脂漏症

原発性突発性脂漏症 | 犬の皮膚病【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬によくある皮膚病を解説するシリーズです。「犬の皮膚病の種類と解説」についてはこちらの記事にまとめてあるので参考にしてください。

この記事では犬によくある「脂漏症」について解説していきます。

原発性突発性脂漏症とは?

皮膚が脂っぽくなる、フケが増えるといった症状が特徴です。以下の犬種で多く見られます。

  • コッカー・スパニエル
  • スプリンガー・スパニエル
  • バセット・ハウンド
  • ドーベルマン・ピンシャー
  • アイリッシュ・セッター
  • ミニチュア・シュナウザー
  • ダックスフント

症状が進むと皮膚の匂いが強くなります。また、感染症にかかりやすくなりそれによって犬がかゆみを訴えます。

治療法

皮膚の状態を整えるためにシャンプーを行います。過剰に分泌された皮脂やフケを落とすために角質溶解シャンプーを使用します。

シャンプーの頻度やシャンプーの種類は、犬の皮膚の状態によって獣医師が指示します。

漏脂症は完治は難しい病気とされています。皮膚の状態をコントロールしながら、生涯に渡って付き合っていく必要があります。

マラセチア感染症に注意

脂漏症の皮膚は、皮脂を栄養とするマラセチアに感染しやすいので注意が必要です。

マラセチアは犬の皮膚に住む酵母の仲間です。普段は特に悪さはしませんが、皮膚のコンディションが変わると大幅に増殖し、炎症を起こします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。