

Office Guri 諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。