犬の手作りごはん栄養学

「犬の栄養学」を食事にどう応用する? | 下痢・嘔吐・毛のパサツキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。今回も「犬の手作りごはん中級者向け、栄養学」をテーマに記事をお届けします。

過去4回の記事はこちら:

栄養学を学ぶことで、犬のためにできること

栄養学を学ぶことで、犬の健康管理にどんなメリットがあるのでしょうか。具体例を挙げながらご紹介していきます。

1 | 犬の体のトラブル対策:毛のパサツキ

犬の毛のパサツキ、皮膚の乾燥が気になる、という飼い主さんは多くいらっしゃいます。加齢によるパサツキ、皮膚の乾燥はある程度は仕方がないことです。

しかしながら、もしここで「皮膚や毛を作るのはタンパク質である」という知識があれば、食事に良質のタンパク質を加えることができます。

ここで敢えて「良質の」といったのは、同じタンパク質でも、体の中で利用しやすいものと、そうでないものとがあるからです。栄養学の知識があれば、食材の中から、この「利用しやすいタンパク質」を選ぶことができます。

体内でのタンパク質合成には「亜鉛」も欠かせません。タンパク質合成に必要な栄養素を体の隅々まで届けるには「血行」も大切。その点、「ビタミンE」は末梢血管の血流改善効果が期待できる栄養素です。

また、細胞内の水分をキープしているのは「細胞膜」ですが、これは「脂質」でできています。そのため、「脂質」の摂取が不足すると、乾燥肌の原因になる場合があります。

こうした、「愛犬の体の悩み」×「栄養素の働き」を照らし合わせて栄養を考え、食材をチョイスしていく。これが「犬のために栄養学を学ぶ」醍醐味といえるでしょう。

2 | 下痢、嘔吐

下痢嘔吐は犬にとって最も身近なトラブルと言えるでしょう。

激しい下痢や、繰り返される嘔吐は病気の可能性があります。必要に応じて獣医師の診察を受けましょう。家庭で様子を見られる場合は、手作りごはんでの対応が可能です。

嘔吐の際は、様子を見ながら水分補給をすることが大切です。経口補水液などを飲ませるのもおすすめです。

犬用経口補水液もありますが、人間用の経口補水液を3倍程度に薄めたものでも代用可能です。(ただし、持病がある場合は事前に獣医師へ相談してください)

その後、食事がとれるようになり回復期に入ったあとは、お粥など、水分が多く、消化の良い食事に切り替えます。その際、消化の悪い「油脂類」を含むものは避けます

下痢の場合も同様に、消化の良い、水分の多いメニューで体から失われた水分を補給します。

下痢、嘔吐では電解質も失われるため、補給が必要です。水ではなく、経口補水液が勧められるのはそのためです。

栄養学を身につければ、「一生役立つ」

栄養学を学ぶメリットは色々ありますが、一度身につけることで「一生役立つ」というのは確実といえます。

なぜなら、「食事」との付き合いは一生涯続くからです。また、犬の年齢やライフスタイルの変化に合わせて「適切な食事」も変わっていくからです。

そんな大切な「食事」から、犬の健康を考えたい方向けにOffice Guriでは『犬の栄養学を基礎から学ぶ:オンライン学習講座』を開講しています。

講義の動画配信を見ながら、自宅で学ぶ通信教育講座です。興味のある方はぜひ、こちらからご参加ください。

講座の詳細確認とお申込みはこちら
この記事は犬の健康基礎情報を学ぶ「ぐり通信」のバックナンバーです。
最新号の配信を希望の方はバナーをクリックしてお申し込みください。無料でご購読いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。