お勧め書籍の紹介

人もペットも気をつけたい園芸有毒植物図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの身近な植物の中には、毒を持つものが少なくありません。

例えば「キノコ」。私たちの周りにも普通に生えていて、犬が好奇心から口にしてしまい、中毒症状を起こすケースがあることをご存知でしょうか?

キノコ以外にも身近な園芸植物などで毒を持つものは多いですね。

観賞用の園芸植物も毒を持つ場合が多く、注意が必要

例えばアイビーは見た目もかわいらしく、家に飾る方も多い植物ですが 葉と実に毒があり、動物での中毒事例多数あることで有名です。

こういう「身近にある有毒植物」を知っておくことで犬を誤食による中毒から守ることができます。なので一度、こうした「有毒植物」に関する情報をチェックしておくことをお勧めします。

一般書籍でお勧めなのはこちらです。


意外な植物が毒を持っています。庭でよく見かける花や観葉植物にも、毒を持つものが多くあります。

ぜひこの機会に、身近な有毒植物を知り、犬を誤植事故から守ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の健康を学ぶ無料メルマガ配信中!

この記事はメールマガジン「ぐり通信」のバックナンバーです。最新号をご希望の方は今すぐメールアドレスをご登録ください。

犬の手作りごはん、東洋医学、薬膳、ツボマッサージ、アロマセラピーなど、家庭で犬の健康を守る取り組みの最新情報をお届けします。

ご購読は無料です。


メルマガを購読する!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。