どうせ犬に食べさせるなら、体に良いものがいい、という飼い主さんへ


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、ここのところメルマガの配信頻度が週一くらいになっていますが、これには理由がありまして

 

シニア犬のための薬膳講座

 

の制作に集中していたためです。

 

動画撮影は先週中に終えていますので、今は編集作業中ですね。

 

こちらは、今週中頃までには終える予定ですので、今月下旬のご案内に間に合いそうです。

 

今回の講座は、薬膳初心者の方でも気軽にスタートできる

 

シニア期の犬に合わせた、薬膳手作りごはんの入門書

 

的な位置付けの講座になっています。

 

犬に手作り食を作っている方の多くに共有する願いとして

 

どうせ食べさせるなら、体に良くて、なおかつ美味しいものを

 

というのがあります。

 

もう10年以上も前になりますが、私が犬の手作り食を始めたきっかけも

 

犬に色々美味しいものを食べさせてやりたいな

 

が根本にありました。

 

特に我が家の犬は、食欲旺盛なラブラドール・レトリーバーでしたから、ペットフード以外の食べ物を食べたら、どんな顔をするかな、喜ぶかな?という単純に

 

犬を喜ばせたい

 

という動機がかなり大きかったように思います。

 

それが10年くらい続いて、現在はこんな感じで犬のご飯を食べさせています。

 

【動画】春ニシンのっけ飯

 

 

【動画】シニア犬の薬膳:ユリ根と鶏ハツ

 

 

スタートは

犬に美味しいものを食べさせたい!

 

 

そこから更に進むと、

 

どうせなら、美味しくて犬の身体に良いものを食べさせたい

 

になります。

 

今メルマガをお読みの、読者の皆さんご自身の場合はどうでしょうか?

 

そうそう、我が家もどうせなら、犬が喜んで美味しく食べられるもので、体に良いご飯を作ってあげたいわ!

 

という風にお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

美味しいご飯を作るには、レシピや調理法、食材の選び方などの知識が大事です。

 

犬の体に良いものを、と考えた場合、栄養学の基本的な知識や、犬に食べさせてはいけない食物の情報が必要になってきます。

 

こうした基本事項をクリアすると、今度はそこに「楽しみ」をプラスしたくなります。

 

犬の体に良い食事で、犬は食べる楽しみがある。なおかつ飼い主さんも作る楽しみを味わえる。

 

もし、そんな犬の手作りごはんに興味がある方は「薬膳」がおすすめです。

 

薬膳は、口に入る食べ物自体に「薬効」があると捉えています。

 

なので、食事そのものを「食べる薬」と考える。

 

「食べる薬」と捉えるので、食材の選び方も、犬1匹1匹の体に合わせたものにする必要がある。

 

そんな視点で食事を考えるのが、薬膳の面白いところです。

 

今回の講座では、犬の老化の原因を薬膳の視点で捉えた「8つのポイント」で考え、それぞれの原因に対応する薬膳食材を使って、メニューを組み立てていく知識を学ぶ講座構成になっています。

 

今月下旬にはご案内開始予定ですので、必要を感じる方はあと少し、楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

 

それではまた(今週からはもうちょっと、配信頻度を上げたいですね)。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


シニア犬の食事は「トロミ」が大事!


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今朝ニュースで

 

ドリンクに自由にとろみがつけられる自販機!

 

というのを紹介していました。

 

というのは、年を取ってくると喉の筋肉が弱り「飲み込む力」が低下します。

 

そうすると、

 

一番飲みにくく感じるのは”水”

 

とのこと。

 

さらにいうと、サラサラの状態の液体よりもある程度とろみのついたものの方が飲み込みやすいし、安全です、ということを紹介していました。

 

これって実は、犬も同じです。

 

犬も年をとると、どうしても飲み込む力が弱くなる。

 

そのため、手作り食でもサラサラのスープご飯よりは、とろみがついてポタージュ状になったものや、片栗粉などである程度餡かけっぽくなったものの方が食べやすくなります。

 

とろみがあって、ゆっくり喉を通るものの方が、誤って気管に入るリスクを劇的に下げる効果があるので人間向けの高齢者の方向けドリンクや食事では、そういう工夫がされているところが多い。

 

犬も同じですよ、という話。

 

手作り食の場合、この辺は飼い主さんのやり方一つでいくらでも工夫できますし、犬が食べやすい量のとろみや、餡で閉じるなど、犬に合わせて食事のカスタマイズできるところがいいですね

 

我が家では、最近本当に「とろみ」を活用しています。

 

14歳になった我が家の黒ラブ:ぐりも明らかにとろみがある方が食べやすそうにしていますし、食べている最中に口からこぼす量も減りました。

 

シニアに食べやすい食事は、若者にも食べやすいようで、我が家の7歳の黄ラブ:ニコも同じようにとろみがある食事をガツガツ食べています。

 

シニア期の食事は、こんな風に「ちょっとした知識と一手間」が、ものをいう時期でもあります。

 

我が家のニコも7歳といえば、大型犬でいえば立派なシニア期に突入の年齢です。

 

こうやって、ライフステージに合わせて食事を考えていくのも犬の生活では大切ですし、そうやって、犬に合わせて食事をアレンジするのは楽しい作業です。

 

「シニア犬」の食事を「薬膳」の視点から考える講座は、今週中に動画を全て撮り終える予定ですので今月下旬にはご案内できると思います。

 

犬の年齢に合わせた食事を、楽しみながら色々アレンジしたい。

 

その上で、しっかり健康管理に役立てたい。

 

そんな飼い主さんは、是非楽しみにしていてくださいね。

 

それではまた!

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


犬の体に合わせて食事を作る:夏野菜や魚のアラの話


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

先ほど、生トマトで作るミートソース(犬用)の写真をInstagramに上げました。

 

普段はトマト缶で作りますが、これからの季節は生トマトも出回るので、こうやって生で作るのもいいですね。

●生トマトで作るミートソース:

 

 

本日のテーマは「犬の体に合わせて食事を作る」です。

 

昨日も午後から「シニア犬のための薬膳講座」の動画撮影をしており、基礎編はほぼ撮り終えました。

 

その中でも「体に合わせて食事を調整するのが大事ですよ」を繰り返し喋っていたのですが、これって具体的にどういうこと?と疑問に思った方も多いはず。

 

なので今日は、その話をします。

 

———————————————–

 

●今日「鰤(ブリ)アラ」を買ってきた理由~シニア期の犬のために

 

———————————————–

 

私の買い物報告で恐縮ですが、午前中、たまたま前出のミートソース用に「セロリ」を買いに行ったスーパーで

 

鰤のアラ

 

が、てんこ盛り、108円で売られていました。

 

長崎産の天然物、鰤のアラです。

 

見た所、お肉の部分たっぷり。

 

ただ、どの場所も「血合肉」が多く、お刺身などの場合、血合は臭みがあるためあまり好まれません。

 

なので、捨てられるか、今回のように一山108円、売れればラッキー!という感じで、たたき売りされていることが多い。

 

で、実はこの血合肉ですが、臭みが嫌われて捨てられることが多い一方で、栄養が豊富な部位でもある。

 

特にビタミン類と鉄が豊富です。貧血予防に最適な部位としても知られています。

 

一方で、薬膳でも「」は

 

————————————

 

・補気(ホキ):エネルギー補充

 

・補血(ホケツ):造血作用を促す

 

・滋陰(ジイン):体に水分を補い、乾燥を防ぐ

 

・健脾(ケンピ):胃腸を健康に保つ

 

————————————

 

という薬膳効果を持つ食材として、使われています。

 

ちなみに、シニア期を元気に過ごすための要素として、今回の講座では「8つ」のポイントを挙げていますが、

 

————————————

・補気(ホキ):エネルギー補充

・補血(ホケツ):造血作用を促す

・滋陰(ジイン):体に水分を補い、乾燥を防ぐ

・健脾(ケンピ):胃腸を健康に保つ

————————————

 

は、まさにその8つのポイントのうち、4つにどんぴしゃりと当てはまる優良食材。

 

我が家の愛犬:ぐりも今週の土曜日にいよいよ14歳を迎える立派なシニアです。

 

毛のパサツキや皮膚の乾燥には、日頃から注意していますが、どうしてもシニア期になると、若い頃と比べて被毛の艶や潤いは無くなってきます。

 

そうした乾燥が進むと、肌のトラブルにもつながるので、食事からも、できる限り皮膚の健康を守る工夫をしたい。

 

その点、特に

 

・補血(ホケツ):造血作用を促す

・滋陰(ジイン):体に水分を補い、乾燥を防ぐ

 

はシニア期のスキンケアを薬膳の視点で考える際、必ず押さえておきたいポイントです。

 

薬膳では、血液量が豊富で、しっかり体全体に栄養を届けることが、皮膚の健康につながる、という考え方が基本にあります。

 

なので、血合たっぷりの鰤のアラは、まさにその目的にぴったりです。

 

下処理を上手に行えば、臭みも抑えられますし、野菜と合わせて美味しいあら汁になります。

 

こんな風に

 

シニア期にどういう体のトラブルが起こりがちなのか?

 

を事前に知っておき、

 

今のうちの犬の場合、どこが気になるか?

 

をあらかじめ、はっきりさせておく。

 

その上で、

 

薬膳の視点で考えると、こういうケアが良さそうなので、それに合わせた食材は、これとこれとアレ

 

という感じで、材料のリストをある程度、頭に放り込んでおく。

 

そうすると、全然違う目的で出かけた先で

 

「おーーーー、血合いたっぷりの鰤のアラ!我が家の犬の体にぴったりな、血液の健康に良さそうな材料みっけ!」

 

というわけで、108円でたっぷり山盛りのアラを抱えて、ホクホク顔で帰ってくる事になるわけです。

 

アラをどう調理するか?は余力があれば写真を撮って、Instagramで公開しようかと思っています。

 

 

薬膳を知っていると、いろいろな食材に目が行き、毎日が楽しい。

 

犬のご飯作りは、とにかく楽しいのがいいですね。

 

ではまた。

 

*シニア犬の薬膳講座の最新情報はメルマガで今後も、随時お知らせ予定です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



【犬の検査数値の読み方が分からず、獣医さんの説明が全然理解できない…そんな飼い主さんへ】

検査数値の見方を学ぶことは、犬の身体を理解することです。

検査数値を学ぶ大切さを全9回の無料メールセミナーにまとめました。

ぜひご登録ください。


 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。