犬の寝たきり防止(3)足腰が弱っても、やっぱり犬は歩きたい


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

超大型台風が近づいています。通過エリアの方は安全第一でお過ごしくださいね。

 

強風の合間に、犬をトイレに出したら犬が飛ばされた…という、笑えない、決して冗談ではない話もあります。

 

みなさんがご無事に過ごされますように。

 

 

さて、今日のテーマは:

 

———————————–

「犬が歩きたがらない理由を探れ:その2」

●足腰が弱ってきて歩くのが辛い犬の散歩をどうするか?

———————————–

 

歳を取ってくるとどうしても、足腰が弱ってきます。それはある意味、仕方がないことですね。

 

でも「弱ってきているから」と言って、運動量を減らしてしまうと、ますます足腰の筋肉は弱ります。

 

そうなると、このメルマガではなんども行っていますが「寝たきり」の可能性がぐんと上がります。

 

なので「足腰が弱ってきたなりに、楽しめる範囲で散歩に行く」がベスト。

 

じゃあどうしたらいいか?ですが、

 

————–

●坂道を避ける

●砂利道を避ける

●階段を避ける

————–

 

という風に、まずは足腰の弱った犬にとっては「非常に歩きにくい」道を避けて、散歩コースを組み立て直しましょう、になります。

 

これだけで、犬の体への負担はぐっと減ります。

 

それにプラスして、今度は「歩きやすい道」を選びます。

 

具体的には

 

————-

●芝生

●土の上

————-

 

など。

 

特に足が弱って引きずる犬の場合、アスファルトの道路はお勧めではありません。そのまま引きずると、足を痛めてしまいます。

 

犬が足を引きずる場合は、大型犬の場合は子供用靴下を履かせる、中型~小型犬の場合は、子供用靴下を改造するか、犬用ブーツを購入して履かせましょう。

 

その上で、引きずってもダメージの少ない土や芝生の道を中心に歩かせる。

 

最後に、散歩コースの「長さ」を見直します。

 

今までの距離を歩くのが難しいのであれば、散歩の時間を短くする。

 

短くしても、歩ければそれでいいんです。

 

短い散歩で犬が物足りなさそうであれば、短い距離であっても回数を増やす。

 

もしくは、今までと同じ距離を歩く中で「休憩」を挟む、などなど。

 

本当にこうした「ちょっとした工夫」で、足が弱った犬でも楽しく散歩できるケースは多いのです。

 

ただ、このような「ちょっとした工夫やテクニック」を知らないために

 

あ~、うちの犬、もう歳だから散歩行きたがらないな~

 

と、寝ている時間だけが増えていく。

 

結果、必要以上に安静にする時間が増えて、筋肉が衰える。

 

最終的に足腰が立たなくなる、というケースが増えています。

 

なので、最近は獣医さんでも

 

シニア犬で歩きたがらない場合は、散歩の工夫をして少しでも歩かせてあげて

 

と、発信する人もいます。

 

書籍などを出して、啓蒙活動をしている人もいます。

 

でも、なかなかそういう情報発信の声はまだ小さく、必要とする人と犬たちに、十分に届いていないのが現状です。

 

私は個人的に、違和感を感じているのはここですね。

 

犬の「介護」に関する情報は、本当に増えてきました。

 

でも「できるだけ犬に自立した生活を送ってもらうための、寝たきり予防の対策」については情報がまだまだ少ないです。

 

理想を言うと

 

●まず予防

●それでも足腰が立たなくなったら介護を

 

と言う順番だと思います。

 

予防を語らずして、まず介護の情報が…と言うところに、なんだかスッキリしないものを感じます。

 

 

まずは予防だよね?

 

と。

 

これについて、今メールをお読みの読者のみなさんはどうお感じになるでしょうか?

 

今、インフルエンザがちょっと流行の兆しを見せています。

 

毎年流行るこの病気についても、予防接種や手洗い、マスク着用などが、予防や感染拡大防止に有効で、やりましょう!と言われています。

 

それでもやっぱり、かかる時はかかりますから、そう言う時は自宅で安静にし、治るのを待ちますよね。

予防手段がある、とわかっているのに

 

「どうせかかる時は、かかるんでしょ?」

 

と、手洗いをしないとか、マスクしないとか、そう言う人はまずいないと思います。(いたとしても、きっと少数です)

 

 

犬の寝たきりだって、同じこと。

 

そうなる前に「予防」する手段はたくさんあります。

 

だったらまず「予防」になることをやろう。

 

そして、できればそれが「義務的に嫌々」ではなく「あ、これって結構楽しいかも」と、犬も飼い主さんも楽しみながら、できるのがいいですね。

 

我が家の14歳の黒ラブ:ぐりも、実は今年の春あたりから後ろ足を引きずっていました。

 

そこで獣医さんと色々話し、散歩方法を変えました。

 

そうしたら1週間ほどで、後ろ足を引きずるのがほぼなくなりました。

 

うーん。運動の成果。素晴らしい。

 

本当に、ちょっとの工夫で犬の体の機能が回復できる方法は、たくさんあるんです。

 

そのことを、ぜひ犬を飼っている方で、必要とされるみなさんに知っていただければいいな、と。

 

そう言う気持ちでこのメルマガを配信している次第です。

 

 

●14歳の黒ラブは、今日も元気:

 

この投稿をInstagramで見る

 

秋ですね。14歳、ぐりの散歩。 #犬 #ラブラドール #シニア犬 #老犬 #大型犬

Naoko Morohashiさん(@officeguri)がシェアした投稿 –

本日は以上です。

*次号「硬くなった犬の体をストレッチ」

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の寝たきり防止(2)俺が散歩に行きたがらない理由を聞いてくれ、飼い主


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

今日も北海道の我が家は朝から暖房をいてれぬくぬくです。

 

老犬14歳は、よく温めないとダメですからね。

 

 

さて、今日のテーマは:

 

———————————–

「犬が歩きたがらない理由を探れ」

———————————–

 

うちの犬、散歩を億劫がるようになったなあ。もう歳だから散歩減らすか

 

という風に「歳だから」で片付けられ、結果「動かない生活」に突入する犬が多いですよ、という話を前回のメルマガでしました。

 

 

●犬の寝たきり防止(1)筋肉は裏切らないが、ものすごい怠け者
https://www.officeguri.com/archives/8097

 

活動力の低下は、そのまま「筋力」の低下。

 

「筋力」の低下は、寝たきりの入り口です。

 

なので、「犬が行きたがらないから散歩やめる」は不正解。

 

なんで行きたがらないんだろう」と理由を考えてみる、が正解です。

 

 

俺が散歩に行きたがらない理由を聞いてくれ、飼い主

 

と、犬は言えない。

 

だからこっちが考えます。

 

今日はその話。

 

 

 

 

 

 

犬が散歩に行きたがらない理由はいくつかあります。

 

●心臓が弱ってきて、歩くのが辛い

●足腰が弱ってきて歩くのが辛い

 

個別に見ていきます。

 

——————————–

●心臓が弱ってきて、歩くのが辛い

——————————–

 

 

 

シニア期に入って、心臓病が明らかになるケースは多いですね。

実は若い頃から心臓疾患ではあったけど、シニア期に入ってそれがいよいよ「分かりやすい不調」として現れてくることが多い。

 

 

なので、犬が歩きたがらない、という場合、まずはメディカルチェックを病院で受けましょう。

 

 

もし、心臓が弱ってきていても薬で対応することで楽に過ごせることもあります。

 

 

何より今後の生活をどうしていくか?を獣医さんと話し合って、決める、というのが大事。

 

 

心臓が悪いから散歩させない、ではなく

 

弱ったなりに、犬が苦しくない範囲で散歩を楽しめるようにするのはどうしたらいいか?

 

を考えるのが、飼い主の「お仕事」です。

 

具体的には「心臓に負担がかかる坂道を避ける」とか散歩コースを「短め」にして、その代わり「バリエーション」を増やして組み合わせる、などですね。

 

持病を抱えたなら、抱えたなりに運動をする方法はちゃんとあるんです。

 

 

亜健康

 

という言葉をご存知でしょうか?

 

 

歳をとってくると、犬も人も何かしら持病を抱えていることが多いです。

 

でも、入院するとか、仕事ができない、とかそういうほどでもなく、日常生活の中では病気と上手く付き合って、そこそこ健康に生きている、という人は多いですよね。

 

犬もそれは、同じです。

 

持病を抱えていても、自分の足で立って、歩けるし、ご飯も食べる。

 

日常生活を自立して送れる、行動も制限されない。

 

こんな風に「完全な健康体でもないけれど、そこそこ元気」=「亜健康」となるわけです。

 

シニア期の犬が目指したいのは、ここではないでしょうか。

 

心臓に病気を抱えているような場合、薬を飲みながらも散歩は短時間でもいいので楽しむ。

 

それによって体を支える大事な筋力鍛えてキープする。

 

大事なのは

 

歩きたがらない理由を見つけて、それに合わせて対応する

 

ということです。

 

病気だからといって、家の中に閉じこもりすぎは、筋力キープの視点から見ても、よくありません。

 

獣医師と相談しながら、その犬の負担にならない範囲で、散歩をアレンジする。

 

これが寝たきり防止のために、私たちができることです。

 

皆さんの愛犬の場合は、この点はいかがでしょうか?

 

今日はぜひ考えてみてください。

 

*次号「足腰が弱ってきて歩くが辛い犬の散歩をどうするか?」

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の寝たきり防止(1)筋肉は裏切らないが、ものすごい怠け者


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

昨日は朝から暖房を入れて、老犬を温めています。老犬は冷やしたらダメですね。

 

ついでに私も冷えると機動力が落ちるので、室内ではフリースを着て、犬と一緒に暖房の入った部屋で過ごすことにしています。

 

 

さて、今日のテーマは、

 

——————————————-

●犬の寝たきり防止のための「筋力キープ法」

——————————————-

 

大前提として、今日はものすごーく大事な話をしますね。

 

それは何かというと…。

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::

「筋肉は怠け者」

:::::::::::::::::::::::::::

 

ハイ、筋肉は使わなければどんどん衰えていく「怠け者」です!

 

特に「歩く」ことに関する筋肉…犬の場合は背中の筋肉と、腰、お尻の筋肉ですが、これらの筋肉は使わないとどんどん「弱る」一方です。

 

それなのに、シニア期に入った犬に対し

 

最近、うちの犬歩きたがらないな。散歩減らそうか

 

という風に、「歳だから」を理由に散歩、運動量が減らされるケースが少なくない。

 

ハイ、これは問題です!

 

なぜか?

 

運動量が減ると、筋肉が減ります。

 

 

体を動かさないようになると、血行が悪くなります。

 

 

体を動かさないと、関節や腱が硬くなる原因になります。

 

 

関節が思う等に動かない、腱がこわばると、体がカチカチに硬くなります。

 

 

結果、「寝たきり」へ向かって加速します。

 

 

これを「悪循環」と呼ばす、何と呼ぶのか?っていうくらい、悪いスパイラルですね。

 

大事なのは、「最近、うちの犬、歩きたがらないんだけどどうしてかな?」と理由を考えて、犬をこと細かく観察してみることです。

 

歳だから仕方がないか

 

で、済ませるのではなく「なぜ、犬が歩くのを億劫がるか?」を犬の体をチェックしながら、考えてみる。

 

これがすごく大事です。

 

なにせ「筋肉は使わないとどんどん衰えてしまう”超怠けもの”」です。

 

理由はどうあれ、使わなければ「お、ラッキー」とどんどん怠け、最終的にはやせ細っていくのです。

 

筋肉は付けるのには本っっ当に苦労しますが(1日置きにジムに通ってトレーニングして、1ヶ月でようやく300g増えるとかそんなレベルですよ)衰えるのは、本当にあっという間。

 

本当に手のかかる、面倒くさい、いったん手にしたら維持費ばっかりかかる、シルクのオートクチュールドレスみたいなものです(着たことありませんが)。

 

 

でもやっぱり、大事なんですよね。筋肉。

 

だったら、今ある筋肉をできるだけ減らさないよう「維持」が、まず大事。

 

あと、幸いなことに筋肉は、何歳になっても

 

トレーニング

 

することで「鍛えられる」という性質を持ちます。

 

なので、衰えてしまっても悲観する必要はありません。

 

また鍛えればいいわけですしね。鍛えれば、ちゃんと筋肉は育ちます。爺さん犬でも、ばあちゃん犬でも、ちゃんと育ちますよ。

 

 

なので、「犬を寝たきりにすることなく、できるだけ元気でいてほしい」と願う飼い主さんは

 

「筋肉はとにかく、怠け者っ、ダア!」

 

ということを、両手を握りしめながら今日は覚えてください。ココ、本当に大事です。

 

犬の寝たきり防止のために、基本中の基本事項なんですが、この大事なことを、きちんと専門家から教えてもらえる機会はほぼないです。

 

なので、今日は「そっか、基本事項が知れて得したな」と思っていただけると私も嬉しい。

 

 

 

————————————

●筋肉は、使わないとどんどん衰える怠け者

————————————

 

繰り返しますが、大事です。

 

これだけまずは、今すぐ頭にメモってください。

 

*次号「犬が歩きたがらない理由を探れ」

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。