犬の食と健康~農薬ってそんなに悪いもの?と言う話


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日のテーマは、

 

————————————–

●食と健康~農薬ってそんなに悪いもの?

————————————–

 

について。

前回、「無農薬=農薬ゼロ、ではない」という話をしたら結構びっくりされた方が多くて、あ、やっぱりこういう情報の読み解き方については、色々お伝えすべきだな、と改めて思っていたところです。

 

見逃してきた方はこちらから、バックナンバーをどうぞ。

●犬の手作り食:「無農薬」は、農薬ゼロっていう意味じゃないですよ、という話
https://www.officeguri.com/archives/7994

 

で、今日のテーマなんですが、

 

そもそも農薬って、実際以上に悪者扱いされて、誤解されてない??

 

という話。

 

先日、夫が”とうきび(トウモロコシのこと。北海道ではとうきびと言います)”を買ってきてくれて
早速「とうきびご飯」を炊こう!と皮を剥いたら…。

 

いました!

 

何が?

 

イモムシ!

 

ちなみに私はイモムシは好きで、わざわざ畑や公園で見つけると、こんな風に写真を撮ってしまうくらいなので、

●畑で見かけた赤いイモムシ(結構可愛い):
https://www.instagram.com/p/BzsPnp0gdDV/

 

とうきびにイモムシがいたくらいで、キャーキャー騒ぎません。

 

あー、イモムシだ、外におかえり!と素手でつまんで、庭に放逐です。

 

で、イモムシがいた「とうきび」は、当然食い荒らされていますね。

 

でもまあ、イモムシが食べた量などたかが知れています。

 

芋虫の食べ跡は黒く変色していたので、そこは包丁でゴリゴリ削って、他の問題ないところを美味しくいただきました。

 

おしまい!

 

…なんですが、普通、買ってきた野菜にイモムシがいたら、まあ嫌ですよね、という話。

 

虫が嫌い!という人の方が多いですから、イモムシなんて野菜の中に見つけた日には、もう食欲も失せちゃうし悲鳴もあげちゃうよ!っていうのがごくごく一般的な反応だと思います。

 

当然、虫のついた野菜なんて嫌われますし、虫食いがある野菜はスーパーでは売れませんね。

 

もしそんなものを売ったら、スーパーには苦情の電話がじゃんじゃんきますよ。

 

そんな苦情殺到の野菜を作っていたら、農家さんは生計が成り立ちません。

 

じゃあどうしたらいいか?

 

畑から、作物を食い荒らす虫には退場していただきましょう!という話になる。

 

そこで出てくるのが、「農薬」です。

 

「え!ちょっと待って!

農薬なんて体に悪いし自然環境も破壊する存在ですよね!

そんなものを使った野菜ん当て食べたくありません!」

 

ふーむ、では農薬を使わないことにしますが、その分、野菜は虫が食べますし、虫食いの跡が残ります。

 

当然、買った野菜の中からイモムシが「コンニチワ!」することもあり得ますが、それはもちろん、許容していただけるわけですよね?

 

 

 

「…え?なに言ってんですか?

イモムシなんて嫌ですよ!虫食い?冗談じゃありません!

私はピカピカの、形の良い野菜しか認めません!虫の食べ跡など言語道断!」

 

 

えー、それじゃあ農薬使わないと無理ですよ。

 

北海道のキャベツの作付け面積だけで、1万4000ヘクタールあるんですよ?

 

1万4000ヘクタールっていうと、東京ドーム約3,000個分なんですよ?

 

東京ドーム約3,000個分の畑の害虫、まさか私たち生産者に、全部手で取れっていうんじゃないですよね?

 

ひょっとして、ふざけてます?

 

「そ、それは…」

 

 

今回はちょっと、わかりやすくするために多少大げさに書いてみましたが、でも、案外私たち消費者の望んでいることって、よくよく考えると、結構わがままで、しかも矛盾していることが多いんです。

 

そこをわかっていただくのが、犬のために

 

安全な食材を選ぶために、なにを知り、どう考えたらいいか?

 

を知るための、一歩になる。

 

そう思って、今回、あえて「農薬」をテーマにこの話を書いてみた次第です。

 

虫食いは嫌! → そうですよね。

 

野菜に虫が入ってるのだって嫌! → わかります、そりゃそうですよね。

 

それであれば、「でも農薬は嫌!」と感情的に否定するだけって、どうなの?と言う話です。

 

あれも嫌、これもダメ、だと、本当に犬のための美味しくて安全な食材を選ぶために、本当に知らなくてはいけないことは何か?が全然見えてこないんですよ。

 

前回のメルマガで

 

無農薬=農薬ゼロとイコールではない

 

と言う話を書いたのも、そう言うことを、理解して受け入れる素地のある方には、知っていただけたら、と言う意図があります。

 

食にまつわる、様々なルールや、それにまつわる農薬のこと、表示のことなど、客観的な目で見ないと、本当の意味で、犬のための安全で安心して食べられる食品を選ぶ目が曇ってしまいますよ、と言う話。

 

結論を言ってしまえば、もし虫食いもなく、虫がコンニチワ!することなく、美味しい野菜を適切な価格で、安定して毎日食べたければ

 

農薬

 

と言う存在についても、ある程度知って受け入れることも大事じゃないかな、と言うことです。

 

善か悪で白黒はっきりつける!と言う姿勢ではなく、ほんの少しのリスクをどう受け入れるか?

 

あと、そのリスクそのものについて、知る姿勢を持てるか?です。

 

—————————————————-

犬の食の安全を守りたければ、その「食」を取り巻く状況について、正しく理解することが大事。

—————————————————-

 

今日のポイントはこれに尽きます。

 

ぜひこれについて、お盆休みの今日、考えてみていただければ幸いです。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の手作り食:「無農薬」は、農薬ゼロっていう意味じゃないですよ、という話


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、テーマは、

————————————–

●犬の手作り食の材料、やっぱり無農薬とかの方がいいですか?

————————————–

について。

 

この問題は、結構気にしている方が多いです。

 

私も以前、気になったので徹底的に調べました。

 

そして、結論。

 

無農薬栽培、と表示があっても残留農薬ゼロとは言い切れないので、あまり意味がないかも…

 

えええええええ!と驚いた、そこの方!

 

さらに大事なことを今から言いますね。

 

「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」

 

といった表示も、農作物について、現在は使用禁止ワードになっています。

 

「ええええええ!何で!?」

 

ハイ、これについて今から説明しますね。

 

犬のためにできるだけ安全な食材を!と意識している飼い主さんにとっては、結構大事な話になるので、よーく耳をこちらに集中して聞いてくださいね。

 

まず、事実関係の整理から。

 

「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」

 

これらの表示は、農林水産省「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」により2004年から禁止されています。

 

結構前…ですけれど、実際、このことを知らずに「無農薬栽培」をうたって野菜が販売されているケースも多いです。そういう表示を見かけたよっていう方も、多いはず。

 

ただ、こうした表示は事実と異なっていたり、実際以上にその商品に対して良いイメージを意図的に与える可能性もあるんですね(優良誤認)。

 

例えば「無農薬」。

 

確かに、その「無農薬野菜」を育てている農家さんの畑は、無農薬栽培で農薬を使っていないかもしれない。

 

でも、その隣の畑で、別の農家さんが農薬を散布していた場合。

 

「無農薬栽培」の畑の方にも、農薬は風で飛んできます。

 

ビニールハウス栽培であれば話は別ですが、そうでない、屋外の畑であれば、畑と畑の間に空気の流れを遮断するような壁を作るのも事実上不可能ですし、土地は当たり前ですが、地続きです。

 

なので、「無農薬栽培」と表示があって、実際その畑の管理者は農薬を一切使っていなくても、隣の畑から飛んでくるのは防ぎようがないじゃん!ということ。

 

こういう状況だと、

 

その野菜に100%残留農薬はありません!

 

を証明するのは、難しい。

 

ゼロを証明するって、案外難しいです。

 

ゼロ → 1 であれば、存在を証明すればいいのですが、存在しません、を証明するって至難の業。

 

それであれば、現実に即した表記の仕方で、消費者に、商品について正しく伝わるよう、表示を変えませんか?ということになりました。

 

 

というわけで、現在は

 

特別栽培農産物

 

とか

 

特別栽培米

 

という表示の仕方がされています。

 

詳しくは、こちらにガイドラインが公開されているので、興味のある方は参考にしてみてください。

●特別栽培農産物に係る表示ガイドライン
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/tokusai_03.pdf

 

というわけで、今日の結論を言います。

 

犬の手作り食の材料、やっぱり無農薬とかの方がいいですか?

 

そもそも農作物に関しては「無農薬栽培」という表示をしちゃいけませんよ、というルールになっているので、もし、できるだけ農薬が少ない環境で育ったものを希望、ということであれば

 

特別栽培農産物

 

の表示のあるものを選んだらいいのでは?というのが一つ。

 

それともう一つ。

 

そもそも、農薬ってそんなにダメなものですか?

 

という視点。

 

これが実は大事です。

 

犬の食の安全を考える際、

 

農薬は体に良くない

 

というイメージだけで考えるのは、実はあまりお勧めの姿勢ではありません。

 

健康を考える際、個人の「好」の感情はもちろんあってもいいですが、それだけを元に考えると、良い結果に結びつけるのが難しい。

 

大事なのは、感情はいったん脇に置いておき「客観的な事実」や「データ」もみてみよう、という姿勢です。

 

犬の健康を本気で考えよう、と思う飼い主さんは、必ずこの

 

感情の好悪とは別に、そのものについて客観的に考える力

 

が必要になる時が、必ず来ます。

 

うーん、でもなんかちょっと難しそうですね。

 

やっぱりどうしても好き嫌いの感情で判断しちゃうなあ。

 

でも、そこを一旦乗り越えて考えてみるのが大事なんだよね?

 

じゃあ、一体どうしたらいいんでしょうね?

 

そう思った飼い主さんに向けて、次号のメールで引き続きお話ししています。

 

*余談:本文とは関係ありませんが、今この本を読んでいます。動物との関わり合いをいろいろな角度で考えてみたい方にはおすすめです。

 

興味のある方は、お盆休みに是非。

 

●人間と動物の病気を一緒にみる 医療を変える汎動物学の発想

 

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


イヌの手作り食:納豆最強説


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

—————————————

●納豆最強説

————————————–

 

私は納豆が好きです。

 

そして我が家の犬たちも納豆が好き。

 

なのでイヌ、ヒト共に納豆をモリモリ消費しているわけですが、実は納豆というのは、かなり優れたタンパク源でもあります。

 

食事から取り入れる栄養素は基本、どれも大事ですが、特に重点的に欠かさないようにしたい…と個人的に思うのはタンパク質ですね

 

タンパク質はまず、体の基本である「筋肉」を作ります。

 

皮膚や髪の毛、爪なんかもタンパク質でできています。

 

私たちは常に、食事からタンパク質を取り入れて、体の中で利用し、古くなったタンパク質は捨てています。

 

窒素出納(ちっそすいとう)」

 

という言葉がありますが、私たちの体の「タンパク質」は合成と分解を繰り返しています。

 

食事から摂取したタンパク質が十分だと、過剰に摂取したものは体の外に捨てられます。

 

この「摂取量」と「排泄量」の差を「窒素出納」というんですね。

 

で、通常はこの「窒素出納」は「ゼロ」です。

 

もし、筋トレをして筋肉が増えた、という場合は「+(プラス)」になります。

 

逆に、饑餓状態で筋肉が痩せてしまった!という場合は「ー(マイナス)」になります。

 

皮下脂肪とか内臓脂肪は、食べ過ぎるとすぐについてしまいますが(そして、取れにくい)筋肉はつけるのが大変ですし、維持も結構大変。

 

なのでできるだけ筋肉を落とさず、維持したいな!と思うのであれば、食事から十分な量のタンパク質を摂取することが大事。

 

ただ、タンパク質=肉!というイメージだと、この暑い毎日が続く中、夏バテ気味だし、正直お肉はくどいなあ…という方も、あと犬もいると思います。

 

そういう時に超絶おすすめなのが、「納豆」なのです。

 

まず、納豆は発酵食品なので栄養の消化、吸収がしやすいですね。

 

あとは血管の健康に役立つ「ビタミンK」も豊富。

 

何より、納豆ってパックから出してすぐに食べられるので、もう暑くてだるくて料理も無理!という時にとりあえず納豆が1パックあれば、良質なタンパク源を確保できます。

 

納豆はアミノ酸スコアほぼ100という、アミノ酸バランスがパーフェクトに近い、良質なタンパク源でもあるので体内でも活用しやすいですね。

 

イヌの必須アミノ酸である「アルギニン」も多く含むので、イヌにとっても利用しやすいタンパク源と言えます。

 

暑い夏は、手作り食も無理をせず、調理の手間を省ける納豆のような食材を上手に活用するのもおすすめです。

 

そうめんに軽く納豆を乗せ、キュウリの千切りでも添えれば、それで立派な犬の食事になりますよ。

 

夏は食欲が落ちがちです。

 

そんな時こそ、良質のタンパク源を、あっさりメニューで。

 

私も現在、絶賛夏バテ中ですが、毎日納豆を食べているおかげで、どうにか筋肉量は維持できている感じです。

 

皆さんも、皆さんの隣の犬たちも、今年の暑さによる体調不良には、十分お気をつけくださいね。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。