コラム

犬の手作りごはん栄養バランスの基本「五大栄養素」 | コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。日本アニマルウェルネス協会認定「ホリスティックケア・カウンセラー」、愛玩動物飼養管理士2級の有資格者です。

犬の手作りご飯歴15年になります。

今回は「犬の手作りごはん栄養バランス:五大栄養素」の話をしていきます。

五大栄養素とは?

  • 糖質
  • 脂質
  • たんぱく質
  • ビタミン
  • ミネラル

動物の体に役立つ栄養素は50種類程度あるとされています(現時点で)。

その中でも特に、体を健康に維持する上で「基本」とされるのが、今挙げた「五大栄養素」です。

そのため、手作りごはんで「栄養バランス」がどうしても気になって…と言う方は、まずはこの「五大栄養素」とはどういうもの?を学ぶことから始めるのがおすすめです。

五大栄養素も以下の枠組みで考えると理解が早いです。

エネルギーになるもの

  • 糖質
  • 脂質
  • タンパク質

エネルギーになるもの3つを特に「三大栄養素」と呼びます。

体を調整するもの

  • ビタミン
  • ミネラル

初心者はまずこの理解でOKです。

エネルギーになるもの、体を調節するもの。

これらを「過不足なく」日々の食事で摂取することが大切です。

「いろいろ食べる」=「必要な栄養素が取れる」

犬は雑食性の動物です。

ユーカリだけ食べて生きていけるコアラとは違います。

手作りごはんで「肉や魚」「麺類やご飯などのエネルギー源」「野菜」を極端な偏りなく、痩せすぎず、太りすぎずの範囲内で食べていれば基本、問題ありません。

ただ、ここでどうしても出てくるのが

「でもドッグフードが完璧な栄養バランスなのと比べると、
 いくら食材の偏りさえなければ大丈夫!と言われてもどうしても不安です…」

と言う悩み。

犬の場合、どうしても「ドッグフード」との比較で、手作りごはんの栄養バランスを考えてしまうんですね。

ではここのところは実際どうなのでしょうか?

ドッグフードと比べて、バランスが悪いのでは?とされる手作りご飯が、大丈夫と言える根拠は?

これについて、基本の考え方を次号のメールでお話しします。

世の中で多くの方が、これについて「誤解」をしているせいで、悩んでしまっています。

もし、今メールをお読みのあなたご自身が同じ悩みを抱えている場合、次号のメールが問題解決の手助けになれるはずです。

是非、楽しみにしていてください。

この記事はメルマガ「ぐり通信」のバックナンバーです。
最新号の配信を希望の方はバナーをクリックしてお申し込みください。無料でご購読いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。