肉球クリーム

夏仕様、肉球専用クリーム。近日発売開始。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、前回このメルマガでご紹介した「犬のおさんぽ予報」。「このサービス、いいですね!」と反響をいただいています。

これから気温が上昇する時期がやってきます。日光で熱く熱せられた路面は、犬にとって

  • 肉球のやけど
  • 熱中症

の原因になるため、飼い主としては注意したいところ。

そして、私達が夏には「過酷な紫外線」や「室内の冷房による乾燥」対策として、スキンケアを欠かさないよう、犬の肉球にも乾燥ケアが大切です

そんなわけで、Office Guriでは今回、夏に向けて特別仕様の『肉球ケア専用クリーム』をご用意することにしました。

アフリカの厳しい乾燥から、女性の肌を守る続けた「シアバター」 | その保湿効果を大切な愛犬に

シアバター」をご存知でしょうか?私自身の「シアバター」との出会いはハンドクリームです。

シアバター」がスキンケア製品として著名になるきっかけをつくった、世界的に有名な化粧品会社が、南フランスにあります。その製品を手にとったのが、はじまりです。

肌の乾燥をしっかりカバー。しっとりとしていながら、ベタつきの少ないクリームに、とても感動したことを覚えています。

その「シアバター」について調べてみると、主な生産地はアフリカです。

西アフリカの国、ガーナ北部では、生まれてすぐの赤ちゃんの全身に「シアバター」を塗る習慣があります。ガーナ北部の気候は「乾燥帯」に属します。降水量も少なめで、紫外線は強い。肌には厳しめな環境です。

乾燥帯、ステップ気候の地域。写真はケニアのマチャコス
photo by McKay Savage

このような厳しい気候環境の中、「シアバター」は紫外線や乾燥から、まだやわらかく弱い赤ちゃんの肌を守っているんですね。

ちなみに「シアバター」は赤ちゃんだけでなく、大人も全身用クリームとして利用します。また、食用としても重用されるため、本当に貴重なバターなのです。

女性を貧困から脱出させる、「シアバター」プロジェクト

また近年では、アフリカでの女子雇用創出プロジェクトとして「シアバター」の生産が活用されています。「シアバター」生産が、女性の地位と生活水準向上に貢献しているものも多くあります。

シアバタープロジェクト |北部ガーナにおけるシアバター産業支援を通じた現地女性のエンパワーと貧困削減 | 国連開発計画(UNDP) 駐日代表事務所
http://www.undp.or.jp/undpandjapan/widfund/pdf/sheabutter_project.pdf

肌を健やかに保つのに役立つ効果はもちろんですが「シアバター」産業が、生産者の生活や収入、地位の向上に役立っている、というストーリーにも個人的には共感しています。

夏の過酷な路面を歩かざるを得ない犬たちに「シアバター」のめぐみを

夏の路面は高温です。そんな道を歩かざるを得ない犬たちには、この「シアバター」を使って、たっぷり肉球ケアをしてもらえれば。これが私自身の考えです。

シアバター配合の「夏仕様」の肉球クリームを販売します!

そんなわけで、「夏専用」として「シアバター」を配合した肉球専用クリームを近日販売します。

シアバター」に、ホホバオイル、ミツロウを使った肉球専用クリームは、通常の製品より、少し固めの仕上がりです。塗りやすく、カバー力もしっかりなクリームに、スキンケア効果の高い「ローズ」「ミルラ」の精油を加えた特別仕様です。

期間限定で販売しますので、興味のある方はぜひ、楽しみにお待ちください。次号のメルマガで詳細をお知らせする予定です。

この記事は犬の健康基礎情報を学ぶ「ぐり通信」のバックナンバーです。
最新号の配信を希望の方はバナーをクリックしてお申し込みください。無料でご購読いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。