犬の手作りごはん

業務スーパー冷凍ワカサギで「きゅうり」との再会 | 犬の手作りごはん、食材の範囲を広げてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。噂の「業務スーパー | 冷凍ワカサギ」を昨日買ってきました!只今、半袋を解凍中。

最近スーパーで見かける地元産のワカサギと比較するとかなり大きいです。地元産ワカサギが細身のシャープペンシルくらいだとすると、業務スーパーワカサギは、油性マーカー「ハイマッキー」くらいの太さ感があります。

ところででこの冷凍魚の表示を見ると「冷凍キュウリウオ」と、ある。

キュウリ?キュウリってあの魚の”きゅうり”?

というわけで、今日は「キュウリウオ」のお話。

北海道では割と身近な魚「きゅうり」

私の地元では「きゅうり」と親しまれる魚。実は北海道以外では、ほとんど生では流通しないのだとか

なぜこの魚は野菜のキュウリじゃないのに「きゅうり」として売られるのか?子供の頃、疑問に思い聞いてみたところ「野菜のキュウリの匂いがするから」との回答を得ました。

まったくピンときませんでした

確かに少々青臭さが感じられる匂いはするものの「野菜のキュウリの匂いだろう!」と言われても、全然キュウリとは似ていない。魚は魚だよねえ、という感じ。

以後、大人になっても、進んで「魚のきゅうり」を購入することもありませんでしたが(あまり好きではなかった)、意外な形で私は「魚のきゅうり」と再会します。

ワカサギは「きゅうり」の仲間だった!

ここで話は冒頭に戻ります。買ってきた業務スーパーの冷凍ワカサギ、パッケージ裏には「冷凍キュウリウオ」と書かれています。

キュウリウオ?これって魚の”きゅうり”のこと?

そう言われてみれば、たしかに魚の顔付きとか背びれと腹の色味などが、あの魚の”きゅうり”に似ています。

気になったので調べてみると「キュウリウオ目」というグループが存在し、アユ、シシャモ、シラウオ、ワカサギなどがその仲間に数えられていました。

ちなみに「ワカサギ」は、

科       :       キュウリウオ科 Osmeridae
属       :       ワカサギ属 Hypomesus
種       :       ワカサギ H. nipponensis

それに対し、「魚の”きゅうり”」は

科       :       キュウリウオ科 Osmeridae
属       :       キュウリウオ属 Osmerus
種       :       O. mordax
亜種      :       キュウリウオ O. m. dentex

これを見ると、「ワカサギ」と「魚の”きゅうり”」割と近い仲間だと言えそうです。

我が家で食べるのは「ワカサギ」それとも「魚の”きゅうり”」?

結局、私が買ってきたこの「冷凍魚」は一体どっちなんだ…?と悩むところではあるのですが、まずは食べてみよう、ということで只今解凍中。

体長10cmほどの小魚なので、我が家の犬達だとパクっとまるごと食べられるサイズです。犬たちに食べさせる際は、少量の油で表面をカリカリに焼こうか?などと考えています。

今回は「冷凍魚」に目を向けたことで知った「キュウリウオ」グループ。新しい食材に目を向けることで、犬の手作りごはんも、人間の食卓も広がりが生まれています。

この記事は犬の健康基礎情報を学ぶ「ぐり通信」のバックナンバーです。
最新号の配信を希望の方はバナーをクリックしてお申し込みください。無料でご購読いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。